鈴木喬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 喬(すずき たかし、1935年1月18日 - )は、日本の実業家エステー会長(元社長)。

人物[編集]

東京都で日用品の卸をしていた鈴木千蔵(エステー化学初代社長)の四男として生まれる。東京都立新宿高等学校を経て、1959年一橋大学商学部卒業、日本生命保険入社。東京総局調査部門配属[1]

日本生命保険で法人営業部第一課長や総合法人業務部次長を経て、1985年エステー化学(のちのエステー)に出向した。エステー化学で企画部長、取締役営業本部首都圏営業統括部長、常務営業本部マーケティング部長、専務等を経て、1998年エステー化学代表取締役社長、2002年代表取締役社長兼最高業務執行役員。2004年に自身を含めた役員の暴走をチェックする体制を作るため、委員会設置会社に移行し、代表執行役社長兼取締役会議長に就任[2]

取締役を10人から5人に削減したり、品種削減、工場閉鎖などのリストラを行う一方、新商品を絞り込み、消臭剤「消臭ポット」、「消臭力」、「脱臭炭」、電子式消臭芳香剤の新商品をヒットさせる[3]。疲労がつのり、2004年に1ヶ月間入院した。2005年には創業以来最高の純利益18億円を達成した[4]。また、売上高を社長就任時から20パーセント増やし452億円とした[5]

2007年に社長を退任し、執行役兼取締役会会長に就く。同年、社名をエステー化学からエステーに変更する陣頭指揮をとる。化学専攻以外の学生からも幅広く就職先として志望してもらうことが狙いであった[6]。同年、社名変更を告知するCMに小林社長と共に出演。

鈴木がトップダウン型の経営を行っていたのに対し、後任の小林寛三社長はチームワーク経営を行っていた。ところが、リーマン・ショック等による景気悪化により消臭芳香剤事業の販売が伸び悩んだことを受け、再びトップダウン型の経営により経営スピードを上げるため、求心力のある鈴木が、2009年代表執行役執行役社長兼取締役会会長に復帰した[7]。2010年に同社製品「かおりムシューダ」のCMに主演。2012年から社長を米田幸正に任せて再び会長専任。

親族[編集]

薬剤師でエステー化学の事実上の創業者・鈴木誠一(元エステー化学社長)や、鈴木明雄(元エステー化学社長)は実兄で、2013年4月から社長を務める元日産自動車社員の鈴木貴子は姪である。

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2008年1月22日 日経産業新聞
  2. ^ 2008年2月20日 日経産業新聞
  3. ^ 2009年3月9日 日本経済新聞
  4. ^ 2009年3月10日 日経産業新聞
  5. ^ 2009年3月3日 日経産業新聞
  6. ^ 2008年1月17日 日経産業新聞
  7. ^ 2009年3月4日 日経MJ(流通新聞)、2009年3月10日 日経産業新聞



先代:
鈴木明雄
エステー社長
1998年 - 2007年
次代:
小林寛三
先代:
小林寛三
エステー社長
2009年 - 2012年
次代:
米田幸正