轟武兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
轟武兵衛
Todoroki Buhei.jpg
『高名像伝 : 近世遺勲. 天』
時代 江戸時代後期、明治時代
生誕 文化15年1月25日1818年3月1日
死没 明治6年(1873年5月4日
改名 照幡烈之助
別名 寛胤(ひろたね)
官位 弾正大忠
幕府 江戸幕府
主君 細川護久
熊本藩
父母 轟彦太郎

轟 武兵衛(とどろき ぶへえ)は、熊本藩士。儒学者。国学者林桜園の門下生。照幡烈之助とも言う。

略歴[編集]

強硬な尊皇攘夷派として知られる肥後勤王党の中心人物の1人で、宮部鼎蔵永鳥三平らは同志。河上彦斎などは教え子。文久2年(1862年)、熊本藩親兵選抜となり藩主細川護久の護衛で上洛すると、京都での政治活動を活発に行った。

久留米藩士真木保臣らと謀り、福岡藩士平野国臣らと共に薩摩に赴き島津久光(和泉州)に上洛を建議したが、これは逆に尊皇志士の弾圧事件となる寺田屋騒動を生み、直接は攘夷には繋がらなかった。文久3年8月18日1863年9月30日)の八月十八日の政変により、尊皇攘夷派が追放され、武兵衛にも帰藩が命じられたが、脱藩。長州に下ったが、捕らえられて3年幽閉された。しかし情勢が変化して尊皇派が主流になると、帰参を許された。

明治維新の後、照幡烈之助と改名。明治2年(1869年)、この名前で弾正大忠(権弁事)となって公議所に務めたが、開国派に転じた明治政府とは意見が合わずに、官職を辞して帰郷して後に没した。享年56。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]