林周二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林 周二(はやし しゅうじ、1926年3月25日 - )は、日本経営学者統計学者東京大学名誉教授静岡県立大学名誉教授。

概要[編集]

東京に生まれる。福岡県中学修猷館旧制福岡高等学校を経て、1948年、東京大学経済学部商業学科(現・経営学科)を卒業後、東京大学大学院経済学研究科特別研究生を修了する。

東京大学教養学部において、1953年講師1955年助教授1966年教授を歴任する。1986年に東大を定年退官後、1987年静岡県立大学に移り、新設された経営情報学部の初代学部長に就任する。その後、明治学院大学経済学部教授を経て、招かれて流通科学大学特別教授に就任する。

一方で、中央省庁審議会の委員や、日本国有鉄道顧問に就任するなど、各種公職も歴任している。

研究[編集]

専門経営学であり、特に流通論統計学に関する研究を行った。旺盛な著作活動で知られ、流通論や統計学に関する学術書を多数上梓している。さらに高等学校の教科書の執筆も行った。

日本経済における流通の重要性を早くから学問的に指摘した1人であり、1950年代から、推計統計学を駆使した科学的なマーケティングリサーチの手法の有用性と必要性を提唱している。1970年代後半からは、経営組織論経営管理論情報管理論へと関心を拡大し、日本の経営が直面する理念的問題について論じた。

特に、中央公論社から中公新書として出版した『流通革命――製品・経路および消費者』は、1960年代ベストセラーの一つとなった。大丸最高経営責任者J.フロント リテイリング社長を歴任した奥田務は、学生時代にこの本に感銘を受け、大丸への就職を決意したとされる。

略歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編纂[編集]

  • 林周二・中西睦編『現代の物的流通』日本経済新聞社、1968年。
  • 林周二・田島義博編『流通システム』日本経済新聞社、1970年
  • 林周二・井上赳夫中山正和編『昭和50年代のための新製品の発想』日科技連出版社、1973年。
  • 林周二・中西睦編『現代の物的流通』第2版、日本経済新聞社、1976年
  • 林周二・田島義博編『流通システム』第2版、日本経済新聞社、1976年。
  • 中村隆英・林周二編『統計学のすすめ』筑摩書房、1979年
  • 林周二・中村隆英編『日本経済と経済統計』東京大学出版会、1986年。ISBN 413041044X

翻訳[編集]

寄稿[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

学職
先代:
(新設)
静岡県立大学
経営情報学部学部長

初代 : 1987年 - 1991年
次代:
野田孜