松井龍哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松井 龍哉(まつい たつや、1969年 - )は、東京都出身のロボットデザイナー日本大学鶴ヶ丘高等学校美術科、日本大学藝術学部デザイン学科卒業。

ヒューマノイドロボット「SIG」・「PINO」・「POSY」やマネキン型ロボット「Palette」などを開発。幅広いロボットデザインの普及に努めており、世界的にも注目を集めている。また、2006年3月に就航した新規航空会社スターフライヤーのトータルデザインを行ったことでも知られている。

2006年現在 フラワー・ロボティクス株式会社代表、早稲田大学理工学部非常勤講師、特定非営利活動法人IRoDA (international robot design associates) 国際ロボットデザイン委員会会長。

経歴[編集]

人物[編集]

日芸時代は近藤サトと同期で交友が深い。

丹下事務所時代は、名刺は建築家となっていたが、雑誌編集やメディア・展覧会のプレゼンなどデザイナー広報的な役回りが多かった。丹下健三氏が亡くなった際には、各誌に追悼文を若手出身者を代表し寄稿。

また、当時丹下事務所は青山の草月会館にあり、ランチを食べる場所が少ない上に高価でボリュームが少量なことから、スタッフで唯一、手弁当(巨大サイズ)を持参していた。現在では、自分の事務所内でランチ自炊をスタッフに推奨し、食のコミュニケーションを大事に、高品質でフレンドリーなクリエーター組織を作り、デザイナーは生活のプロ、食べる眠るを粗末にする人が創るものは発想が貧しいとスタッフには言い聞かせている。

主な作品[編集]

ロボット[編集]

※デザイン担当

その他[編集]

  • スターフライヤー - トータルデザイン。2006年度グッドデザイン賞受賞。
  • 北陸銀行 - 東京渋谷支店の店舗設計
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ国立科学技術博物館(イタリア) - インテリアデザイン
  • 愛・地球博 - パビリオンデザイン

出演[編集]

テレビ番組[編集]

CM[編集]

外部リンク[編集]