東京都立墨田工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京都立墨田工業高等学校
Sumida Technical High School.JPG
過去の名称 東京府職工学校
東京府立職工学校
東京府立実科工業学校
東京都立墨田工業学校
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都の旗 東京都
校訓 自治・勤労・敬愛
設立年月日 1900年明治33年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 (全日制)
機械科
自動車科
電気科
建築科
(定時制)
総合技術科
学期 3学期制
高校コード 13185H
所在地 135-0004
東京都江東区森下五丁目1番7号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立墨田工業高等学校(とうきょうとりつ すみだこうぎょうこうとうがっこう)は、東京都江東区森下五丁目に所在する都立工業高等学校

設置学科[編集]

沿革[編集]

  • 1900年明治33年)
    • 2月18日 - 東京府職工学校設立を公示し、本所区本所林町1番地76(現・墨田区菊川一丁目)に設立。
    • 7月21日 - 開校式を挙行。
  • 1901年(明治34年)6月22日 - 東京府立職工学校と改称。
  • 1920年大正9年)4月15日 - 東京府立実科工業学校と改称。
  • 1927年昭和2年)11月18日 - 深川区富川町3番地(現校地)に校舎を新築、移転。
  • 1943年(昭和18年)7月1日 - 都制施行に伴い、東京都立墨田工業学校と改称。
  • 1948年(昭和23年)4月1日- 学制改革に伴い、東京都立墨田工業新制高等学校と改称。
  • 1949年(昭和24年)11月5日 - 創立50周年記念祭を行う。
  • 1950年(昭和25年)1月26日 - 東京都立墨田工業高等学校と改称。
  • 1954年(昭和29年)10月16日 - 創立55周年記念式典を行う。
  • 1959年(昭和34年)10月17日 - 創立60周年記念式典を行う。
  • 1971年(昭和46年)4月1日 - 学校所在地、住所表示変更により江東区森下五丁目1番7号となる。
  • 1985年(昭和60年)10月19日 - 創立85周年記念式典を行う。
  • 1996年平成8年)4月1日 - 同年度新入生より、進学対応を目的とした理工類型制を設置。
  • 2000年(平成12年)10月28日 - 創立100周年記念式典を行う。
  • 2001年(平成13年)
    • 4月1日 - 機械科2学級のうち1学級を学科改編し、自動車科を設置。
    • 6月 - 国土交通省より自動車整備士一種養成施設指定。

特色[編集]

年1回行われる体育祭では、鳳凰(機械科)、白虎(自動車科)、玄武(電気科3組)、麒麟(電気科4組)、青龍(建築科)の各団による応援合戦が行われる。その為,体育祭前より昼休みで各団ごとに「声出し(応援)」の練習をする。(各団ごとに,応援歌が存在し,応援団(通称・援団)の団長が指揮をとる) また、2月の予餞会では,1年生全員と希望者(教諭も含む)が全校生徒の前で「演芸(一発芸や合唱)」などを披露する。バスケットボール部は1949年の選手権(現インターハイ)で準優勝となった。

事故[編集]

2016年7月14日、午前中のプール授業で3年生男子生徒が保健体育男性教諭の飛び込み指導で水深1.1mのプール底に頭部を強打し首を骨折、胸から下が麻痺の状態。[1]

著名な卒業生[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]