東一宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 岡山県 > 津山市 > 東一宮

東一宮(ひがしいちのみや)は岡山県津山市にある地名。郵便番号は708-0814。当地域の人口は3435人(2010年1月1日現在。住民基本台帳、外国人登録台帳調査による。津山市調べ)。同調査によると、津山市内の町・大字別で小田中小原についで第3位の多さである。また一宮地区では一番多い。

概要[編集]

新しい団地などの影響により、若い世代の流入が多く、人口の伸びが著しい地域である。2005年の国勢調査では2866人だったものが、調査方法は違うとは言え、2010年の津山市調べで3435人、同津山市調査の年齢5歳階級、町別の人口では35-39歳がもっとも多く397人、また人口上位を0-9歳を含むそれ以下が多く占め、逆に65歳以上は階級別で見て、軒並み2桁の人口しかおらず、全体的に若者の多い地域と言える。

地理[編集]

横野川・宮川が流れ、一宮地区の東端に位置する。

河川

  • 横野川
  • 宮川

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1872年 - 東一宮里方村上組(東一宮村里方上組)、東一宮里方村下組(東一宮村里方下組)、東一宮山方村東組(東一宮村山方東組)、東一宮山方村西組(東一宮村山方西組)が合併、東一宮村となる。
  • 1886年 - 東一宮村が東一宮村と東一宮山方村に分村。
  • 1889年6月1日 - 町村制施行に伴い、東南条郡東一宮村が、東一宮山方村と合併して東一宮村となる。元の東一宮村は大字東一宮となり、役場が置かれる。
  • 1900年4月1日 - 東南条郡が東北条郡西西条郡西北条郡と合併し、苫田郡となる。
  • 1951年4月1日 -東一宮村が苫田郡一宮村と合併し、新たに一宮村となる。

交通[編集]

道路

施設[編集]

東一宮と西一宮[編集]

現在津山市に東一宮はあるが西一宮はない。しかし、かつて津山市になる前の一宮村には西一宮があり、現在の津山市一宮に当たる。また東一宮山方も存在したが、津山市への編入時に山方と改称している。

参考文献[編集]

  • 和泉橋警察署 『新旧対照市町村一覧』第2冊(東京:加藤孫次郎, 1889(明22))
  • 地名編纂委員会 『角川日本地名大辞典33 岡山県』(角川学芸出版, 1989, ISBN 4040013301