村田夏南子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
村田 夏南子
基本情報
本名 村田 夏南子
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-08-10) 1993年8月10日(25歳)
出身地 愛媛県松山市
所属 フリーランス
身長 156cm
体重 53kg
階級 ストロー級
バックボーン 柔道レスリング
テンプレートを表示
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 レスリング・フリースタイル
世界ジュニア
2010 ブダペスト 59kg級
2011 ブカレスト 55kg級
ユニバーシアード
2013 イズミル 55kg級

村田 夏南子(むらた かなこ、1993年8月10日 - )は、日本の女子レスリング選手、総合格闘家愛媛県松山市出身。フリーランス。安部学院高等学校卒業。日本大学卒業。所属事務所はMILLENNIUM PRO

経歴[編集]

幼少期より祖父の下で柔道を始めた。女子柔道48kg級世界チャンピオンの浅見八瑠奈と 同じ伊予柔道会に所属して、5歳上の浅見から大きな影響を受けた[1]。小学校高学年では全国大会で3位となった。中学は愛知県大成中学へ柔道留学。2年次に全国優勝。テューリンゲン国際大会でも優勝。しかし、3年の時、これから柔道では自らが得意とする肩車掬い投げなどの足を取る技が大きく制限されることや、北京オリンピックを見て吉田沙保里に憧れを抱いたことも相俟ってレスリングへ転向した[1]。 そして柔道の実績が評価されて、日本オリンピック委員会によるジュニア育成システムであるJOCエリートアカデミー2期生に合格した。

高校はレスリングの名門安部学院高校へ進学。全国高校女子選手権ジュニアオリンピックジュニアクイーンズカップなどの国内ジュニア大会を総なめにした。さらにアジアカデット選手権でも優勝を果たす。2010年には世界ジュニア選手権59kg級で銅メダル獲得。さらに全日本レスリング選手権大会準決勝では憧れの吉田と初対戦するが、テクニカルフォール負けを喫した。

2011年はFILAゴールデングランプリヤリギン国際大会で優勝。初のシニア国際大会タイトル獲得となった。全日本選抜レスリング選手権大会決勝で再び吉田と対戦するが敗れた。世界ジュニア選手権55kg級では優勝を飾った。12月の全日本選手権では吉田に敗れたものの、第一ピリオドにおいて2ポイントを奪う健闘を見せた[2]

2012年、JOCエリートアカデミーを卒業し日本大学に進学する。この年は1月のヤリギン国際大会、2月のアジア選手権、9月の世界ジュニア選手権、ゴールデングランプリの4大会で優勝と国際戦で大躍進を遂げ、前年の世界ジュニア選手権から5大会連続優勝となった。そして12月には吉田が欠場した全日本選手権で初優勝を果たした。

2013年、JOCが次世代のシンボルアスリートとして初制定した「JOCネクストシンボルアスリート」[3]の6選手の1人に選出された。

2016年からはレスリングと並行して総合格闘技RIZINにも参戦することとなった[4]

UWW世界ランキングは16位(2016年5月現在)。

現在はプロレスラーである橋本千紘は高校・大学の1年先輩。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
6 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
5 2 0 3 0 0 0
1 0 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
クレア・フライヤー 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 288 2017年7月2日
× 中井りん 3R 1:16 リアネイキドチョーク RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND 2016年12月29日
キーラ・バタラ 5分3R終了 判定3-0 RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 開幕戦 2016年9月25日
イローナ・ワイマン 1R 1:17 TKO(パウンド) Girls S-cup2016 〜七夕ジョシカク祭り〜 2016年7月7日
マイア・スティーブンソン 3R 3:43 TKO(パウンド) KOTC: Firefight 2016年6月4日
ナタリア・デニソヴァ 5分3R終了 判定3-0 RIZIN.1 2016年4月17日

主な戦績[編集]

(柔道時代の戦績)

(以降はレスリングでの戦績)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]