村松定孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村松 定孝(むらまつ さだたか、1918年6月17日 - 2007年10月5日)は、日本国文学者上智大学名誉教授。専門は近代文学。長男は名城大学人間学部教授の村松定史

略歴[編集]

山梨県西八代郡市川大門町(現在の市川三郷町)生まれ。1941年早稲田大学国文科卒。泉鏡花に心酔し、卒業論文の段階から鏡花本人を訪ね、親しく話を聞いた。戦争をはさんで、1949年、早稲田大学大学院博士課程修了、獨協学園高校教諭、1957年昭和女子大学講師、1960年助教授、教授を経て、1968年上智大学教授、1989年、退職。

鏡花研究の権威で、その著書『泉鏡花』は何度も改訂再版されている。ほかに樋口一葉など女性作家も扱い、実証的な手法での研究で知られる。ほか、古典の児童向け翻訳も多く、児童文学研究も行う。1988年、「あぢさゐ供養頌-わが泉鏡花」で大衆文学研究賞受賞、1989年児童文化功労者1993年勲四等瑞宝章受章。

著書[編集]

単著[編集]

  • 泉鏡花 河出書房(旧河出文庫) 1954
  • 近代日本文学の系譜 上下 寿星社 1955
  • 丹羽文雄 東京ライフ社 1956
  • 近代文学のあゆみ 少年少女のための国民文学 福村書店 1957
  • 評伝樋口一葉 実業之日本社 1959
  • 平家物語の旅 人物往来社 1963
  • 作家の家系と環境 至文堂 1964
  • 文章作法 寧楽書房 1964
  • 泉鏡花 寧楽書房 1966
  • 太平記の旅 人物往来社 1968
  • 近代日本文学 成立と展開 右文書院 1969
  • 文学に現われた女性の生き方 青雲書房 1969
  • 平家物語の世界 秋田書店 1970
  • 文章表現法 東京堂出版 1970
  • わたしは幽霊を見た 少年少女講談社文庫 1972
  • 日本伝説100選 秋田書店 1972
  • ことばの錬金術師-泉鏡花 社会思想社<現代教養文庫> 1973
  • 泉鏡花研究 冬樹社 1974/増補版、日本図書センター<近代作家研究叢書> 1992
  • 近代日本文学の軌跡 右文書院 1975
  • ことばと人生 桜楓社 1978
  • きみは幽霊を見たか 少年少女講談社文庫 1978
  • 近代女流作家の肖像 東京書籍 1980
  • 文学概論 双文社出版 1982
  • 評伝徳川家康 ぎょうせい 1983
  • 「落人伝説」を読む 日本人はなぜ滅びゆく貴人を慕い憧れるのか PHP研究所 1983
  • あぢさゐ供養頌 わが泉鏡花 新潮社 1988
  • 新・日本伝説100選 秋田書店 1990
  • 新釈太平記 ぎょうせい 1991
  • 言葉の影像 鏡花五十年 東京布井出版 1994
  • 定本泉鏡花研究 有精堂出版 1996
  • 教育と文芸のひずみ 高文堂出版社 1998

編著・翻案[編集]

  • 児童たけくらべ 日本文学社 1940
  • 曽我兄弟物語 講談社 1955
  • 現代日本文学 石丸久,伊狩章 矢島書房 1955
  • 竹取物語 講談社 1958
  • 源平盛衰記 講談社 1958
  • 太閤記 講談社 1961
  • 曽我物語 ポプラ社 1966
  • 海外における日本近代文学研究 武田勝彦 早稲田大学出版部 1968
  • 日本人 日本人に残されたもの A.マタイス ヴェリタス出版社 1971
  • 文学用語解説辞典 福田陸太郎 東京堂出版 1971
  • 日本児童文学研究 上笙一郎 三弥井書店 1974
  • 近代日本文学における中国像 紅野敏郎,吉田熈生 有斐閣, 1975
  • 国語表現事典 大矢武師 東京堂出版 1981
  • 泉鏡花事典 有精堂出版 1982
  • 幻想文学伝統と近代 双文社出版 1989
  • 四字成語活用辞典 東京堂出版 1989
  • 近代作家名文句辞典 東京堂出版 1990
  • 現代女性文学辞典 渡辺澄子 東京堂出版 1990
  • 近代作家エピソード辞典 東京堂出版 1991
  • 近代作家書簡文鑑賞辞典 東京堂出版 1992

参考[編集]

  • 日本近代文学大事典、文藝年鑑
  • 「父・村松定孝 文学の道しるべ」村松定史『児童文芸』2009-02