李恩恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田口八重子
田口八重子
生誕 田口八重子(たぐちやえこ)
国籍 日本の旗 日本
李恩恵
各種表記
ハングル 리은혜
漢字 李恩惠
発音: リ・ウネ
ローマ字 Ri Ŭn-hye(MR式
Ri Eun-hye(2000年式
テンプレートを表示

李 恩恵(リ・ウネ)は、金賢姫(キム・ヒョンヒ: 北朝鮮の元工作員で、1987年に発生した大韓航空機爆破事件の実行犯)の日本人化教育係であったとされる女性。名前の由来は「金日成に恩恵を与えられたから」といわれている。

北朝鮮による日本人拉致事件で、日本から拉致された田口八重子とみられている。

北朝鮮側は大阪府から拉致された中華料理店勤務、43歳の調理師男性の原敕晁と結婚、1986年の同男性の病死後、すぐに自動車事故で死亡したとしている。しかし、北朝鮮側は遺体が洪水で流失したとしており、遺体の確認はされていない。また、李恩恵なる人物の存在を否定している。賢姫は「恩恵先生は生きていますよ」と2009年3月11日に田口の長男と面会した際に発言している。

参考文献[編集]

(文春文庫) 文藝春秋 1997年10月 ISBN 4-16-756504-8

関連項目[編集]