李常傑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
李常傑
李常傑像圖.png
各種表記
クォック・グー Lý Thường Kiệt
漢字チュノム 李常傑
北部発音: リ・トゥオーン・キエット
音読み り じょうけつ
テンプレートを表示

李 常傑[注 1](り じょうけつ、リ・トゥオーン・キエット、ベトナム語: Lý Thường Kiệt / 李常傑順天10年(1019年) - 龍符5年(1105年6月)は、李朝大越宦官、武将である。原名は呉俊ベトナム語: Ngô Tuấn / 吳俊)で、常傑[1]太宗中国語版聖宗中国語版仁宗中国語版の3代に仕えた。北宋との戦い(宋越熙寧戦争中国語版)で大越を勝利に導いた名将として、現在のベトナムにおいても尊崇されている。

出生と仕官まで[編集]

順天10年(1019年)、大越の都・昇龍(タンロン、現在のハノイ)寿昌県太和(タイホア)坊に生まれた[2]10世紀呉朝を興した呉権の後裔であり[3]、使君呉昌熾の曾孫にあたるという。ベトナムの銘文資料中国語版によれば、李常傑は「細江苟屚県」つまり現在のバクニン省順城県の出身で、後に昇龍の太和坊に移籍したとされる。父の呉安語(ゴー・アン・グー)は李朝に仕え郎将の地位に上り詰めた廷臣である。李常傑は幼少時より「姿貌揚逸」、つまり容姿に優れ、騎射術の鍛錬を重ねて兵法を学んだ。やがて青年時代より宮廷に仕え、通瑞3年(1036年)に亡父の同僚の計らいで騎馬校尉に任ぜられた後、23歳の時に浄身(去勢)して宦官となり[4]乾符有道3年(1041年)、李常傑は皇宮に入り、侍衛および黄門祗候に任ぜられた[2]

1054年には聖宗の即位を扶翼した功で奉行軍校尉、後に検校太保、そして彰聖嘉慶3年(1061年)には清華乂安などの地の察訪使となり、ムオン族の反乱を鎮圧した[1][5]

チャンパとの戦争[編集]

1100年頃の大越(黄色)とチャンパ(緑色)の領域

チャンパ王国は、大越の南に位置する国家である。ヒンドゥー教などインド文化を取り入れ、中国文化の影響を強く受けた文化と法制を有する北の大越とは全く異なる文化圏にあった。 李常傑は、チャンパとの戦争においてまず軍事的才能を開花させた。

天貺宝象2年(1069年。この年の7月元号神武に改められている。『越史略』では神武元年2月とする)聖宗はチャンパへの親征に赴いた。20世紀の歴史家・チャン・チョン・キムは、開戦の原因を「チャンパが常に仕掛ける騒乱」とする[6]。大将軍・李常傑のもと大越軍は優位に戦を展開し、チャンパ軍は徐々に後退する。チャンパ王のルドラヴァルマン3世中国語版は兵とともに敗走した。5月に至り、「元帥阮常傑(李常傑)は真臘(現在のカンボジア)の境まで追い詰め、王を捕虜とした」[7]

ルドラヴァルマン3世を捕虜とした李常傑はチャンパ王に謝罪させるとともに、それまでチャンパ領だったデリーベトナム語版メリーベトナム語版ポー・トリンベトナム語版の3州を割譲させ、新たに大越の領土に組み込んだうえでルドラヴァルマン3世を解放した。チャン・チョン・キムによれば、この3州は現在のクアンビン省クアンチ省にあたる[8]

大戦果を挙げ凱旋した李常傑は軍功により輔国大伝、遥授南平節度使、輔国上将軍、開国公など数々の位を賜り、ついには「天子義男」、つまり帝の養子として皇族に列する栄誉を授けられた。時に齢51のときである[2]

一連の戦の後、チャンパでは内乱が発生した。太寧3年(1074年)、かつて李常傑の捕虜となったルドラヴァルマン3世が大越に亡命した。フランスの学者・ジョルジュ・マスペロ英語版によれば大越はルドラヴァルマン3世を助け、国に返して復位させるとともに、翌太寧4年(1075年)李常傑が兵を率いて南に向かい、チャンパの新王・ハリヴァルマン4世中国語版を撃退した[9]阮朝期に編纂された歴史書『欽定越史通鑑綱目中国語版』によれば、太寧4年8月の出来事とされる[10]

1075年から英武昭勝2年(1077年)までの間に大越国と北宋の戦争が展開される。その際、北宋はチャンパと連合し、大越を討つべく画策している。チャンパは太寧5年(1076年)3月に参戦した。一連の戦歴において、李常傑は大越軍の主将を務めている。

龍符元化4年(1104年2月、仁宗は齢85の李常傑にチャンパへの再征を命じる。開戦の原因は、朝廷に背いた李覚なる者がチャンパに亡命し、チャンパ王ジャヤ・インドラヴァルマン2世に「大越国を攻め、先に割譲したデリー、メリー、ポー・トリンの3州を奪還すべきだ」と唆したからである。李常傑は命を受けてチャンパを破り、3州を回復した[5]

対北宋戦[編集]

李常傑の生涯において最大の業績は、太寧4年(1075年)から英武昭勝2年(1077年)に渡って繰り広げられた北宋との戦歴である(『越史略』では太寧2年と誤記されている)。

開戦まで[編集]

北宋は建国以来、北の、西の西夏という強大な国家より始終圧迫を受けていた。一方で国土の南部においても大越の他にも少数民族との国境問題を抱えていた。 当時、大越と北宋の2国にまたがり居住する少数民族・ヌン族英語版(現在の中華人民共和国領内に居住する人々はチワン族と呼ばれている)は反乱を繰り返していたが、1038年に族長の儂全福中国語版は自ら「昭聖皇帝」と称し、長生国中国語版を建国する。 儂全福はまもなく大越に捕らえられて処刑され長生国も滅亡するが、儂全福の子・儂智高1041年に改めて「大暦国」を建国し、大越と対立関係にあった北宋に服属を願うものの拒絶される。 追い詰められた儂智高は北宋へも反旗を翻し、皇祐4年(1052年)には邕州(現在の広西省南寧市)を攻略し、その地に「大南国」を建国する。 皇祐5年(1053年)、儂智高は北宋軍に大敗を喫し大南国も滅亡するが、国境や民族問題は宋越両国にとって頭の痛い課題であった。

時が流れ、北宋の神宗の治世。時の宰相・王安石青苗法など数々の新法を発案・施行して政治改革を推し進め、後代においても中国史上屈指の大政治家として知られる。南部の江西臨川出身の王安石は南方問題にも関心が深く、大越の動きを注視していた[11]

大越の先制攻撃[編集]

欽州の位置図
邕州の位置図
知邕州の蘇緘

熙寧8年(1075年)、北宋の王安石は、チャンパとの騒乱から間もない大越国は国情や生産力が安定していないものと見て取り、神宗に大越への派兵案を奏上する。

一方で大越側においても「北宋南部で軍艦造船と水戦の演習が頻繁に行われている」「国境付近で、貿易が禁じられた」などの情報を受け「先制攻撃」を決断。この年の10月、大越軍は二手に分かれ北宋領内に進撃を開始した。山岳民族の長・申景福中国語版(タン・カイン・フク)や儂宗亶中国語版が指揮する隊は陸路で邕州に攻め込む。一方で李常傑が指揮する隊は海路で北宋に上陸し、欽州(現在の中華人民共和国広西省欽州市)、廉州(現在の広西省合浦県)等の地に進軍する[12][13]。北宋侵攻にあたり大越国は「王安石の悪法に苦しむ民衆を助けに来た」との名目の元、隊の先頭には青苗法中国語版など王安石が施行する様々な改革案を痛烈に批判する一文『伐宋露布』を隊の先頭に掲げ進軍している。その一方で侵攻地においては容赦ない破壊と殺戮を繰り広げた。申景福が率いる陸軍の攻撃を受けた邕州は42日間の籠城戦の末に陥落し、知州中国語版蘇緘中国語版は降伏を潔しとせず、自ら火を放って一族36人もろとも自決。『大越史記全書』は戦線の惨状を「盡屠五萬八千餘人、并欽、廉州死亡者幾十餘萬人、常傑等俘虜三州人而還」と記す[14]

北宋の反撃[編集]

大越による先制攻撃で多大なる損害を受けた北宋は、直ちに反撃の策を練る。王安石は将軍郭逵中国語版(かくき)らに命じて兵馬の大軍団を組織するとともに、大越の南方に位置するチャンパやクメールに使者を送り、挟撃作戦を図ることとなった[15]。この動きを察知した大越では再度李常傑をもってチャンパに当たらせた。李常傑は勝利こそ得ることができなかったものの、かつて自身が勝利を得た戦で大越の領土に組み込んだ地哩、麻令、布政などの辺境に、自国の民を入植させている[14]。 さらに全軍を大越国に引き上げさせた李常傑は来るべき北宋軍の報復に備え、国境地帯の各所に防塁を築いた。李継元ベトナム語版(リー・ケー・グェン)将軍率いる水軍を宋越国境地帯の海岸に配備し、歩兵を如月江(ニューグェト川、チャン・チョン・キムによれば、現在のバクニン省、如月村。カウ川英語版の下流)南岸に配備する。川沿いには長さ100キロメートルにわたって防塁と竹垣を築き上げた[16]

如月江・富良江の戦い[編集]

1076年丙辰(『大越史記全書』によれば太寧5年、4月より先は改元により英武昭勝元年となる。また、『越史略』では丙辰太寧4年と誤記されている。あるいは英武昭勝改元は10月との説もある)。

英武昭勝元年(1076年)12月、郭逵、中国語版(ちょうせつ)の両将軍率いる北宋軍は、10万の精鋭歩兵、1万の軍馬、20万の人夫をもって大越領内に侵攻。和斌が率いる別働隊は海路で大越国を目指す。対する李常傑は如月江の河畔に400隻の軍船を並べ、渡河を図る北宋軍を阻んでいる。この後、北宋軍は富良江(チャン・チョン・キムによれば現在のカウ川[17]、中国の学者・郭振鈬張笑梅の『越南通史』によれば現在の紅河とされる[18])に陣を移した。しかし戦闘が長引く中で大越軍の志気は減滅し、北宋と講和を図る策が浮上し始める。一方の北宋軍は南国の湿毒により心身を蝕まれ、兵士2万、人足8万が戦病死していたものの、宋軍は大越領のうち広源州(現在のカオバン省クアンユエン県英語版)、思琅州(現在のカオバン省ハラン県英語版)、蘇州、茂州(現在のカオバン省とランソン省の境の地)などを獲得していた[19])。

『越史略』によれば、宋越両軍の如月江における戦闘は、丙辰太寧4年7月の出来事である(太寧5年は西暦1076年に該当する。『大越史記全書』には丙辰太寧5年3月と記されている)。李常傑が率いる水軍が北宋に対峙する中、戦陣に従っていた昭文ベトナム語版宏真ベトナム語版の二皇子が如月江で溺死する。両軍が川を挟み数か月もの間対峙する中、両軍は和平への道を探り出そうとする[20][21]

南宋李燾が編纂した史書『続資治通鑑長編中国語版』巻二百七十九によれば、両軍の戦闘は神宗の熙寧9年12月癸卯とされる。「北宋の将軍郭逵が率いる兵は大越軍大将の洪真太子を討ち、左郎将の阮根を捕虜としたため、乾徳(李仁宗)は恐れて降伏を請うた」という。ただし、李常傑は富良江での戦線に参戦していないともいう[22]。宋越両者とも史書には自国の勝利を過大に記し、敗戦は過少にする傾向がある。

北宋との和議[編集]

双方が幾多の戦闘を繰り返すうちに英武昭勝3年(1078年)、和議を結ぶ機運が起こる。大越は北宋に対しを送って和平を講じ、広源、蘇・茂などの州の返還を求めた。これを受けた北宋は1079年から1084年にかけて占領地を返還し、大越では宋人の捕虜を返還した[19][20][23][24]。こうして、2国間の和議が成立した。

国政への参与[編集]

北宋との戦の後、李朝大越国の朝廷では李常傑の健闘を賞して爵位を下賜した。太寧4年(1075年)、老境に至った李常傑が領土問題の紛糾からチャンパに遠征した折は、さらに太尉の位を授けた。さらに「内侍判首都押衙」、「行殿内外都知事」、「遙授諸鎮節度」、「同中書門下上柱國」、「天子義弟」、「輔國上將軍開國公」等の官職を授けられ、朝廷において絶大なる影響力を持つことになる[25]

李常傑は国政に対し「内樹寬明,外馳簡惠」の精神で当たり、奸悪なる者は「威而殲惡」、訴訟問題は「獄無濫之」、さらに農政も怠ることなく安んじた。時の人は彼の統治を「莅民之本,安國之術」と称した[注 2]。また、李常傑は当時の大越で隆盛していた仏教を深く信仰し、老僧のために寺院を建立した[26]

龍符5年(1105年6月、李常傑は死去した。「入内殿都知檢校太尉平章軍國重事越國公」と追贈され、食邑と爵位は弟の李常憲が継承した[5]

著作[編集]

『伐宋露布』[編集]

英武昭勝元年12月、李常傑率いる大越軍が北宋領内に進攻した折、軍の先頭に掲げた檄文である。『伐宋露布』の大意は「宋の施行する青苗法、免役之法は民を苦しめている。我らはその窮状を救うべく参じた」。この文面をもって、北宋の民衆を動揺させ、扇動を図ったものである[27]。この文面は、司馬光の『水記聞』、李燾の『続資治通鑑長編』などに記録が残る[28][29]

天生蒸民、君德則睦。君民之道、務在養民。今聞、宋主昏庸、不循聖范。
聽安石貪邪之計、作青苗助役之科。使百姓膏脂涂地、而資其肥己之謀。
蓋萬民資賦於天、忽落那要离之毒。在上固宜可憫、從前切莫須言。
本職奉國王命、指道北行。欲清妖孽之波淘、有分土無分民之意。
要掃腥穢之污濁、歌堯天享舜日之佳期。
我今出兵、固將拯濟。檄文到日、用廣聞知、切自思量,莫懷震怖。

『南国山河』[編集]

太寧5年(1076年4月に改元して英武昭勝元年)、李常傑は如月江、富良江沿いの戦陣において兵の士気を上げるために詩句を編んだ。

南國山河南帝居

截然定分在天書

如何逆虜來侵犯

汝等行看取敗虚[30]

(日本語訳)

南国の山河は、南の皇帝が統べるところ

豁然と定め分かつと天の書にもある。

どうして野蛮人どもに侵せようか

お前たちが敗北の憂きを見るは必定である。

チャン・チョン・キムによれば、李常傑は戦意を失いかけた自軍の将兵を鼓舞すべく、戦地に近い祠の前でこの詩を朗誦させたという[17]

評価[編集]

李常傑は李朝大越の将軍・重臣としてその影響力は絶大なものであり、死後は神にまで祀り上げられた。その一方で北宋との戦の際は各所で虐殺を繰り広げたため、中越双方の歴史家による李常傑への評価は正反対である。

  • ベトナムにおける評価:
    • 李朝大越において、李常傑はその戦功により極めて高い評価を得ている。越南漢喃銘文には「唯公(李常傑)輔君、國家殷富,多歴年所,可聖臣遺千古之熙績也」[31]、「而公三朝弼政,兼禦定邊乱,於其數年,而八方寧謐,其功盛矣」とある[26]
    • 阮朝の歴史家・潘輝注中国語版は著作『歴朝憲章類誌中国語版』巻九・人物誌において李常傑を「古今武功第一」と称えている[32]
    • 20世紀初、チャン・チョン・キムは『ベトナム史略』において李常傑を「具将才、精韜略、北伐宋、南平占、實為我國的一員名将。」と評した[33]
    • 1971年ベトナム民主共和国で出版されたベトナム社会科学院編纂『ベトナムの歴史』では李常傑による一切の軍事行動を合理的な「自営戦略」と捉え、「李常傑の積極的な自営戦略は、民族の精神と意思を体現したものである。さらに交戦による勝利と卓越した武功で偉大な貢献をした。李常傑は民族における一位の英雄である。天才的な策略と卓越した政治と外交の才能を兼ね備え、傑出した軍事家である」と評している[34]
    • ベトナムで2002年より使用されている中学生の歴史教科書においては、「民族が外からの侵略に抵抗する歴史における素晴らしい勝利の一つである。戦いの指導者・李常傑は実に優れた将軍である。彼の名声は永遠にわが民族の誇りである」と絶賛されている[35]
  • 中国における評価:
    • 中華人民共和国の学者・郭振鈬張笑梅は李常傑の北宋領内進軍時における虐殺を「中国人民に対する侵略と血なまぐさい大屠殺に、中国とベトナムの封建社会の一端を見ることができる」と評する。さらに『ベトナムの歴史』文中における李常傑へ寄せられた讃嘆を「嘲笑すべきことである」と一蹴している[36]。しかしながら李常傑の軍事的才能に関しては認め、「具将才、精韜略、北侵宋朝、南犯占城、李朝一名野心勃勃的将軍(北宋とチャンパを侵略した野心的な将軍)」とする[37]
    • 中華人民共和国の学者戴可来中国語版は、『ベトナム史略』を中国語訳する折、李常傑の「赤裸裸な侵略行為」について「作者と他のベトナムの歴史家は弁解が多く、考え違いをしている」と記している[38]

李常傑はベトナムにおいて生前から尊崇される一方で、中国は彼を侵略者として唾棄する。

後世における李常傑信仰[編集]

李常傑を祀った機舍霊祠(ハノイ)

北宋との戦で勝利を収めた李常傑は、多大なる尊崇を集めた。ベトナムの資料『皇越神祇総冊』と『歴朝憲章類誌』の記載によれば、李常傑の死後、彼の出生地である昇竜太和坊の住人は彼を福の神として祀り、篤く信仰した。李朝以降の各王朝においても信仰され、「翊運廣威大王」と号された[39]ハノイには李常傑を祀った祠・機舍霊祠が現存する。現在においても、民族の英雄として尊崇されている。

1974年西沙諸島の戦いの折、ベトナム人民海軍は第16号軍艦に「リ・トゥオーン・キエット」と命名した[40]

注釈[編集]

  1. ^ 陳朝期に編纂された史書『越史略中国語版』には「阮常傑」の名で登場する。「李」の姓が「阮」に改められた理由は『安南志略中国語版』、『大越史記全書』などの書物によれば李姓が陳朝皇室の祖先・陳李中国語版の諱と重なることを避けたものとされる(中国語版『安南志略・李氏世家』、北京中華書局,307頁;呉士連等『大越史記全書』、東京大学東洋文化研究所,326頁)。
  2. ^ 釋法寶『仰山靈稱寺碑銘』載:「公内樹寬明,外馳簡惠。移風易俗,何憚懃勞。儉以從事,悅以使民,民所賴之;寬能濟眾,仁而愛人,人所敬之;威而殲惡,政以決獄,獄〔無〕濫之;食則民天,邦本農務,務不失之;善而不伐,養及野老,老必安之。如此之道則可謂莅民之本,安〔國〕之術,美在茲矣。」

参考文献[編集]

  1. ^ a b 『東南亞歴史詞典』李常傑條、206頁。
  2. ^ a b c 西川寛生『ベトナム人名人物事典』、75頁。
  3. ^ wikihanoi - Về lai lịch một "người thăng long gốc": Lý Thường Kiệt”. 2010年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月6日閲覧。
  4. ^ 朝陽科技大學──耿慧玲『越南文獻與碑誌資料中的李常傑』。
  5. ^ a b c 呉士連等『大越史記全書』、255頁。
  6. ^ チャン・チョン・キム『ベトナム史略』,70頁。
  7. ^ 『越史略』(『欽定四庫全書・史』第466冊),586-587頁。
  8. ^ チャン・チョン・キム『ベトナム史略』,70-71頁。
  9. ^ ジョルジュ・マスペロ『占婆史』、台湾商務印書館,68頁。
  10. ^ 潘清簡等『欽定越史通鑑綱目』正編卷之三,太寧四年八月「命李常傑伐占城不克而還」條。
  11. ^ 小倉貞男『物語 ヴェトナムの歴史』、74頁。
  12. ^ 『越史略』、『欽定四庫全書・史部』第466冊),588頁。
  13. ^ ファン・ゴク・リエン『世界の教科書シリーズ21 ベトナムの歴史』、172頁。
  14. ^ a b 呉士連等『大越史記全書』、248頁。
  15. ^ 李燾『續資治通鑑長編』6675-6676頁。
  16. ^ ファン・ゴク・リエン『世界の教科書シリーズ21 ベトナムの歴史』、173頁。
  17. ^ a b チャン・チョン・キム『ベトナム史略』74頁。
  18. ^ 郭振鈬、張笑梅『越南通史』、300頁。
  19. ^ a b チャン・チョン・キム『ベトナム史略』、74-75頁。
  20. ^ a b 『越史略』『欽定四庫全書・史部』第466冊),589頁。
  21. ^ 呉士連等『大越史記全書』,248-249頁。
  22. ^ 李燾『續資治通鑑長編』,6843-6844頁。
  23. ^ 呉士連等『大越史記全書』、248-250頁。
  24. ^ 郭振鈬、張笑梅『越南通史』、298-301頁。
  25. ^ 呉士連等『大越史記全書』254-255頁。
  26. ^ a b 釋法寶『仰山靈稱寺碑銘』收?於潘文閣、蘇爾夢主編『越南漢喃銘文匯編・第一集北屬時期至李朝』遠東學院、漢喃研究院,166頁。
  27. ^ 欽定越史通鑑綱目正編 • Khâm định Việt sử thông giám cương mục chính biên (q.03-04) • 正編卷之三,李仁宗英武昭勝元年十二月條,Page 38
  28. ^ 司馬光『涑水記聞』卷第十三,250頁
  29. ^ 李燾『續資治通鑑長編』6650-6651頁
  30. ^ 呉士連等『大越史記全書』、249頁。
  31. ^ 朱文常『安穫山報恩寺碑記』,收録於潘文閣、蘇爾夢主編『越南漢喃銘文匯編・第一集北屬時期至李朝』,遠東學院、漢喃研究院,83頁。
  32. ^ 『越南文獻與碑誌資料中的李常傑』,第5頁
  33. ^ 『ベトナム史略』中譯本,76頁
  34. ^ 越南社会科学委员会『越南歴史』、200頁。
  35. ^ ファン・ゴク・リエン『世界の教科書シリーズ21 ベトナムの歴史』、174頁。
  36. ^ 郭振鈬、張笑梅『越南通史』、297-298頁。
  37. ^ 郭振鈬、張笑梅『越南通史』、288頁
  38. ^ 『ベトナム史略』中譯本,參見73頁?註
  39. ^ 『越南文獻與碑誌資料中的李常傑』,第4頁、第7頁
  40. ^ 軍事頻道─中華網:1974年1月19日西沙海战详解[图(1)]

書籍[編集]

外部リンク[編集]