杉原薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
杉原 薫
生誕 (1948-08-03) 1948年8月3日(70歳)
日本の旗 日本 京都府京都市[1]
国籍 日本の旗 日本
研究機関 大阪市立大学
ロンドン大学
大阪大学
京都大学
東京大学
政策研究大学院大学
総合地球環境学研究所
研究分野 アジア経済史
母校 甲陽学院
京都大学経済学部
東京大学大学院経済学研究科
影響を
受けた人物
脇村孝平
実績 「アジア間貿易」論の提唱
テンプレートを表示

杉原 薫(すぎはら かおる、1948年8月3日 - )は、日本男性経済史家(アジア経済史)。大阪大学教授、京都大学教授、東京大学教授を歴任。定年後、政策研究大学院大学特別教授を経て、総合地球環境学研究所特任教授

1980年代半ばに「アジア間貿易」論を提唱、その後のアジア経済史に大きな影響を及ぼす。近年ではグローバルヒストリーを中心とした研究を行う。博士(経済学)東京大学、1996年)(学位論文「アジア間貿易の形成と構造」)。

経済学者(経済学史研究)の杉原四郎は父、歴史学者杉原達は弟である。妻は歴史学者の長崎暢子である。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

1996年『アジア間貿易の形成と構造』、日本経済新聞経済図書文化賞サントリー学芸賞受章。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • Japan, China, and the Growth of the Asian International Economy, 1850-1949, (Oxford University Press, 2005).

共編著[編集]

  • 玉井金五)『世界資本主義と非白人労働』(大阪市立大学経済学会, 1983年)
  • (玉井金五)『大正・大阪・スラム――もうひとつの日本近代史』(新評論, 1986年/増補版, 1996年)
  • Japan in the Contemporary Middle East, co-edited with J.A. Allan, (Routledge, 1993).

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.322
  2. ^ 甲陽だより第42号 甲陽短信