日立サンディーバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日立ソフトボール部から転送)
日立サンディーバ
基本情報
正式名 日立ソフトボール部
愛称 サンディーバ
運営母体 日立製作所
創設年 1985年
所属リーグ
リーグ JDリーグ東地区
本拠地
本拠地 日本の旗 神奈川県横浜市
組織
部長 渡辺新一郎
監督 村山修次
成績
2022 東地区2位・DSベスト4
リーグ優勝 1回 (2000年)
獲得タイトル
全日本総合選手権優勝 (0回)
なし
国民体育大会優勝 (9回)
1996年・1998年・2000年・2006年・2007年[注 1]・2008年[注 2]・2011年・2014年・2015年
外部リンク
公式サイト


日立サンディーバ(ひたちサンディーバ、: Hitachi Sundiva)は、神奈川県横浜市を拠点とする女子ソフトボールチーム。JDリーグ所属。

概要[編集]

1985年、日立製作所ソフトウェア工場(神奈川県横浜市戸塚区)のソフトボール部として創部。1991年から日本リーグ1部所属、2022年からJDリーグ東地区所属。獲得タイトルは、計10回(日本リーグ1回・国体9回)。

サンディーバとは「太陽の女神」の意味。日立をイメージする「太陽(サン)」(英語)と、躍動する選手達を表す「幸運の女神(ディーバ)」(イタリア語ラテン語など)を語源とする。ディーバには「チャンスは後から掴めない」との意味もあり、後から1敗を悔やまぬよう願いが込められている[1][2]

チームスローガンは『一投一打に魂込めて 目指せ「栄冠」我らが戦士』[3]、『Speed & Power Softball ~想い、ひとつにして~』[4]

マスコットは「ViVi(ビビ)」で、がモチーフ[3]。名前の由来は『Victory(勝利)の先頭2文字を取って「何が何でも勝つ!!」』&『ナイスプレーに繋がるインスピレーションがビビッと来る』[5]

歴史[編集]

成績[編集]

日本リーグ戦績[編集]

1985年の創部から、JDリーグ創設前の最終シーズンとなった2021年までの戦績。

年度 所属リーグ 総合順位 試合 リーグ順位 全日本総合 国体 備考 監督 主将
1985 日本リーグ3部・東日本 - - - - - - 予選敗退 予選敗退 日立ソフトウェア 鈴木利夫 栗田有紀子
1986 日本リーグ3部・東日本 - - - - - - 予選敗退 予選敗退   鈴木利夫 栗田有紀子
1987 日本リーグ3部・東日本 不明 13 6 5 2 - 予選敗退 予選敗退   細淵守男 安藤美保子
1988 日本リーグ3部・東日本 不明 14 7 5 2 - 予選敗退 不明   細淵守男 安藤美保子
1989 日本リーグ3部・東日本 4位 14 7 4 3 - 1回戦 不明 2部リーグ昇格決定 細淵守男 梅本裕子
1990 日本リーグ2部 1位 14 12 2 0 - 不明 不明 1部リーグ昇格決定 細淵守男 梅本裕子
1991 日本リーグ1部 4位 14 6 8 0 - 不明 不明   細淵守男 斎藤春香
1992 日本リーグ1部 3位 14 8 6 0 - 不明 不明   細淵守男 斎藤春香
1993 日本リーグ1部 3位 14 10 4 0 - 不明 不明   細淵守男 桜井初美
1994 日本リーグ1部 準優勝 16 11 5 0 1位[注 3] 不明 不明   細淵守男 石井亜由子
1995 日本リーグ1部 4位 16 11 5 0 2位[注 3] 不明 不明   細淵守男 大津あいみ
1996 日本リーグ1部 7位 16 9 7 0 4位[注 3] 2回戦 優勝 磯野稔 木田京子
1997 日本リーグ1部 5位 16 9 7 0 3位[注 3] ベスト8 予選敗退   磯野稔 木田京子
1998 日本リーグ1部 5位 16 12 4 0 3位[注 3] ベスト4 優勝 磯野稔 藤本あさ子
1999 日本リーグ1部 準優勝 22 18 4 0 1位 2回戦 1回戦   磯野稔 藤本あさ子
2000 日本リーグ1部 優勝 22 16 6 0 3位 ベスト4 優勝 磯野稔 藤本あさ子
2001 日本リーグ1部 3位 22 17 5 0 2位 準優勝 ベスト4 磯野稔 亀田悦子
2002 日本リーグ1部 4位 22 17 5 0 3位 ベスト8 準優勝 磯野稔 亀田悦子
2003 日本リーグ1部 準優勝 22 16 6 0 3位 ベスト8 ベスト4 磯野稔 新海直子
2004 日本リーグ1部 4位 22 16 6 0 4位 2回戦 ベスト8   斎藤春香 新海直子
2005 日本リーグ1部 4位 22 18 4 0 3位 ベスト8 予選敗退   斎藤春香 馬渕智子
2006 日本リーグ1部 準優勝 22 17 5 0 2位 2回戦 優勝 斎藤春香 馬渕智子
2007 日本リーグ1部 6位 22 11 11 0 6位 ベスト4 優勝[注 1] 藤本あさ子 森下そのみ
2008 日本リーグ1部 3位 22 19 3 0 2位 2回戦 優勝[注 2] 藤本あさ子 森下そのみ
2009 日本リーグ1部 5位 22 15 7 0 5位 ベスト8 予選敗退   藤本あさ子 山田恵里
2010 日本リーグ1部 準優勝 22 14 8 0 4位 ベスト8 予選敗退   藤本あさ子 山田恵里
2011 日本リーグ1部 4位 22 16 6 0 3位 ベスト4 優勝 藤本あさ子 溝江香澄
2012 日本リーグ1部 7位 22 10 12 0 7位 ベスト8 準優勝 磯野稔 溝江香澄
2013 日本リーグ1部 5位 22 13 9 0 5位 ベスト8 予選敗退 日立 磯野稔 濱本静代
2014 日本リーグ1部 7位 22 13 9 0 7位 2回戦 優勝 磯野稔 濱本静代
2015 日本リーグ1部 5位 22 14 8 0 5位 ベスト4 優勝 鈴木由香 山田恵里
2016 日本リーグ1部 3位 22 15 7 0 4位 ベスト8 ベスト8 日立サンディーバ 鈴木由香 林佑季
2017 日本リーグ1部 7位 22 10 12 0 7位 2回戦 予選敗退   鈴木由香 林佑季
2018 日本リーグ1部 9位 22 9 13 0 9位 ベスト8 ベスト8   鈴木由香 田邊奈那
2019 日本リーグ1部 9位 22 9 13 0 9位 1回戦 予選敗退   斎藤春香 清原奈侑
2020 日本リーグ1部[注 4] 9位 11 5 6 0 9位 開催中止[注 5] 開催中止[注 5] 斎藤春香 清原奈侑
2021 日本リーグ1部 4位 22 15 7 0 3位 ベスト4 開催中止[注 5]   村山修次 清原奈侑
  • 決勝トーナメント方式が導入された1994年以降、「総合順位」の1-4位はリーグ上位4チームによる決勝トーナメントの結果で決定。5位以下は「リーグ順位」に同じ[注 6]
  • 「リーグ順位」は、決勝トーナメント方式が導入された1994年以降の、リーグ戦における順位。上位4チームは決勝トーナメントに進出[注 6]
  • 全日本総合」は、1992年までは全日本一般女子ソフトボール選手権大会、1993年以降は全日本総合女子ソフトボール選手権大会

JDリーグ戦績[編集]

年度 所属リーグ 総合順位 試合 リーグ順位 全日本総合 国体 備考 監督 主将
2022 JDリーグ ベスト4 29 21 8 0 東2位[注 7] ベスト8 準優勝 村山修次 那須千春

選手・スタッフ[編集]

2022年4月現在[7]
ポジション # 名前 年齢 身長 投打 出身校 備考
選手
投手 13 田内愛絵里 25歳 160cm 左·左 創志学園高
16 佐藤真咲 19歳 167cm 右·右 駿河総合高
17 長谷川鈴夏 24歳 165cm 左·左 高崎健康福祉大高崎高→日本体育大 移籍(前所属・豊田自動織機
18 坂本実桜 22歳 163cm 右·右 創志学園高
22 テイラー・マクイリン 26歳 173cm 左·左 アリゾナ大 新加入
捕手 2 服部洋代 24歳 162cm 右·右 津商業高→園田学園女子大
7 坂本結愛 26歳 164cm 右·右 厚木商業高
32 清原奈侑 31歳 165cm 右·右 京都西山高→園田学園女子大 捕手兼コーチ
内野手 1 堀口佳乃 22歳 160cm 右·左 大分南高→日本文理大 新加入
5 杉本梨緒 25歳 162cm 右·右 佐賀女子短大付属佐賀女子高→中京大 移籍(前所属・Honda
6 鈴木鮎美 30歳 158cm 右·右 日出高
9 杉浦穂華 19歳 165cm 右·右 千葉経済大附属高
10 那須千春 キャプテン 26歳 161cm 右·右 上山明新館高 主将
12 鈴木未歩 20歳 166cm 右·左 浜松市立高
23 ハンナ・フリッペン 27歳 160cm 右·右 ユタ大 新加入
28 大越玲那 22歳 168cm 右·右 花巻東高
33 森山遥菜 29歳 165cm 右·右 佐賀女子短大付属佐賀女子高 移籍(前所属・Honda
外野手 3 高瀬沙羅 24歳 152cm 右·右 滑川高→中京大 副主将
8 藤森捺未 23歳 168cm 右·左 徳島商業高→園田学園女子大 新加入
11 唐牛彩名 22歳 165cm 右·右 花巻東高
14 山本ひなの 20歳 161cm 左·左 光明学園相模原高
15 山口みどり 27歳 161cm 右·左 四條畷学園高→大阪国際大 副主将
20 平田唯花 20歳 171cm 右·右 三潴高
監督・コーチ
シニアアドバイザー - 斎藤春香 52歳 - - 弘前中央高
監督 30 村山修次 40歳 - - 東海大相模高→東海大
コーチ 31 栗田美穂 34歳 - - 常葉学園菊川高 ピッチングコーチ
32 清原奈侑 31歳 - - 京都西山高→園田学園女子大 捕手兼コーチ

歴代所属選手[編集]

投手
捕手
内野手
外野手

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 雨天のため準々決勝で打ち切り4チーム優勝
  2. ^ a b 雨天のため1回戦で打ち切り8チーム優勝
  3. ^ a b c d e 1994-1998年は1部リーグを2グループに分けて開催されたため、所属グループにおける順位
  4. ^ 新型コロナウイルスの影響により全11試合での開催
  5. ^ a b c 新型コロナウイルスの影響により開催中止
  6. ^ a b 2020年、2021年は、上位5チームによる決勝トーナメントを実施
  7. ^ プレーオフ進出、ダイヤモンドシリーズ進出(ベスト4)

出典[編集]

  1. ^ チームの歴史 LINE公式アカウント
  2. ^ チームプロフィール JD.LEAGUE
  3. ^ a b 応援歌・マスコット・チームスローガン etc 公式ウェブサイト
  4. ^ TEAMS 日本女子ソフトボールリーグ機構
  5. ^ a b 後援会報 第28号・第29号 公式ウェブサイト
  6. ^ チームの歴史 公式ウェブサイト
  7. ^ 今年度の選手とスタッフ 公式ウェブサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]