新潟市タクシー運転手強盗殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新潟市タクシー運転手強盗殺人事件(にいがたしタクシーうんてんしゅごうとうさつじんじけん)とは、2009年11月に新潟県で発生した強盗殺人事件。新潟県警による正式な呼称は新潟市東区空港西一丁目におけるタクシー運転手被害強盗殺人事件。容疑者は検挙されておらず現在も未解決。捜査特別報奨金対象事件。

現場状況[編集]

2009年11月1日午前1時30分頃、新潟県新潟市東区空港西一丁目の路上に停車中のタクシーが発見され、タクシー内からは運転席シートにもたれ掛かるような状態で倒れ、上半身から血を流しているタクシーの運転手の男性(当時63歳)の遺体が見つかった。遺体は刃物で胸などを刺されており、タクシー内にあった売上金はなくなっていた。

捜査本部がある新潟東警察署の調べによると、車内の料金メーターの状況などから、運転手男性は料金精算の際に襲われたとみられるという[1]。 さらにタクシーの車内から男性の血で車の下にも血痕が広がるなど、運転手男性が大量の出血をしていたことから、犯人は返り血を浴びている可能性もある[1]

事件の経過[編集]

  • 2009年11月1日
    • 午後10時40分頃 - 犯人と思われる男をJR東日本新潟駅南口から乗せる。
    • 午後11時00分頃 - 発見現場となる新潟市東区空港西一丁目に向けて走行しているところを目撃されている[2]
    • 午後11時30分頃 - 新潟市東区空港西一丁目の路上でハザードランプが点滅した状態でタクシーが停車しているのを近くの住人が目撃している[2]
    • 午前1時30分頃 - 探していた同僚が車両と運転手男性を発見し、110番に通報した。
  • 2011年7月29日
    • 警察庁は当事件を捜査特別報奨金対象事件に指定。犯人逮捕に繋がる情報に300万円の懸賞金が懸けられた。

容疑者と思われる人物[編集]

捜査本部は被害者のタクシーに乗車した最後の客を容疑者とし、新潟駅前の防犯カメラに録画されていた最後の客と思われる男性の動画を一般公開し情報提供を呼びかけている。

  • 年齢:10代後半〜20代前半位
  • 身長:165センチくらい
  • 体格:痩せ型
  • 服:黒っぽい上着に白色の2本線が入った黒っぽいジャージーズボンを着ていた。
  • 靴:サンダル履き
  • 所持品:黒色様手提げバック、ビニール傘 

2015年5月には、別の角度から男性を捉えた新たな映像も公開された。[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]