措置制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

措置制度(そちせいど)とは、身体障害者(児)及び知的障害者(児)に対し、行政が利用できるサービスの内容を決定する制度。

概要[編集]

サービスの利用を申し込んだ希望者に対し、自治体が福祉サービスを利用できる条件を満たしているかを審査し、その審査結果に応じてサービスの利用可否や利用先が決定される。

障害者福祉サービス開始以来長年にわたり実施されてきたが、利用者の意向が尊重されにくいという問題が出てきたことから、児童施設の入所を除き2003年4月1日より支援費制度へ移行した。

その後[編集]

支援費制度もサービスの格差や財源問題が指摘され、2006年4月1日から障害者自立支援法(2013年からは「障害者総合支援法」)へ移行した。

関連項目[編集]