寝たきり老人ゼロ作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

寝たきり老人ゼロ作戦(ねたきりろうじんゼロさくせん)は、厚生省(現: 厚生労働省)が1989年に策定した「高齢者保健福祉推進10ヵ年戦略(ゴールドプラン)」の中の施策の1つである。

概要[編集]

日本における寝たきり老人は、欧州先進諸国に比べて突出して多い[1]。そのため、寝たきりを予防して寝たきり老人を減らすことを目的としている。

高齢者の自立を支援する観点から脳血管疾患リハビリテーション、在宅医療サービスの充実、保健師看護師などの人材の確保を図っていくとしている。

新寝たきり老人ゼロ作戦[編集]

1994年には、新ゴールドプラン策定に伴い、名称も新寝たきり老人ゼロ作戦と新たにした。

脚注[編集]

  1. ^ “今こそ考えよう 高齢者の終末期医療”. ヨミドクター (読売新聞). (2012年6月20日). http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60441 2013年12月17日閲覧。 

外部リンク[編集]