QOML

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

QOMLQuality of My Life/Medical staffs' Lifeの略語)とは、医療従事者研究者等が自らの待遇労働環境を含めた人生の質や、生活の質を指す。人生の質や、生活の質を表すQOL (Quality of Life) から派生したものである。

日本では医療従事者が過度の超過勤務を強いられているため、これに対する反発から隠語として出現したものと考えられる。しかし、現場の医療従事者の中においても、QOML派(自らのQOL向上を希求し、超過勤務には否定的)、反QOML派(自らのQOL向上を求めず、QOML派を敵視)、非QOML派(自らのQOL向上を求めないが、QOML派を否定しない)、の様に分類される様々な意見が存在している。

関連項目[編集]