コンテンツにスキップ

セントケア・ホールディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セントケア・ホールディング株式会社
SAINT-CARE HOLDING CORPORATION
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社
市場情報
東証プライム 2374
2003年10月24日上場
本社所在地 日本の旗 日本
104-0031
東京都中央区京橋二丁目8番7号
読売八重洲ビル5F
北緯35度40分37.7秒 東経139度46分17.9秒 / 北緯35.677139度 東経139.771639度 / 35.677139; 139.771639座標: 北緯35度40分37.7秒 東経139度46分17.9秒 / 北緯35.677139度 東経139.771639度 / 35.677139; 139.771639
設立 1983年昭和58年)3月24日
(日本福祉サービス株式会社)
業種 サービス業
法人番号 5010001078518 ウィキデータを編集
事業内容 介護サービス事業ならびに住宅リフォーム事業の経営管理(持株会社
代表者 村上美晴(代表取締役会長)
藤間和敏(代表取締役社長)
資本金 17億6464万6000円
(2022年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 2498万1199株
(2022年3月31日現在)[1]
売上高 連結: 488億7680万5000円
単独: 39億5028万6000円
(2022年3月期)[1]
営業利益 連結: 28億6595万4000円
単独: 15億6205万1000円
(2022年3月期)[1]
経常利益 連結: 28億1777万5000円
単独: 16億4946万8000円
(2022年3月期)[1]
純利益 連結: 18億3671万5000円
単独: 14億7202万0000円
(2022年3月期)[1]
純資産 連結: 136億5514万4000円
単独: 105億6793万0000円
(2022年3月31日現在)[1]
総資産 連結: 274億9149万2000円
単独: 147億5604万5000円
(2022年3月31日現在)[1]
従業員数 連結: 4,423人
単独: 182人
(2022年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人[1]
主要株主 村上企画 36.01%
村上美晴 11.20%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 6.33%
日本カストディ銀行(信託口) 2.57%
安藤幸男 2.41%
セントケア従業員持株会 2.32%
JP MORGAN CHASE BANK 385632 2.16%
ジェイ・エス・ビー 1.83%
GOLDMAN SACHS INTERNATIONAL 1.63%
STATE STREET BANK AND TRUST CLIENT OMNIBUS ACCOUNT OM02 505002 1.33%
(2022年3月31日現在)[1]
主要子会社 #関連会社参照
外部リンク https://www.saint-care.com/
テンプレートを表示

セントケア・ホールディング株式会社: SAINT-CARE HOLDING CORPORATION[2])は、東京都中央区に本社を置く介護会社。

措置制度時代から既に介護事業に進出していた。

概要

[編集]

1983年東京都台東区に、東京理科大学工学部OBの村上美晴らにより、日本福祉サービス株式会社が設立される。以降、訪問入浴を手始めに事業拡大、他社の吸収合併を経て業界大手に成長。

2005年ジャパンケアサービスとの経営統合を予定していたが白紙となった。 2007年、株式会社コムスンの14県の在宅系サービス事業を承継。

業績悪化により社長が一時期交代[3]したが、再び創業者が返り咲いており、大株主でもある創業者のワンマン体質の強い会社である。2012年4月1日、社長の交代が行われ、森猛が社長に就任し、村上前社長は代表権のある会長に退いた[4]

沿革

[編集]
  • 1983年昭和58年)3月24日 - 「日本福祉サービス株式会社」設立(本社:東京都台東区)。
  • 2002年平成14年)5月 - 社名を「セントケア株式会社」に変更。
  • 2003年(平成15年)10月24日 - 日本証券業協会に株式を店頭登録(現・ジャスダック)。
  • 2007年(平成19年)4月 - 持株会社化。社名を「セントケア・ホールディング株式会社」に変更。
  • 2012年(平成24年)5月 - 埼玉の介護事業会社、福祉の街を連結子会社化[5]
  • 2014年(平成26年)
    • セントワークス株式会社が東京ワークライフバランス認定企業となる[6]
    • カーナビ大手のクラリオンと共同出資会社ケアボットを設立[7]
  • 2015年(平成27年)
    • 介護先進国オランダの在宅介護大手、ビュートゾルフがセントケア・ホールディングの村上美晴会長が設立した財団、オレンジクロス(東京・中央)と組み、介護や医療、リハビリなどを一括で提供できる「地域包括ケアステーション」を複数設置する。[8]
    • 在宅介護サービスの虹の街を吸収合併。
    • 介護保険の枠組みを越えたプライベートケアサービスを始める。
    • 広い裁量権を持った看護師チームで運営する「ちいき・ケア株式会社」を設立する。
  • 2016年(平成28年)
    • 5月 - 東京証券取引所第二部に市場変更。
    • 12月 - 東京証券取引所第一部に指定替え。

歴代社長

[編集]
  • 1.村上美晴
  • 2.吉田英二
  • 3.村上美晴 (再任)
  • 4.森猛
  • 5.藤間和敏

関連会社

[編集]

コムスン事業承継会社

[編集]

その他

[編集]

関連項目

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ a b c d e f g h i j k セントケア・ホールディング株式会社『第40期(2021年4月1日 - 2022年3月31日)有価証券報告書』(レポート)、2022年6月29日。
  2. ^ セントケア・ホールディング株式会社 定款 第1章第1条
  3. ^ セントケア・グループ IR情報 2008年2月14日掲載
  4. ^ セントケア・グループ IR情報 2012年3月14日掲載
  5. ^ 日本経済新聞「セントケア、埼玉の介護事業会社買収 約2億7000万円」
  6. ^ 東京都TOKYOはたらくネット
  7. ^ 日本経済新聞「セントケア、クラリオンと新会社」
  8. ^ 日本経済新聞「オランダ式介護、アジアに進出 地域ごとにチームが運営 」

外部リンク

[編集]