拍手 (神道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

拍手(はくしゅ、かしわで)とは、神道の祭祀や、神社神棚などに拝する際に行う行為である。柏手と書かれることもあり、また、開手(ひらて)ともいう。

概要[編集]

両手を合わせ、左右に開いた後に再び合わせる行為を指す。通常、手を再び合わせる際に音を出す。音を出す理由は、神への感謝や喜びを表すため、願いをかなえるために神を呼び出すため、邪気を祓うためといわれる[1]。また、凶事や悲しみを表す行事においては音を出さない作法(後述)もあり、この場合は、音を出さないのは故人の霊を祓ってしまわないためなどと説明される。

種類[編集]

神社で行われる参拝作法「二拝二拍手一拝(『にはい・にはくしゅ・いっぱい』もしくは『にれい・にはくしゅ・いちれい』)」など、3回以下のものは「短拍手・短手(みじかて)」と呼ばれる。出雲大社宇佐八幡弥彦神社の4回[2]伊勢神宮の8回など、4回以上手を打つものは「長拍手・長手(ながて)」と呼ばれる。他に、8回打った後に再度短拍手を1回打つ「八開手(やひらて)」もある。神葬祭で音を出さずに打つ「偲手・忍手・短手(しのびて)」[4]や、直会で盃を受けるときに一回打つ「礼手(らいしゅ)」などもある。現在のように二礼二拍手一礼にほぼ統一されるようになったのは、大正、昭和の戦争により軍隊において統一されたものである。

そのほか、両手を合わせる際に指先まで合わせる作法と、意図的にずらす作法がある。ずらす作法にも、途中からずらす作法と、最初から最後までずらしたままの作法がある。ずらす理由としては、「音を良くする」他に「不浄の手と合わせない」「教派[5]の違い」がある。左手指股に右手指先をあてるように打つと良い音になるといわれるが、大きな音をたてることは慎みを欠きはしたないとも言われる。

由来[編集]

魏志倭人伝には、邪馬台国などの倭人(日本人)の風習として「見大人所敬 但搏手以當脆拝」と記され、貴人に対し、跪いての拝礼に代えて手を打っていたとされており、当時人にも拍手を行ったとわかる。古代では神・人を問わず貴いものに拍手をしたのが、人には行われなくなり、神に対するものが残ったことになる。なお古代人は挨拶をする際に拍手を打つことで、手の中に武器を持っていないこと、すなわち敵意のないことを示し、相手への敬意をあらわしたという説もある。

「かしわで」という呼称は、「拍」の字を「柏」と見誤った、あるいは混同したためというのが通説である[6]。他に、宮中の料理人である「膳夫(かしわで)」と関連があるとする説[7]や、手を合わせた時の形を柏の葉に見立てたとする説もある。この場合、葬祭などで音を出さないのは黄泉戸喫/黄泉竈食ひ(よもつへぐい)[8]を避けるためとされる。

備考[編集]

  • 持統紀に、即位した新天皇に群臣が拝礼と拍手をした記載があり、初めて天皇を神に見立てる儀礼として即位式に柏手が取り入れられ、定例化したとされる[9]
  • 奈良時代では、天皇の即位宣命が読み上げられた後、参列した百官が拍手で応えたことが、『内裏儀式』元旦受群臣朝賀式にあるが、跪(ひざまず)いて32回も手を打つという形式であり、現代の立って行う形式とは異なった[10]。また、『日本後紀延暦18年(799年)条の元日朝賀で、渤海使が参列していたため、天皇を四度拝むのを二度に減らし、拍手もしなかったとされ、このことからも日本独自の作法という点が強く、平安時代に入ると、中国風に変更し、拍手も打たなくなった[11]
  • (あま)の逆手」といって、人を呪う際にも拍手は打たれており、『古事記』『伊勢物語』に記述がみられる呪術の一つである[12]。所作については不明だが、願いを成就させる為の行いという意味では、天の逆手も神に対する拍手も同じである。
  • 『古事記』の記述として、一言主雄略天皇の献上品に対し、お礼の手打ち=拍手をしたと記され、神自身も礼作法として拍手を行う描写がされている。
  • 現代の建立で四拍手の神社として、空気神社がある(当ホームページを参照)。

[編集]

  1. ^ 賽銭の際に鈴を鳴らす理由も同様とされる。中国語圏で用いる旧正月爆竹も同様の魔除けの意味がある。
  2. ^ 「四拍手/出雲大社は怨霊の神社?」、出雲大社紫野教会
  3. ^ [1]
  4. ^ 細木数子がテレビ番組において「女性の拍手は音を立てない」と発言したため、全国の神社や氏子から「間違った作法での参拝が増えている」という苦情が神社本庁に寄せられた。東京都練馬区石神井台の石神井氷川神社では、公式サイトで参拝の作法について記述がある[3]
  5. ^ 神道と仏教、あるいは公家と武家など。
  6. ^ 源氏物語』に、当時から混同されていた様子が記述されている。
  7. ^ 礼手のように、日常は食前・食後に行う事から、膳夫に建膳・撤膳を求める合図とも、食前食後の感謝ともされる。
  8. ^ 『古事記』などでイザナミがイザナキと帰ることができなくなったとされる黄泉の国の食べ物。
  9. ^ 熊谷公男 日本の歴史03 『大王から天皇へ』 講談社 2001年 ISBN 4-06-268903-0 p.344より。
  10. ^ 続日本紀』では、慶雲年間に「跪く礼法」を廃した事が記述されている。
  11. ^ 坂上康俊 『日本の歴史05 律令国家の転換と「日本」』 講談社 2001年 ISBN 4-06-268905-7 p.58.
  12. ^ 『広辞苑 第六版』 岩波書店より一部参考。『古事記』では神が天の逆手をし、『伊勢物語』では男が女に対して行っている。

関連項目[編集]