志村史夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

志村 史夫(しむら ふみお、1948年7月19日 - )は、日本の物理学者静岡理工科大学名誉教授応用物理学会フェロー終身会員日本文藝家協会会員

東京都豊島区駒込生まれ。1972年名古屋工業大学窯業工学科卒、74年同大学院修士課程修了(無機材料工学)。1982年「シリコン単結晶中の不純物酸素および微小欠陥に関する研究」で名古屋大学工学博士(応用物理)。1974年日本電気中央研究所、1983年モンサント・セントルイス研究所、1987年ノースカロライナ州立大学教授(Tenure:終身在職権付)、1993年静岡理工科大学教授[1]。半導体結晶が専門だが、古代文明、自然哲学、基礎物理学、生物機能などに興味を拡げている。

物理学、半導体関係の専門書、教科書のほかに一般向け著書も多数ある。

著書[編集]

  • 『ある彷徨の果てに』塔の会 1973
  • 『砂からエレクトロザウルスへ 魔法の石・シリコン』東明社 1986
  • 『SEMICONDUCTOR SILICON CRYSTAL TECHNOLOGY』Academic Press 1989
  • 『「ハイテク国家」日本のアキレス腱 90年代の繁栄を阻むものは何か』太陽企画出版 1991
  • 『体験的・日米摩擦の文化論』丸善ライブラリー 1992
  • 『ハイテク国家・日本の「知的」選択』講談社 1993
  • 『半導体シリコン結晶工学』丸善 1993
  • 『OXYGEN IN SILICON』Academic Press 1994
  • 『ここが知りたい半導体 現代を支える魔法の石』講談社ブルーバックス 1994
  • 『ハイテク・ダイヤモンド 半導体ダイヤからフラーレンまで』講談社ブルーバックス 1995
  • 『理科系の英語』丸善ライブラリー 1995
  • 『理科系の英語読本』丸善ライブラリー 1995
  • 五重塔の日本 質・美・総の時代』東明社 1996
  • 『目覚めよ日本!』致知出版社 1996
  • 『理科系のための英語プレゼンテーションの技術』ジャパンタイムズ 1996
  • 『古代日本の超技術 あっと驚くご先祖様の智恵』講談社ブルーバックス 1997
  • 『材料科学工学概論』丸善 1997
  • 『文明と人間 科学・技術は人間を幸福にするか』丸善ブックス 1997
  • 『固体電子論入門 半導体物理の基礎』丸善 1998
  • 『したしむ振動と波』(したしむ物理工学)朝倉書店 1998
  • 『いま『武士道』を読む 21世紀の日本人へ』丸善ライブラリー 1999 『いま新渡戸稲造「武士道」を読む』三笠書房 知的生きかた文庫
  • 『したしむ量子論』(したしむ物理工学)朝倉書店 1999
  • 『生物の超技術 あっと驚く木や虫たちの智恵』講談社ブルーバックス 1999
  • 『したしむ固体構造論』(したしむ物理工学)朝倉書店 2000
  • 『したしむ熱力学』(したしむ物理工学)朝倉書店 2000
  • 『いやでも物理が面白くなる 交通信号「止まれ」はなぜどこの国でも赤なのか?』講談社ブルーバックス 2001
  • 『こわくない物理学 物質・宇宙・生命』新潮社 2002 のち文庫
  • 『したしむ電子物性』(したしむ物理工学)朝倉書店 2002
  • 『「理科系の頭」で考える技術』三笠書房 2002
  • 『理科系のための英語力強化法』ジャパンタイムズ 2002
  • 『文科系のための科学・技術入門』ちくま新書 2003
  • 『「水」をかじる』ちくま新書 2004
  • 『「考える知恵」がつく本』三笠書房知的生きかた文庫 2005
  • 『理科系のための英語リスニング』ジャパンタイムズ 2005
  • 『理科系のための英文法』ジャパンタイムズ 2006
  • アインシュタイン丸かじり 新書で入門』新潮新書 2007
  • 『したしむ表面物理』(したしむ物理工学)朝倉書店 2007
  • 『だれでも数学が好きになる!』ランダムハウス講談社 2007
  • 『数学指南 徹底的に微分積分がわかる』裳華房 2008
  • 漱石寅彦 落椿の師弟』牧野出版 2008
  • 『寅さんに学ぶ日本人の「生き方」 世の中、銭金、勝ち負けだけじゃ哀しい』扶桑社 2008
  • 『環境問題の基本のキホン 物質とエネルギー』ちくまプリマー新書 2009
  • 『人間と科学・技術』牧野出版 2009
  • 『文系?理系? 人生を豊かにするヒント』ちくまプリマー新書 2009
  • 『ITは人を幸せにしない 21世紀の幸福論』ワニブックス〈plus〉新書 2010
  • 『自然現象はなぜ数式で記述できるのか』PHPサイエンス・ワールド新書 2010
  • 『ゼロからわかる物理』丸善出版 2011
  • 『物理学者が教える筋道たてて考える技術 いかに本質をつかみ、問題を解決するか?』大和出版 2012
  • 『古代世界の超技術 あっと驚く「巨石文明」の智慧』講談社ブルーバックス 2013
  • スマホ中毒症 「21世紀のアヘン」から身を守る21の方法』講談社+α新書 2013
  • 『一流の研究者に求められる資質』牧野出版 2014
  • 『木を食べる』牧野出版 2015
  • 『社会人のための物理学 1 (古典物理学)』牧野出版 2015
  • 『社会人のための物理学 2 (物質とエネルギー)』牧野出版 2015
  • 『「ハイテク」な歴史建築』ベスト新書 2016
  • 『勉強ギライな子供に「勉強の面白さ」を伝える方法』 ワニブックスPLUS新書 2016
  • 『日本人の誇り「武士道」の教え』 ワニブックスPLUS新書 2017
  • 『理系のための「実践英語力」習得法』 講談社ブルーバックス 2018
  • 『いやでも物理が面白くなる<新版>』 講談社ブルーバックス 2019
  • 『いやでも数学が面白くなる』 講談社ブルーバックス 2019

共著・監修[編集]

  • 『したしむ 電磁気』小林久理眞共著 朝倉書店 1998
  • 『したしむ 磁性』小林久理眞共著 朝倉書店 1999
  • 『したしむ 物理数学』小林久理眞共著 朝倉書店 2003
  • 『図説古代文明の超技術 いにしえの「すごい技術」の謎に迫る!』監修 洋泉社MOOK 2015
  • 『図説生物たちの超技術』監修 洋泉社 2015
  • 『古代日本の伝統技術』 監修 宝島社 2017

翻訳[編集]

  • Michael Alley『理科系の英文技術』編訳 朝倉書店 1998
  • 『アインシュタイン希望の言葉』監修・訳 ワニ・プラス 2011
  • 『アインシュタイン人生を変える言葉101』監修・編訳 宝島社2016

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年

外部リンク[編集]