広木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広木駅
広木駅を駅前広場から見る
広木駅を駅前広場から見る
ひろき
Hiroki
上伊集院 (5.0km)
(4.6km) 鹿児島中央
所在地 鹿児島県鹿児島市田上町
所属事業者 JR logo (kyushu).svg九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 鹿児島本線
キロ程 41.5km(川内起点)
門司港から390.7km
電報略号 ロキ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
988人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 2009年平成21年)3月14日
備考 無人駅(自動券売機 有)
テンプレートを表示

広木駅(ひろきえき)は、鹿児島県鹿児島市田上町にある、九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線である。

2011年に広木という町名が田上町より分割され設置されたが、当駅は町域に含まれていない。

本項目では当駅周辺に存在していた広木信号場についても記述する。

歴史[編集]

当駅付近にかつて存在していた広木信号場については後述する。

広木信号場の廃止後しばらくして、星ヶ峯ニュータウンをはじめとした住宅造成が始まった1980年代ころから当駅設置を住民から求められていた。しかし、請願駅扱いとなることから鹿児島市が費用を負担することおよび採算面の問題があり、広木駅の設置に向けた協議がJR九州と鹿児島市の間で続けられてきた。

この協議がまとまり、2004年にJR九州と鹿児島市の間で広木駅設置に向けた基本協定が締結されることとなった。駅の設置費用は約1億8,494万円となり、負担額の割合は鹿児島市:JR九州 = 9:1となった。また、パークアンドライド等を促進するため、39台の駐車場や約200台の駐輪場が設置されることとなり、それらとトイレなどの周辺整備を鹿児島市が実施した。なお、広木駅の1日あたりの利用者は550人程度を見込んでいた。

開業初年度の乗車人員は1日あたり644人であったが[1][2]、年々増加傾向にあり、2012年度の乗車人員は958人となっている。

新駅名は、地元の設置推進協議会が広木駅または星ヶ峯駅を採用するように要望していたもので、この地域の地名として広く定着しているということからJR側が広木駅を採用した[3]

2009年3月14日の開業式は、森博幸鹿児島市長を迎え、地元住民らが参加して挙行された[4]

年表[編集]

駅構造[編集]

ホーム

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは構内踏切で連絡している。

無人駅である。

IC乗車カードSUGOCA」の利用が可能で(相互利用可能ICカードはSUGOCAの項を参照)、簡易SUGOCA改札機が設置されている。SUGOCAの販売、およびチャージの取り扱いは行っていない。

降車客のICカード以外の普通乗車券は駅の集札箱に投入、または車掌が回収する。

簡易自動券売機(ICカード非対応)が設置されている。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 鹿児島本線 上り 伊集院川内方面
2 鹿児島本線 下り 鹿児島中央方面

利用状況[編集]

2016年(平成28年)度の1日平均の乗車人員988人である[7]

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2008 10 21
2009 643 1,238
2010 813 1,635
2011 893 1,814
2012 958 1,936
2013 983 1,969
2014 956 1,918
2015 984 1,971
2016 988

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
鹿児島本線
快速「オーシャンライナーさつま」(土休日のみ運行)
通過
普通
上伊集院駅 - 広木駅 - 鹿児島中央駅

広木信号場[編集]

1974年当時の現在の広木駅付近の航空写真。既に複線化されているが、旧来の南回りのルートを通っていた広木トンネルはそのままであった。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

広木信号場(ひろきしんごうじょう)は現在の広木駅付近に1957年(昭和32年)10月1日から1969年(昭和44年)9月27日まで存在していた信号場である。

当時この区間は単線であったため、列車交換のために設置されていた。キロ程は上伊集院駅から5.4 km、西鹿児島駅(現鹿児島中央駅)から4.2 kmであった。現在の鹿児島本線の線形とは違い、現在の広木駅の鹿児島中央方にあるトンネルは存在せず、現在の鹿児島市道沿いを通り現トンネルとほぼ平行なトンネルを通っていた。構内はカーブが占めていた。この区間の鹿児島本線の複線化が完成したことにより廃止された。

参考資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「広木駅3月14日開業/1日上下82本停車、550人利用想定=JR九州」南日本新聞2008年12月20日朝刊21面
  2. ^ 「広木駅開業/車社会を見直す契機に」 南日本新聞 2009年4月3日朝刊3面
  3. ^ 「鹿児島市・田上の新駅名称、「広木駅」に決定/「地元で定着」=JR九州発表」南日本新聞2008年9月25日朝刊16面
  4. ^ 「JR広木駅が開業/住民ら記念式典=鹿児島市田上町」 南日本新聞 2009年3月15日朝刊1面
  5. ^ 『日本鉄道旅行地図帳 12号 九州沖縄』 p.51 新潮社
  6. ^ 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2012年12月4日) 
  7. ^ 駅別乗車人員上位300駅(平成28年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道 (2017年7月31日). 2017年8月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]