広島ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラーメン > 広島ラーメン
広島ラーメンの一例(上海総本店)

広島ラーメン(ひろしまラーメン)とは、広島市を中心とする広島県西部に散見される醤油とんこつ味のラーメンである。

本項では、あくまでも広島市内及び周辺地域に限定したものを「広島ラーメン」として記述し、広島県内であっても、県中部〜東部(尾道福山)、いわゆる備後地方において普及している尾道ラーメン福山ラーメンは除外される。これらのラーメンは広島ラーメンと全く異なり、純然たる昔ながらの濁りない醤油味スープのもので、も広島ラーメンとは異なる物を使用するためである。

特徴[編集]

麺は大多数の店舗では製麺所製の中細麺(一部においては自家製)を基本形としている。少数派ではあるが中太麺(製麺所特注または自家製)の物を使う店もある。

スープは一般的な古くからある「広島ラーメン」の基本形としては醤油味のタレに豚骨ガラ、野菜などを濁るまで煮出したスープを注いで茶褐色に濁った(言わばコーヒー牛乳的な色)類に仕上げる「豚骨醤油」スープ。豚骨ベースとはいえ、かなりあっさりしている。特に味に突出した部分も無く、香りも極めて穏やか。一口で言うとあっさり・さっぱりした優しい味の物が多いと言える。従ってインパクトはあまり強くなく、他府県の有名ご当地ラーメンのスープのような際立った個性はないが、地元では古くから愛されている。

以上は極めて一般的な広島市内及び近郊(県西部)で圧倒的に多いタイプのスタンダードな「広島ラーメン」のスープの特徴であるが、同じ広島豚骨醤油ラーメンでもこれを基本に店々のアレンジやバリエーションによって、一部においては、かなり濃厚なものや少々醤油ラーメン寄りの物、他にも脂が多めの醤油ラーメン寄りで豚骨臭の極めて強い個性的なものなど、基本製法は同じながらも最もスタンダードな「広島ラーメン」とは少々印象を異なる個性的な店も存在するがこれらも基本が同じゆえに「広島ラーメン」の括りに含まれる。

具材はチャーシュー煮豚)、ネギ、茹でモヤシシナチクの4種を基本とする。青物(法蓮草・ワカメ等)やナルト、煮玉子等などが最初から乗る店はまず無い。ただし変り種として錦糸卵をのせる個性的な老舗もある。具材の中でも特に茹でモヤシがほぼ必ず乗せてあるのが「広島ラーメン」の特徴のひとつであり、その特徴が地元では相当に一般的な認識であるがゆえに「広島ラーメン」以外の県外ご当地風ラーメン店(「博多ラーメン」や「札幌ラーメン」を謳う店)でも茹でモヤシが乗せられている場合が多いのが広島で営まれる多くのラーメン店の特徴である。

今時は地元でも多くの場合「ラーメン」と注文時に指名する者も多くなってきたが、まだまだ多くの店の暖簾やメニューには今でもあえて「中華そば」と記してある店も多く、そういった店ではラーメンと呼ばず店側も客の側も飽くまでも中華そば、または単に「そば」と呼ぶ場合も案外多い。従って広島においてラーメンの事は地元店(近年[いつ?]の新興店は除く)のものについては基本的には名称は「中華そば」と定義されると言える。

以上が「広島ラーメン」の基本的な部分である。その為、暖簾やメニューに「中華そば」と書いてある店はもちろんのこと大衆食堂や焼肉店や麺類処などでもラーメンを注文するとこういった「広島ラーメン」すなわち「広島風中華そば」が概ね提供される場合が多い。

なお、特に最もベーシックなタイプの物(昔ながら及び、それを基本としている店のもの)は、それを提供する店の店名が繁盛店や老舗店に鳥の名前を冠する店(「すずめ」「うぐいす」「つばめ」など)が多かった事からこれらにあやかった店(「チャボ」「ひよこ」など)も多かったことから地元ではこれらを「鳥系」と呼ぶ向きも一部にはある[1]

これらが「広島ラーメン」と地元では認識されているが近年の広島市内の新興店・新規開業店などでは根っからの広島市内及び周辺地区の地元開業店であっても、これらの「広島ラーメン」の基本部分を踏襲せず関東や他府県の流行を取り入れた(九州系豚骨スープや背脂濃厚スープ、魚介系スープやダブルスープ、激辛や極太麺使用など)「ニューウェーブ店」が増えつつあり、これら店の一部には「新広島ラーメン」などと銘打つ店もあるがこれらは基本部分でこれまでに記した「広島ラーメン」の材料、調理方法、スープのスタイル、麺の種類、具材等が地元ならではの旧来の「広島ラーメン」のスタイルとは一線を画す為、本稿で言うところの「広島ラーメン」からは除外し別物とする事とする。

なお、ベーシックな「広島ラーメン店」においては「焼き飯チャーハン)」「ぎょうざ」といった極普通の他県のラーメン店にもあるものに加え「おでん」を置いてある店もかなり多い。

また、広島市及び周辺地域にては、かつて寿司店に「中華そば」(ラーメン)を置く事も少なくなかったようである。現在においても一部の寿司店には昔のまま「中華そば」を品書きに載せている店がごく僅かながら存在する。ただしその歴史的経緯や理由については不明である。

背景[編集]

太平洋戦争後とりわけ広島では原爆被爆による全市壊滅の状態からの復興時、他都市同様、一銭洋食などの安価な粉物(後にお好み焼きに発展)やホルモン等々、種々のジャンルの食べ物を供する闇市的な屋台が雨後の筍のごとく市内に自然発生し始め次第に数を増やし活況を制し始めた。そのような屋台のいくつかに、主に中国人の営む中華そばの屋台もあった。

その屋台の「中華そば」の味に感銘し、頻繁に足を運びスープを見よう見真似で作り上げた日本人が「上海」などの屋台を徐々に開業し始める。特にその「上海」を前身として、1957年頃に創業した「しまい」(共に同じく店主、沖稔)として暖簾を掲げた屋台は現在の「広島ラーメン」(中華そば)の基本形を創作し、この屋台「しまい」が今日の「広島ラーメン」の元祖とされている[2]

その「しまい」店主、沖稔から直接ラーメンの調理法を教授された津留田秀明が開店した屋台が初代「陽気」である。後、その屋台「陽気」を暖簾ごと譲り受け借金返済の為にと営業し始めた原宏之が現「陽気」(後に店舗に発展)である。また少し遅れて「すずめ」(こちらも後に店舗に発展)も開業し今日ではこの「陽気」「すずめ」の2店が現在のスタイルの「広島ラーメン」(中華そば)の完成者及び歴史的代表格と言われている。

なお、「陽気」と「すずめ」の「広島ラーメン」代表格の老舗2店は実は経営者家族同士が縁戚関係にある。

また「うぐいす」の初代店主は、満州で料亭を営み、太平洋戦争後広島に引き上げ後、鶏がらを使用しないスープを使用したラーメンを供している。

白濁とんこつスープに醤油だれを加えた茶褐色の豚骨醤油スープに中細麺・ねぎチャーシュー煮豚)・モヤシシナチクを具材とする「広島ラーメン」(中華そば)の基本形が定まった時期は、このような流れから太平洋戦争後から1960年頃の間と思われる[3]

代表的な店[編集]

典型的な広島風醤油とんこつ及び順ずるスタイルの「広島ラーメン」と定義される形の物を主メニューとする店の一覧[4]

  • しまい(広島市安佐南区大町東、創業1950年代前半(屋台)開店1950年代後半(移転前店舗))
  • 陽気(広島市中区江波南、創業1950年代後半(屋台)店舗開店1957年2月)
  • すずめ(広島市西区東観音、創業1940年代(屋台)店舗開店1959年9月(2015年4月で閉店し、店主も変わってめじろ中華そばとして営業))
  • 来頼亭(広島市南区西翠町、創業1948年1月)
  • うぐいす(広島市中区流川、創業1948年2月)
  • 上海総本店(広島市中区八丁掘、創業1950年代)
  • 竹の家(広島市南区宇品東1丁目コジマ電機斜め前、創業1951年、2011年2月現在も中華そば380円)
  • つばめ(広島市西区東観音町3-2、創業時広島市東区(屋台) 店舗開店1982年7月)
  • ななしや(広島市中区上八丁堀、創業1970年)
  • きよちゃん(広島市中区立町、創業1973年12月)
  • 陽気横川店(広島市西区横川新町、創業1976年10月、店主の姉は陽気2代目)
  • 一味(広島市中区千田町、創業1977年)
  • 中華蕎麦 八戒(広島県広島市西区三篠町3-23-1、創業1986年9月)
  • 寿楽亭(広島市中区十日市町、創業1987年4月)
  • 来頼亭五日市店(広島市佐伯区五日市駅前 、開店1996年4月)
  • 遊山(広島市安佐北区狩留家町、創業2000年7月)
  • 駅(広島市安佐南区祇園、創業2003年3月)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『広島ラーメンのチカラ』、新横浜ラーメン博物館 ラーメン知識学による
  2. ^ 『楽楽 広島・宮島・尾道・倉敷(2016年版)』 JTBパブリッシング2015年、54頁。ISBN 9784533107320
  3. ^ 『広島のおいしいラーメン下』、『広島ラーメンのチカラ』による。
  4. ^ 『広島のおいしいラーメン下』、『広島のおいしいラーメン下』、『広島ラーメンのチカラ』による

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『広島のおいしいラーメン上』、ザメディアジョン、2003年7月31日
  • 『広島のおいしいラーメン下』、ザメディアジョン、2003年7月31日
  • 『広島ラーメンのチカラ』ザメディアジョン、2010年2月25日

外部リンク[編集]