広島つけ麺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広島つけ麺の一例

広島つけ麺(ひろしまつけめん)あるいは広島風つけ麺(ひろしまふうつけめん)は、広島県、特に広島市周辺の飲食店で提供されるつけ麺の一種である。

概要[編集]

関東地方などで広く知られるつけ麺とはやや趣が異なり、中華麺チャーシューなどと共に、キャベツなどの茹で野菜やゆで卵が具材として添えられているのが特徴。つけだれもしょうゆベースのつけだれに唐辛子ラー油ごまなどの入った辛口(激辛)のたれが基本となっている。

1954年広島市で開店した「新華園」が発祥の店とされている。なお、「新華園」では「つけ麺」とは呼ばず、「冷麺」と呼んでいる。[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広島つけ麺専門店「冷めん家」” (日本語). 2016年11月7日閲覧。
  2. ^ 広島名物 激辛冷麺の元祖を食べにいった。ノックアウトされた! 河原町「新華園」” (日本語). やまけんの出張食い倒れ日記 (2004年3月24日). 2016年11月7日閲覧。

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、広島つけ麺に関するカテゴリがあります。