岩本素白

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩本 素白(いわもと そはく 、1883年8月17日 - 1961年10月2日)は、国文学者随筆家。本名は堅一(けんいち)。東京府麻布に生まれる、父竹次郎は旧丸亀藩士で海軍勤務であった。

東京専門学校(現:早稲田大学文学部国文科卒業。母校の麻布中学教諭(恩師は創立者の江原素六)を経て、昭和7年(1932年)より、早稲田大学文学部国文科講師(のち教授)で随筆文学講座を担当。

戦災で自宅蔵書を失い、信州に疎開した。昭和29年(1954年)に定年退職後は、麻布高校、跡見学園短期大学でも教えた。自宅書斎で執筆中に倒れ、約一ヶ月後に亡くなった。

義理堅く潔癖な性格のため、自身の著書公刊には積極的では無く、『素白全集 (全3巻)』も少部数しか刷られなかった(ゆえに揃いの古書値は高価)。近年になり著作や人となりが、識者に見直され新版再刊されている。

早稲田大学での同僚に、歌人窪田空穂がおり、主宰する歌誌『槻(つき)の木』に参加し、短歌や随筆を発表した。同じく歌人・東洋美術史学者の會津八一も友人であった。

著作・全集[編集]

  • 『山居俗情』(槻の木叢書:砂子屋書房、1938年)
  • 『日本文学の写実精神』(中央公論社、1943年)-表記は「日本文學の寫實精神」
  • 『素白集 随筆集』(東京出版、1947年)
  • 『素白随筆』(春秋社、1963年)-遺著
  • 『岩本素白全集』(春秋社、1974-75年)
    • 「第1巻 山居俗情、素白集」
    • 「第2巻 東海道品川宿、遺珠」
    • 「第3巻 日本文学の写実精神、文藝論叢、信濃詠草」

近年刊[編集]

評伝[編集]

  • 鶴ヶ谷真一 「素白点描」、『月光に書を読む』に収録、平凡社、2008年
  • 来嶋靖生 『岩本素白 人と作品』 河出書房新社、2014年。歌人・「槻の木」編集代表
    • 第1部、岩本素白の生涯。第2部、岩本素白をめぐる人々-素白はどう読まれてきたか

外部リンク[編集]