岡田恵美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡田 恵美子(おかだ えみこ、1932年3月29日 - )は、ペルシア文学者、東京外国語大学名誉教授。

東京生まれ。旧姓は中村。1955年東京学芸大学国語科卒、中学校の国語教師を務めた後、1963年に31歳でテヘラン大学に留学、1967年、同大学で日本人で初めて文学部博士課程修了、文学博士号を取得する。帰国後、フランス文学者岡田直次と結婚。1967年東京外国語大学講師、1982年助教授、同年『イラン人の心』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。1988年教授、のち中央大学客員教授を経て総合政策学部教授、退職後は日本イラン文化交流協会会長。

著書[編集]

  • 『ペルシア語基礎語彙集 ペルシャ語→日本語』泰流社、日本イラン協会編集、1976年
  • 『日本語ペルシア語基礎語彙集』泰流社、1977年(1993年新装版)
  • 『やさしいペルシア語・会話』泰流社、1978年
  • 『イラン人の心』日本放送出版協会 NHKブックス、1981年
  • 『ペルシアの神話 光と闇のたたかい』筑摩書房、1982年
  • 『隣りのイラン人』平凡社、1998年
  • 『CD版 ペルシャ語基本単語2000』語研、2007年 ISBN 978-4876155460
共著・編著
  • 『ペルシア文字の書き方・綴り方』泰流社、1977年
  • 『ロマネスク二人旅』岡田直次 筑摩書房、1984年
  • 『コンパクト・ペルシア語会話』I.パールシーネジャード 大学書林、1987年
  • 『イランを知るための65章』北原圭一・鈴木珠里 明石書店、2004年
  • 『イスラーム世界のことばと文化』佐藤次高共編著、成文堂、2008年

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 2001年度定年退職教員 岡田恵美子教授略歴ならびに著書目録「総合政策研究」2002-5