山本渓愚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本 章夫
人物情報
別名 通称:藤十郎、字:章夫、名:維慶、号:渓愚 別号:渓山、海紅亭、対竹斎
生誕 山本正九郎
文政10年1月9日1827年2月4日
京都油小路通五条上ル上金仏町
死没 明治36年(1903年10月27日
京都市下京区油小路通五条上ル上金仏町28番戸
腸内不利
国籍 日本の旗 日本
配偶者 大浦菊、小森氏
両親 山本亡羊、玲子
子供 山本規矩三
学問
時代 幕末明治
主要な作品 本草写生図譜
影響を
受けた人物
山本亡羊森徹山蒲生竹山
影響を
与えた人物
木島桜谷久邇宮邦彦王
テンプレートを表示

山本 章夫(やまもと あきお、文政10年1月9日1827年2月4日) - 明治36年(1903年10月27日)は幕末明治儒学者博物画家本草学者京都の本草学者山本亡羊の子。明治初年駅逓司、博覧会事務局等に関わったが、次兄山本秀夫没後、山本読書室を受け継ぎ、聚芳社を創立した。また、久邇宮家、本圀寺京都市美術学校等で漢学・道徳を教え、賛育学社で漢方存続運動を指導した。

生涯[編集]

修学[編集]

文政10年(1827年)1月9日京都油小路通五条上ル上金仏町に生まれた[1]。山本家の下、6歳で漢詩を始め、9歳で四書を暗誦し、12歳で四書五経に通じた[1]。15歳で森徹山蒲生竹山に絵画を学んだ[1]

西国各地へ採薬旅行に赴き、嘉永4年(1851年)には北越地方[2]文久2年(1862年)には周防国まで足を伸ばしている[3]

政府出仕[編集]

明治元年(1868年)3月太政官により内国事務局書記を命じられ、4月会計官駅逓司、5月駅逓司判事、次いで知事試補となるも、7月判事に戻り、9月判事頭取に就任した[4]。明治2年(1869年)2月8日聖上御車幸御用掛となり、3月7日明治天皇に従い東京に渡った[4]。5月19日駅逓司を辞職し、6月20日京都に帰った[5]

明治5年(1872年)3月博覧会事務局に出仕し、4月東京に戻り[5]ウィーン万国博覧会事務に携わり[6]、明治6年(1873年)11月辞職し、京都に帰った[5]

明治8年(1875年)10月京都博物館御用掛[6]、明治18年(1885年)3月京都博覧会特別品評部長を務めた[7]

本草会活動[編集]

文久元年(1861年)8月1日から海紅亭と号して物産会を行った[8]。明治7年(1874年)5月10日松原通不明門の大火で本家読書室が焼失すると、明治8年(1875年)2月新居を建て、明治9年(1876年)10月10日本草会を引継ぎ、以降毎月15日に開いた[5]

明治20年(1887年)11月聚芳社を創立し[9]、後に博物会と改称された[10]

教育活動[編集]

明治13年(1880年)1月23日久邇宮朝彦親王により彦宮(久邇宮邦彦王)侍講を任され、明治23年(1890年)3月成城学校入学まで書画、漢籍、経史を教えた[11]。その後多嘉王、女王7名、厳宮(賀陽宮邦憲王)、邦憲王妃に教えた[12]。また、明治17年(1884年)生まれた第四王女を命名した[7]

明治13年(1880年)4月から明治29年8月まで本圀寺教主の要請で僧侶に講義を行った[13]。明治14年(1881年)11月賛育学社都講となって漢方医学を教え[7]、明治27年(1894年)5月京都市美術学校講師、7月日本弘道会京都支部名誉講師も歴任した[13]

晩年[編集]

明治32年(1899年)1月杭州の考証学者兪曲園に自著「考訂孝経」「考訂大学」「考訂中庸」の三書を贈り、兪曲園から碩学の士と称えられた[14]。 明治32年(1899年)5月脳卒中で言語渋滞、半身不随となるも、12月平癒した[15]。明治35年(1902年)病のため久邇宮侍講を辞職した[16]。明治36年(1903年)8月頃腸内不利となり、10月26日悪化し、27日払暁死去し[15]紀伊郡深草村宝塔寺に葬られた[17]

著書[編集]

経学等

本草学

詩文

  • 対竹斎詩集[24]
  • 九思堂日記 嘉永2年(1849年) - 安政7年(1860年)[25]
  • 入越日記 嘉永4年(1851年)[22]
  • 記 嘉永6年[22]
  • 海紅亭日録 安政7年(1860年) - 明治15年(1882年)[26]
  • 西游日記 文久2年(1862年) - 明治2年(1869年)[27]
  • 東行日記 明治23年(1890年)[28]
  • 烈夫伝[29]
  • 渓愚随筆 天文地理[30]
  • 渓愚詩草 西遊集[31]

親族[編集]

  • 父:山本亡羊 - 本草学者。
  • 母:玲子 - 華頂宮臣青木如水二女[32]天明8年(1788年)12月13日生、享和2年(1802年)5月25日結婚、嘉永5年(1852年)2月18日没[33]
  • 前妻:菊 - 大浦中務娘[38]安政2年(1855年)5月結婚[3]文久3年(1863年)8月没[4]
    • 長男:条太郎 - 安政4年(1857年)3月生、6月没[3]
    • 次男:継二郎 - 安政5年(1858年)5月生、6月没[3]
    • 長女:石 - 万延元年(1860年)3月生、10月没[3]
  • 後妻:小森氏 - 明治3年(1870年)8月結婚[5]、明治22年(1889年)8月没[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 真下 1922, p. 1.
  2. ^ 真下 1922, p. 19.
  3. ^ a b c d e 真下 1922, p. 20.
  4. ^ a b c 真下 1922, p. 21.
  5. ^ a b c d e f g h 真下 1922, p. 22.
  6. ^ a b 真下 1922, p. 2.
  7. ^ a b c 真下 1922, p. 23.
  8. ^ 西尾市岩瀬文庫古典籍書誌データベース”. 西尾市岩瀬文庫. 2016年1月6日閲覧。
  9. ^ a b c 真下 1922, p. 24.
  10. ^ 真下 1922, p. 10.
  11. ^ 真下 1922, p. 3.
  12. ^ 真下 1922, p. 4.
  13. ^ a b 真下 1922, p. 9.
  14. ^ 松田 2019, p. 91.
  15. ^ a b 真下 1922, p. 26.
  16. ^ 真下 1922, p. 34.
  17. ^ a b 真下 1922, p. 14.
  18. ^ 考訂孝経』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  19. ^ 考訂中庸』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  20. ^ 論語補註 乾』 - 国立国会図書館デジタルコレクション『論語補註 坤』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  21. ^ 詩経新註 巻之上』 - 国立国会図書館デジタルコレクション『詩経新註 巻之中』 - 国立国会図書館デジタルコレクション『詩経新註 巻之下』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  22. ^ a b c 松田 2014, p. 167.
  23. ^ 松田 2014, p. 96.
  24. ^ 対竹斎詩集』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  25. ^ 松田 2014, p. 108.
  26. ^ 松田 2014, pp. 67, 69, 108.
  27. ^ 松田 2014, p. 109.
  28. ^ 松田 2014, p. 71.
  29. ^ 松田 2014, p. 143.
  30. ^ 松田 2014, p. 331.
  31. ^ 松田 2014, p. 106.
  32. ^ 中島 1909, p. 39.
  33. ^ 松田 2014, p. 243.
  34. ^ 中島 1909, p. 40.
  35. ^ 中島 1909, p. 43.
  36. ^ 中島 1909, p. 48.
  37. ^ 中島 1909, p. 49.
  38. ^ 松田 2014, p. 338.
  39. ^ a b 松田 2014, p. 317.

参考文献[編集]