小石川車両基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中野検車区小石川分室小石川CR工事所

小石川車両基地(こいしかわしゃりょうきち)は、東京都文京区小日向にある東京地下鉄(東京メトロ)の車両基地および車両工場の総称である。車両基地の中野検車区小石川分室(なかのけんしゃくこいしかわぶんしつ)、車両改修工場の車両工事所小石川CR(しゃりょうこうじしょ こいしかわ カーリニューアル<Car Renewal>)から構成される[1]。最寄り駅は丸ノ内線茗荷谷駅

概要[編集]

戦後に路線計画が修正決定された地下鉄第4号線(丸ノ内線)においては、1944年昭和19年)より帝都高速度交通営団(当時の営団地下鉄)が中野富士見町地区に同線用の車庫用地(現在の中野車両基地)を確保していた。

しかし、丸ノ内線の着工時に同区間への路線免許は下りず、同線は池袋方面から着工された。このため、山手線圏内に車両基地用地の確保を進めたところ、茗荷谷地区が適当な場所とされた[2][3] 。この付近は台地の谷間に位置し、丸ノ内線建設工事で発生した残土により、埋め立てながら同線の開業に間に合うよう建設・造成された[2]。盛土高さは4 m - 9 m にもなり、搬入した土砂は約 120,000 m3 に及ぶ[2]

しかし、最初の開業時には予定用地の16,300m2のうち[4]、約65%に当たる10,560m2しか確保できず[4]、開業時の30両を収容する仮の検車設備で一杯となる状態であった[4]。その後、用地買収が進行し、当初計画の必要な用地が確保され、工場設備の新築や仮の設備を本設する工事を行い、1955年(昭和30年)9月に60両分の車両基地が完成した[4]

ただし、『東京地下鉄道丸ノ内線建設史(上巻)』では最初の開業時の敷地は15,557m2を確保[5]、その後11,379m2の敷地を買収し[5]、総敷地面積は26,936m2に拡大したとされている[5]。1959年(昭和34年)3月末時点での敷地面積は20,026m2、構内の留置両数は84両[5]とされており、後の立体工場完成後の構内留置両数は140両になるとされている[5]

その後、丸ノ内線東京開業後は予想を大きく超える乗客数により、中野検車区開設までの車両数は大きく増加することが予想された。そして、同線の1959年(昭和34年)の新宿延伸時には車両数が140両にも達することになった。

このため、後楽園駅構内に留置線を設置し、さらに小石川地区の1万m2にも及ぶ用地買収を進め、敷地内の有効活用の観点から立体工場を建設することになった。拡張工事は1958年(昭和33年)7月から開始され、高架橋を築造して検車区や事務所を移転収容し、さらに移転後に立体工場を築造した[3]

この立体化工事は1962年(昭和37年)8月に完成し、車両基地全体に立体車庫化工事を施工した。これは工場設備を南側の谷部に設置し、その上部を北側の線路と同一レベルとして、工場設備の屋上部を留置線として活用する形態であり、収容数は約100両へと増加した。

このため、工場への入場車両は4階から入場後、クレーンにより9.8m下にある1階の作業場へ移動し、検査業務を行うという珍しい形態となった。

なお、小石川検車区(こいしかわけんしゃく)は、2011年(平成23年)4月に中野検車区に組織統合され、中野検車区小石川分室となった[1][6]

中野検車区小石川分室[編集]

主な業務は、丸ノ内線車両の列車検査と車輪転削・営業線担当である。

敷地面積:30,683m2 車両留置能力:102両(6両編成17本)

配置車両[編集]

なし(丸ノ内線で運用される02系電車は、すべて中野検車区に配置されている。)


中野検車区上野検車区で銀座線の所定検査周期の車両や2つ車両基地の収容能力不足の場合は当車両基地に臨時回送を赤坂見附を経由して行う。 又、丸ノ内線の試運転列車は、中野検車区~当検車区まで往復走行、片道走行を行う。

小石川CR[編集]

丸ノ内線銀座線の車両の更新修繕を行う工場である。

施工実績としては01系・02系車両の冷房装置取付け改造、CS-ATC取り付け改造工事の施工がある。また、小石川分場時代の1973年(昭和48年)には2000形・500形・900形の車両更新工事も請け負った。

2010年(平成22年)9月からは02系車両の大規模改修工事の施工を実施している(後述)。

担当車両[編集]

過去の担当、配置車両[編集]

歴史[編集]

発足 - 1971年(昭和46年)5月まで
  • 小石川車両工場として発足(当時は検車区も含む)し、丸ノ内線車両の全般・重要部検査を施工。中野工場発足後は本工場において、丸ノ内線車両330両中204両の全般・重要部検査を施工していた[7](残る126両は中野工場で施工[7]) 。
1971年5月 - 1989年(平成元年)4月
  • 小石川工場を中野工場に組織統合し、小石川分場へ名称変更した[7]。そして、銀座線・丸ノ内線全車両の重要部検査を施工することとなった[7](全般検査は中野工場で施工[7])。
1989年4月
  • 1989年4月、中野工場の近代化工事が完成し、銀座線・丸ノ内線車両の重要部・全般検査業務はすべて中野工場に集約した。
  • 小石川工場は銀座線・丸ノ内線車両の改造工事を行う工場となり、1991年(平成3年)12月には中野工場小石川CRと名称変更された。その後、2009年(平成21年)現在は車両工事所小石川CRへと名称変更されている。
改造工事
  • 1973年以降、丸ノ内線500・900形と銀座線2000形の車両更新工事を担当した。1973年以降更新車が基本編成の先頭車として連結されていたが、02系投入開始の1988年以降は後期更新車が編成の先頭に立つようになり、老朽化した300・400形の廃車置き換えで初期更新車がその号車に連結されるパターンが現れた。

02系大規模改修工事の施工[編集]

02系の大規模改修工事は2009年(平成21年)9月から中野工場で開始されているが、本来の改修工事施行場所である小石川CRは改修工事に対応するため、2010年2月頃より設備の改良工事が実施された[8]

これは小石川分場として使用されていた時期の機器はほとんどなく、改修工事にあたって主に周辺環境への配慮として改良が実施したものである。建屋内には防音工事が実施されたほか、

  • 気吹きブース(塵埃飛散防止・防音)、気吹集塵装置の新設
  • 1両ずつに分割した車両を載せる自走式の仮台車の設置
  • 工場内の入れ換え機を新製などが実施された。

改良工事完成後の2010年9月から02系B修改修工事車の入場が始まり、改修工事業務を開始した[8]

沿革[編集]

  • 1953年昭和28年)10月12日 - 小石川車両工場準備事務所発足[9]
  • 1953年(昭和28年)10月24日 - 丸ノ内線第1号車300形が搬入される[9]
  • 1954年(昭和29年)1月20日 - 小石川車両工場(当時は検車区も含む)が発足する[9]
  • 1955年(昭和30年)9月 - 拡張工事が完成し、30両収容から60両収容へと拡大した。(当初計画ではこれが最大であった)
  • 1958年(昭和33年)2月1日 - 組織変更により、小石川車両工場から小石川検車区小石川工場に分割する[9]
  • 1958年(昭和33年)7月 - 第2期拡張工事として立体工場設備の建設を開始する。
  • 1958年(昭和33年)10月30日 - 日本国内において2番目となる車輪転削盤が設置される[9]
  • 1962年(昭和37年)8月 - 小石川車庫立体工場が完成する[9]。収容数は約100両に増加した。
  • 1971年(昭和46年)5月10日 - 小石川工場は中野工場へ組織統合され、小石川分場となる[10]
  • 1988年(昭和63年)6月1日 - 月検査を中野検車区に移管[10]。これは、同日より月検査の検査周期が2ヶ月以内または走行距離 3万km以内から3ヶ月以内に延伸したためである[10]
  • 1989年平成元年)4月27日[11] - 小石川分場での検査業務を廃止し、定期検査は中野工場の施工となる[11]。小石川分場は改修工事を担当する工場とする[11]
  • 1991年(平成3年)12月 - 小石川分場を中野工場小石川CRと名称変更する。
  • 1992年(平成4年)4月 - 池袋にある昭和鉄道高等学校に営団685号を寄贈するため、当工場で塗装を実施。
  • 1993年(平成5年) - 営団初となる車両振動検出装置を導入。
  • 1999年(平成11年)11月 - 車両清掃を中野検車区に移管。
  • 2004年(平成16年)1月24日 - 丸ノ内線開業50周年を記念し、50周年記念号公開記念の構内イベントを開催。尚、充当車両は営団地下鉄02系第50編成(02-50F)。
  • 2010年(平成22年)3月27日 - 連動装置及び自動進路制御装置(通称PRC)の導入により、東京メトロのすべての車両基地でPRC導入を達成。
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 小石川検車区は中野検車区に組織統合され、中野検車区小石川分室となる[6]

新車搬入[編集]

小石川検車区では新車の搬入が以前行われていた。銀座線・丸ノ内線は他線との接続がないため、トレーラートラックで道路輸送で本検車区まで運ばれていた。搬入方法として、称名寺角より荒木坂を経て小石川工場表門に至る道路を通り撒入していた[12]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 東京地下鉄「東京メトロハンドブック2011」参照。
  2. ^ a b c 東京地下鉄道丸ノ内線建設史(下巻)、pp.23・47 - 48。
  3. ^ a b 帝都高速度交通営団「営団地下鉄五十年史」参照。
  4. ^ a b c d 営団地下鉄五十年史、pp.143 - 144。
  5. ^ a b c d e 東京地下鉄道丸ノ内線建設史(上巻)、pp.48・66・281。
  6. ^ a b ネコ・パブリッシング『公式パンフレットで見る東京地下鉄車両のあゆみ - 1000形から1000系まで』p.264。
  7. ^ a b c d e 帝都高速度交通営団『60年のあゆみ - 営団地下鉄車両2000両のあゆみ - 』pp.154 - 156。
  8. ^ a b 日本鉄道車両機械技術協会「R&m」2010年11月号メンテナンス「東京地下鉄 小石川CR(更新修繕場)の改良」参照。
  9. ^ a b c d e f 帝都高速度交通営団『60年のあゆみ - 営団地下鉄車両2000両のあゆみ - 』pp.214 - 216。
  10. ^ a b c 帝都高速度交通営団『60年のあゆみ - 営団地下鉄車両2000両のあゆみ - 』p.225。
  11. ^ a b c ネコ・パブリッシング『公式パンフレットで見る東京地下鉄車両のあゆみ - 1000形から1000系まで」p.259。
  12. ^ 丸ノ内線建設史 下巻 1960, p. 170.

参考文献[編集]

関連項目[編集]