小林忠夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 忠夫(こばやし ただお、1947年 - 1998年)は、日本の造園家ランドスケープアーキテクト竹中工務店設計部で活動し、数多くの作品を残した。

略歴[編集]

代表作[編集]

寄稿[編集]

  • 緑‐人間・建築・都市とのふれあい シーホークホテル&リゾート 楽園としてのアトリウム・ジャングル(『公共建築』1996年7月号巻38号:ISSN 0386-2232)
  • パラダイム・シフトへの道標 第9回建築環境デザインコンペティション 建築と設備のトータルな調和を求めて 最優秀賞受賞「FARM+STATION」(『ゆか』1997年1月号40号)

参考[編集]

  • ランドスケープデザインとそのディテール、竹中工務店設計部 編著、彰国社 ISBN:4-395-00704-X. 2001年