二階堂 (鎌倉市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二階堂(にかいどう)は神奈川県鎌倉市鎌倉地域にある大字

地名の由来は、源頼朝奥州合戦後の凱旋の際、中尊寺大長寿院の二階堂を模して、当初に永福寺(二階堂)を建立したことに由来する。建久3年(1192年)11月25日に本堂が完成し、落慶供養が行われた(永福寺は応永12年(1405年)の後に廃絶)。

戦国時代には小坂郡二階堂郷となされ、豊臣秀吉小田原征伐の際に当地を掌握しようとしていたことが、「豊臣秀吉禁制」の宛書に記されていることからわかる。

江戸時代に入り正保国絵図元禄内国改定図では「二階堂村」一村として記されているが、いつの頃からか西御門浄明寺十二所が同じ大倉の谷に存在するとして「谷合(やつあい)四ケ村」と称された。

明治22年(1889年)の市町村制により東鎌倉村の大字、明治27年(1894年)に鎌倉町昭和14年(1939年)から鎌倉市の大字となって現在に至る。小名として四ツ石小路、東御門、杉ケ谷、西ケ谷、亀ケ渕、向荏柄、稲葉越、熊野谷、杉本小路などの地名が残る。

寺社・旧跡[編集]

著名な住民[編集]

参考文献[編集]

  • 奥富敬之 『鎌倉史跡事典』 新人物往来社 1999
  • 三浦勝男編 『鎌倉の地名由来辞典』 東京堂出版 2005

脚注[編集]

[ヘルプ]