小川満鈴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おがわ みな
小川 満鈴
プロフィール
愛称 おがわん、まんりんちゃん
生年月日 1993年3月3日
現年齢 28歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 AB
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 162 cm / 46 kg
BMI 17.5
スリーサイズ 80 - 56 - 84 cm
活動
ジャンル 子役 モデル タレント
モデル: テンプレート - カテゴリ

小川 満鈴(おがわ みな、1993年[2]3月3日[3] - )は、日本の元子役、元ジュニアアイドル、元タレント著作家東京都出身で、血液型はAB型

来歴・人物[編集]

  • 赤ん坊の頃から5歳頃まで子役やキッズモデルをしていたが、両親の離婚を機に一度引退。9歳の時にスカウトされ10歳でジュニアモデルとして芸能界に復帰する[4]
  • ツイッターでチャイドル界の問題点を指摘したことがあり、ニュースとして取り上げられた[5]
  • 2014年、自身のツイッターで婚約を発表[6]
  • 日本のカジノ法について、「日本って本当にへんな国。」と発言をしている[7]
  • 美少女戦士セーラームーンに3000万!元アイドルのコレクションが凄い!と話題になる。[1]
  • 芸能界を引退後、ゴシップなどを辛口で書いているブログが度々話題となりフリーランスのライターになる。
  • 2020年9月5日、アメブロでは自分の思ったことが書けなくなったことをきっかけにワードプレスブログにて「小川満鈴のホンネBLOG.」を開設したことを発表した。
  • Instagramでは「おがわん」の愛称で自分の趣味や知識の多くは80年代90年代など昭和レトロなものだと頻繁に更新している。
  • 3000万円以上費やしたと語るセーラームーングッズや昭和レトロなおもちゃの連載を、misono・元モーニング娘の小川麻琴・黒田勇樹らと一緒にはじめ注目を集める。

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビバラエティ[編集]

テレビコマーシャル[編集]

  • 「ムーニーマン」
  • 「ビオレU」
  • 「ケンタッキー」
  • 「写ルンです」
  • 「スタミナハンディカム」
  • 「松本引越センター」
  • 「ファーストママ」
  • 「スーパーせんせい」
  • 「イオン(歳末)」
  • 「理研ビタミン」
  • 「サトウの切り餅」
  • 「ねるねるねるね」
  • 「サッポロポテト」
  • カルちゃんランドセル
  • 「ローソン」
  • 「ブルボンプリッツ」

映画[編集]

  • 「夢魔」
  • 「エンジェルダスト」

雑誌[編集]

DVD[編集]

写真集[編集]

携帯サイト・WEB[編集]

  • 「美少女ひとりぢめ」
  • 「美少女トリセツ」
  • 「ミート・ザ・ガール」
  • 「会田我路オフィシャルダウンロードサイト」
  • 「いもうと学園パラダイス」
  • 「プラチナメロディ」アキバ萌組
  • 「ジュニアアイドルドットコム」カバーガール特集
  • 「いもうとPLUS」
  • 「Passion Fruits」
  • 「制服ピュア美少女」
  • 「Girlz HIGH!」SIDE-B 放課後の制服美少女
  • 「LOVEPOP」
  • 「BMT釣りガール」
  • 「探偵ファイル」
  • 「芸能探偵」
  • 「abematv」

連載コラム[編集]

  • 「しらべぇ」
  • 「STARTT」
  • 「Suits WOMAN」 
  • 「インサイド」 
  • 「numan」 
  • 「リアルライブ」 
  • 「笑うメディアクレイジー」 

新聞[編集]

  • 「山口達也への「同情」発言止まらず 今度は元子役がブログで「業界的推察」載せ炎上」(J-CASTニュース
  • 「美少女戦士セーラームーンに3000万!元アイドルのコレクションが凄い!」(ガジェット通信
  • 「もう家に収まらない! 日本一のセーラームーングッズコレクター・小川満鈴の“美少女戦士への愛”に溺れる人生」(女の転職type
  • 「元子役・小川満鈴さん「パチンコの経営者は韓国人が多く日本は食い物にされている」」(Share News Japan)
  • 「アイドル図鑑」(夕刊フジ
  • 元子役・小川満鈴が一般男性と婚約 年明けにも入籍「幸せいっぱい」(スポニチアネックス
  • 「ほとんどは出世を望めない」 元ジュニアアイドルが明かした“ジュニアアイドル界の闇(おたぽる
  • 「子どもへの性暴力」 (朝日新聞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]