小山田春樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小山田 春樹
おやまだ はるき
生年月日 (1953-04-04) 1953年4月4日(68歳)
出生地 日本の旗 神奈川県逗子市
出身校 立教大学法学部法学科卒業
前職 フリーアナウンサー
所属政党立憲民主党→)
無所属→)
京都党
称号 法学士
公式サイト 小山田春樹公式ホームページ

選挙区 右京区選挙区
当選回数 1回
在任期間 2019年4月30日 - 現職
テンプレートを表示
おやまだ はるき
小山田 春樹
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 神奈川県逗子市
生年月日 (1953-04-04) 1953年4月4日(68歳)
最終学歴 立教大学法学部法学科卒業
所属事務所 スモールフェイス
職歴 日本テレビアナウンサー
同局政治部記者
活動期間 1977年 -
ジャンル 情報・バラエティ・スポーツ中継
公式サイト 小山田春樹公式ホームページ
出演番組・活動
出演経歴 金曜10時!うわさのチャンネル!!
おはようナイスディ、他

小山田 春樹(おやまだ はるき、1953年〈昭和28年〉4月4日 - )は、日本の政治家フリーアナウンサー京都市会議員(1期)、地域政党京都党総務会長。元日本テレビアナウンサー、報道記者。神奈川県逗子市出身。

経歴[編集]

日本テレビアナウンサーとして[編集]

1953年、神奈川県逗子市に生まれる。東京教育大学附属駒場中学校・高等学校卒業。立教大学法学部法学科卒業。1977年、日本テレビに入社。アナウンサーとして主にニュース、プロ野球リポーターを担当し、「金曜10時!うわさのチャンネル!!」では、徳光和夫が『ズームイン!!朝!』キャスターになり降板したことに伴い、後任としてニュース風のコントコーナー「ザ・ニュースコミック!」を担当していた[1]。その後、報道局報道部に異動し、報道記者として自治省文部省自民党などを担当した[2]

フリーアナウンサーとして[編集]

1986年、同社を退職して、フリーアナウンサーとなる。情報番組のリポーター、キャスターを務めた他、JR東海中央信託銀行のテレビCMにも出演している。2006年から、エッセイなどの執筆活動を始める。2009年7月から、テレビショッピング番組「痛快!買い物ランド」に、商品を紹介・リポートする役で出演。

政治家として[編集]

2016年(平成28年)には報道の自由、放送メディアの問題点についての講演活動を全国的に展開。報道の自由、国民の知る権利を守るためには政治を変えることが必要であるとして、国政改革の政治活動を開始。2017年京都市政改革の活動を無所属で始める。地域主権の確立、行財政改革の推進、地域経済活性化、双京構想推進を基本理念としており、京都市独自の給付型奨学金制度の実現などの政策を打ち出している。

政治思想的には「基本的に保守の改革派、保守のハト派である」としており、京都市政、京都府政については「是々非々」の立場を表明している。2018年9月10日の立憲民主党常任幹事会で京都市会議員選挙(右京区選挙区)公認が決定し、立憲民主党右京区市政対策委員に就任した。2019年4月7日投票の京都市会議員選挙(右京区選挙区)に立候補し初当選した[3]

議員当選後は、民主・市民フォーラム(国民民主党と立憲民主党の統一会派)に所属していた[4]。常任委員会は、市議1年目は文化環境委員会に所属。市議選以前も以後も連合京都の推薦は受けていないなど、旧民主党系議員とは一線を画して行政改革志向が強い議員として活動していた。市会の質疑では、費用対効果の高い支出でなければ認められないと追及するなど、京都党との親和性が強い存在となっていた。その後、2020年(令和2年)2月2日投開票の京都市長選挙を巡る対立から2019年(令和元年)11月21日に所属会派である民主・市民フォーラムを退会し、立憲民主党に離党届けを提出する[4]。元京都党代表で京都市長選挙候補者の村山祥栄前市議の支持を表明して無所属として活動し、翌年1月24日には京都党市議会議員団に会派入りする[4]。3月5日には立憲民主党が離党届を受理したのを受けて、京都党に入党した。市議2年目は、まちづくり委員会副委員長に就任した。また2020年(令和2年)8月に行われた党の役員人事では総務会長に就任した[5]。市議3年目は、産業交通水道委員会に所属して活動している。

人物[編集]

主な出演番組[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【金曜10時!うわさのチャンネル!!】和田アキ子とタモリが初共演!ザ・デストロイヤー、せんだみつおらの掛け合いも大人気でした‼”. ミドルエッジ (2019年3月8日). 2019年5月1日閲覧。
  2. ^ 小山田春樹 [@harukioyamada] (2020年5月18日). "はい、私は日本テレビアナウンサー時代にプロ野球を担当しておりました。..." (ツイート). Twitterより2021年4月3日閲覧
  3. ^ 京都市議選右京区”. NHK (2019年4月8日). 2019年5月1日閲覧。
  4. ^ a b c 小山田京都市議、京都党会派入り /京都”. 毎日新聞 (2020年1月28日). 2021年4月3日閲覧。
  5. ^ 「地域政党 京都党」代表および役員決定のお知らせ 【京都党Offical Web】 - 地域政党京都党” (日本語). 京都党. 2021年1月20日閲覧。

外部リンク[編集]