寿岳潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

寿岳 潤(じゅがく じゅん、1927年9月19日 - 2011年9月14日)は、日本天文学者東京大学名誉教授。

人物[編集]

京都府出身。国際天文学連合第51分科会(生物天文学)の副委員長を務め、日本における地球外知的生命体探査の第一人者として知られる。

父は英文学者書誌学者寿岳文章、母は翻訳家評論家小説家寿岳しづ、姉は国語学者随筆家社会運動家寿岳章子[1][2]1933年、一家で京都府向日市に転居し少年期を過ごした[3]

略歴[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 寿岳しづ『出身県別 現代人物事典 西日本版』p904 サン・データ・システム 1980年
  2. ^ 故寿岳章子さんを語る”. 新聞あかはた (2005年). 2022年7月9日閲覧。
  3. ^ 向日で築いた「知の世界」 市資料館で寿岳文章回顧展 日記やバイニング夫人書簡 /京都”. 毎日新聞 (2021年3月8日). 2022年7月9日閲覧。
  4. ^ 博士論文書誌データベース