寿岳文章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

寿岳 文章(じゅがく ぶんしょう、1900年3月28日 - 1992年1月16日)は、英文学者随筆家書誌和紙研究家。民芸運動家。妻は寿岳しづ、娘は寿岳章子、息子は寿岳潤

略歴[編集]

兵庫県明石郡押部谷村(現・神戸市西区)生まれ。家は鈴木家で父は寺の住職。規矩王麻呂と名づけられる。姉の婚家である寺の養子となり、得度して寿岳文章となる。1919年東寺中学校卒業、関西学院高等学部英文科入学、失明学生の岩橋武夫を知り、その妹静子を知る。1923年、卒業し静子と結婚(寿岳しづ)。1924年京都帝国大学文学部文学科選科入学[1]1927年、修了。在学中、新村出柳宗悦と親交を結び、河上肇に私淑する。1928年龍谷大学予科の英語講師[2]ウィリアム・ブレイクの書誌を刊行する。1932年、関西学院講師[3]。昭和初期には柳宗悦の民芸運動に参加した。全国の紙郷行脚を行い、文献資料と紙漉きの現場を結びつけて、幅広い視野で和紙史の展開を研究。和紙研究の第一人者的地位にあり和紙関係の著作も多い。『和紙風土記』のほか専門誌『和紙研究』には重厚な論考を数多く発表した。

1933年、一家で京都府向日市に居を移す[4]。 そこで1935年までの3年間、私家版でブレイクの詩の翻訳を刊行。1937年、新村出の主導で結成された和紙研究会のメンバーとなり、杉原紙の発祥地が、播磨国杉原谷であることなどを実証した。1943年(昭和18年)『紙漉村旅日記』(私家版)を刊行、和紙研究に対する深い熱意をこめたものとして評価された。

1951年“A bibliographical study of W. Blake's note-book”により文学博士学位を授与される[5]1952年甲南大学教授。1960年(昭和35年)から3年間、正倉院の古紙調査で主導的役割を果たした。1967年(昭和42年)和紙の体系的な通史をまとめて『日本の紙』を出版。今日でも和紙研究の基本テキストとされる。1969年甲南大学を辞する。1977年、ダンテ神曲』の完訳で読売文学賞受賞。1988年、日本翻訳文化賞受賞、1990年、これまでの業績に対し、物集索引賞特別賞受賞。

1992年、肺浮腫のため死去[6]

著書[編集]

  • 書誌学とは何か ぐろりあそさえて, 1930
  • ブレイク論集 柳宗悦, 1931
  • 書物の道 書物展望社, 1934
  • 研究社英米文学語学講座 新聞雑誌及出版事業 研究社, 1941
  • 和紙風土記 河原書店, 1941
  • 紙漉村旅日記 寿岳静子共著 明治書房, 1944 のち講談社文芸文庫
  • 日本の紙 大八洲出版, 1946 のち講談社文芸文庫
  • 平日抄 靖文社, 1947
  • 滴る雫 河原書店, 1947
  • 平日抄 靖文社, 1947
  • 紙障子 靖文社, 1947
  • 河上肇博士のこと 弘文堂書房, 1948
  • 書物の世界 朝日新聞社, 1949
  • この英国人 ウィリヤム・コベットの場合 弘文堂, 1949
  • 本と英文学 研究社出版, 1957
  • 英文学の風土 大修館書店, 1961
  • 本の話 白凰社, 1964
  • 樫と菩提樹 寿岳しづ共著 白凰社, 1966
  • 寿岳文章・しづ著作集 全6巻 春秋社, 1970
  • 自然・文学・人間 W・H・ハドソンの出発 新日本出版社, 1973
  • 和紙落葉抄 湯川書房, 1976
  • わが日わが歩み 文学を中軸として 荒竹出版, 1977
  • 書物とともに 冨山房, 1980 (冨山房百科文庫)
  • 柳宗悦と共に 集英社, 1980
  • 図説本の歴史 日本エディタースクール出版部, 1982
  • 本の正坐 独語と対談 芸艸堂, 1986
  • 書物の共和国 春秋社, 1986
  • 寿岳文章仙人掌帖 芸艸堂, 1991
  • モリス論集 沖積舎, 1993

編著・共著(しづ以外)[編集]

  • ヰルヤム・ブレイク書誌 ぐろりあそさえて, 1929
  • 時に聴く 反骨対談 住井すゑ 人文書院, 1989
  • 父と娘の歳月 寿岳章子 人文書院, 1989

翻訳[編集]

  • 晩年のトルストイ チェルトコフ 岩波書店, 1926
  • ブレイク抒情詩抄 岩波文庫, 1931
  • トルストイ 一つの心理批判的研究 ヤンコ・ラヴリン 三笠書房, 1941
  • セルボーン博物誌 ギルバト・ホワイト 岩波文庫, 1949
  • 不滅の日本芸術 ラングドン・ウォーナァ 朝日新聞社, 1954
  • カトリシズム マーティン・ダーシィ 弘文堂, 1954
  • 推古彫刻 ラングドン・ウォーナー,ロレーヌ・ド・ウォーナー みすず書房, 1958
  • コミュニケーションの歴史 L.ホグベン 岩波書店, 1958 のち『洞窟絵画から連載漫画へ』と改題して文庫
  • 神曲 ダンテ・アリギエリ 集英社, 1974-76 のち文庫
  • 無染の歌・無明の歌 向日庵私版 ウィリアム・ブレイク 集英社, 1990

作詞[編集]

家族[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『京都帝国大学一覧 昭和3年7月現在』京都帝国大学、1925年2月10日、424頁。NDLJP:940188/219 
  2. ^ 龍谷大学 編 『龍谷大学一覧 自大正13年至大正14年』龍谷大学、1928年8月15日、51頁。NDLJP:1452917/31 
  3. ^ 『関西学院一覧 昭和10年3月』関西学院大学、1935年3月21日、51頁。NDLJP:1464339/49 
  4. ^ 向日で築いた「知の世界」 市資料館で寿岳文章回顧展 日記やバイニング夫人書簡 /京都”. 毎日新聞 (2021年3月8日). 2022年7月9日閲覧。
  5. ^ 京都大学事務局庶務課調査掛 編 『京都大学学位録 自大正10年至昭和26年』京都大学、1952年9月5日、175頁。NDLJP:9542411/95 
  6. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)14頁

外部リンク[編集]