対馬市立厳原小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
対馬市立厳原小学校
Izuhara Elementary School, Tsushima City.jpg
過去の名称 第五大学区第四中学区厳原小学校
公立中等厳原小学校
公立上等厳原小学校
尋常厳原小学校・第二十番高等小学校
厳原尋常小学校・厳原高等小学校
厳原尋常高等小学校・厳原女児尋常高等小学校
厳原第一尋常高等小学校・厳原第二尋常高等小学校
厳原尋常高等小学校
厳原国民学校
厳原町立厳原小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 対馬市
設立年月日 1874年(明治7年)6月1日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 817-0014
長崎県対馬市厳原町天道茂446番地
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

対馬市立厳原小学校(つしましりつ いづはらしょうがっこう, Tsushima City Izuhara Elementary School)は長崎県対馬市厳原町天道茂にある公立小学校。略称は「厳小」(げんしょう)。

概要[編集]

歴史
1874年明治7年)に開校した「第五大学区第四中学区厳原小学校」を前身とする。2009年(平成21年)に創立135周年を迎えた。
校歌
作詞は宗武志、作曲は西本祥子による。
校区
住所表記で対馬市厳原町の後に「阿須、桟原、宮谷、日吉、天道茂、中村、田渕、今屋敷、大手橋、国分、久田道、久田道西里」が続く地域。中学校区は対馬市立厳原中学校[1]

沿革[編集]

開校前
  • 貞享年間 - 府中宮谷(現・小学橋北)に小学校を設立。
  • 慶応年間 - 長寿院に移転。厳原藩学校を設立。
  • 1871年(明治4年)- 廃藩置県により、厳原藩学校を厳原県学校に改称。
  • 1873年(明治6年)
    • 2月 - 厳原県学校を廃止。
    • 5月 - 厳原義塾を設立。
開校後
  • 1874年(明治7年)6月1日 - 厳原義塾を廃止し、日吉に「第五大学区長崎県管内第四中学区厳原小学校」を開校。
  • 1875年(明治8年)- 久田道、国分、大手橋、金石、田渕、中村、天道茂、桟原に分校を設置。
  • 1876年(明治9年)1月 - 女児のみを授業する厳原女学校が厳原小学校から分離。
  • 1880年(明治13年)- 長崎県厳原中学校(旧制)が日吉に開校。
  • 1881年(明治14年)- 厳原女学校を厳原女児学校と改称。
  • 1882年(明治15年)1月 - 厳原女児学校を厳原女児小学校と改称。
  • 1883年(明治16年)10月 - 厳原小学校と厳原女児小学校を統合。
  • 1884年(明治17年)
    • 1月 - 「公立中等厳原小学校」に改称。
    • 3月 - 長崎県厳原中学校(旧制)が廃止され、長崎県長崎中学校に統合される。
  • 1885年(明治18年)
    • この年 - 「公立上等厳原小学校」に改称。
    • 11月 - 高等科を併置。児童36名が高等科に入学。
  • 1886年(明治19年)9月1日
    • 同年5月に出された勅令第14号小学校令の公布により、公立上等厳原小学校から「尋常厳原小学校」を分離。
    • 公立上等厳原小学校を「長崎県第二十番高等小学校」とする。
  • 1887年(明治20年)11月 - 対馬島民の募金により、第二十番高等小学校の新築校舎が完成。
  • 1888年(明治21年)
    • 9月24日 - 第二十番高等小学校の寄宿舎を設置。
    • 10月17日 - 第二十番高等小学校父兄会を初めて開催。
  • 1890年(明治23年)6月13日 - 有栖川宮熾仁親王が来校。
  • 1891年(明治24年)1月28日 - 教育勅語を下附。
  • 1893年(明治26年)
    • 4月1日 - 第二十高等小学校を廃止し、厳原高等小学校を設置。厳原尋常小学校・厳原高等小学校から女子部を分離。
    • 4月5日 - 高等小学校の修業年限を4年とする。
    • 4月10日 - 私立金城黌[2]教員の宮井虎三郎に高等小学校の英語教授を委託。
  • 1896年(明治29年)5月4日 - 高等小学校、初めて本土への修学旅行を実施。竹敷要港部第三震天号に乗船し、長崎市・佐世保市へ向かう。8日間の旅。
  • 1897年(明治30年)6月26日 - 臨時水産講習所を併置。
  • 1899年(明治32年)12月27日 - 長崎県有志教育会対馬部事務所を設置。初めて長崎県教育会との連携を図る。
  • 1892年(明治35年)4月1日 - 高等小学校の経費を厳原町で負担するようになる。
  • 1894年(明治37年)4月6日 - 高等小学校に師範学校丙種講習科を開設。
  • 1898年(明治41年)4月 - 尋常小学校を厳原町中村633番地(現:対馬南警察署敷地)に移転。
  • 1899年(明治42年)4月1日 - 小学校令の改正に伴い、尋常小学校の修業年限が6年、高等小学校の修業年限が2年となる。
  • 1913年大正2年)
    • この年 - 女児部を厳原女児尋常高等小学校とする。
    • 9月25日 - 厳原高等小学校を廃止。尋常小学校に高等科を併置し、「厳原尋常高等小学校」と改称。
  • 1915年(大正4年)4月13日 - 小浦尋常小学校を廃止し、厳原尋常高等小学校小浦分教場とする。
  • 1917年(大正6年)9月1日 - 小浦分教場が小浦尋常高等小学校として独立。
  • 1920年(大正9年)7月20日 - 対馬島庁告示第9号により、以下の小学校の改称を行う。
    • (旧)厳原尋常高等小学校 ---(新)「厳原第一尋常高等小学校」(男児校)
    • (旧)厳原女児尋常高等小学校 --- (新)「厳原第二尋常高等小学校」(女児校)
    • (旧)小浦尋常高等小学校 --- (新)「厳原第二尋常高等小学校小浦分教場」
  • 1925年(大正14年)4月1日 - 厳原第一尋常高等小学校と厳原第二尋常高等小学校を統合し、「厳原尋常高等小学校」とする。
  • 1926年(大正15年)4月1日 - 厳原町中村606(現:JA対馬厳原支店周辺)に東校舎が完成し、東西2校舎に児童を収容。
  • 1941年昭和16年)4月1日 - 国民学校令により、「厳原国民学校」に改称。
  • 1943年(昭和18年)4月 - 小浦分教場を廃止。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)
    • 旧・国民学校の初等科が改組され、「厳原町立厳原小学校」となる。
    • 旧・国民学校の高等科が改組され、厳原町立厳原中学校新制中学校)となり、当初小学校に併設。
  • 1950年(昭和25年)5月31日 - 西校舎に長崎県立対馬高等学校定時制厳原分校が併置される。
  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 定時制厳原分校が定時制中心校と改称し、厳原小学校仮校舎から対馬高等学校内に移転。
  • 1948年(昭和23年)10月 - 初めて学校事務官を配置。
  • 1949年(昭和24年)4月1日 - 小浦分校を設置。第2学年までの児童を教育。それ以上は厳原小学校本校へ通学。
  • 1959年(昭和34年)- 理科標本天然記念物キタタキを厳原郷土館に保管を委託。
  • 1960年(昭和35年)6月 - RKB毎日放送平田潔により、テレビ1台が寄付される。
  • 1962年(昭和37年)2月26日 - 新校舎敷地を天道茂446番地薬研坂(現在地)に決定し、自衛隊作業班が整地を開始。
  • 1963年(昭和38年)
    • 1月8日 - 校歌を制定。
    • 7月26日 - 薬研坂に2階建て校舎が完成。
    • 9月1日 - 第6学年2学級と第1学年4学級を新校舎に収容し、授業を開始。
    • 9月14日 - ミルク給食を開始。
  • 1965年(昭和40年)5月4日 - 新校舎建設がすすみ、全児童を新校舎に収容。移転完了。
  • 1966年(昭和41年)
    • 6月1日 - 全校舎が完成。
    • 7月1日 - 厳原小学校敷地内に厳原町学校給食共同調理場が完成。
    • 7月6日 - 完全給食を実施。
  • 1968年(昭和43年)11月1日 - 学校電話を設置。
  • 1970年(昭和45年)12月7日 - 体育館が完成。
  • 1971年(昭和46年)4月30日 - 交通安全教育のため、北運動場に交通公園を設置。
  • 1972年(昭和47年)3月 - 運動場を拡張。
  • 1981年(昭和57年)4月1日 - 小浦分校が分離・独立し、厳原町立北小学校が開校。
  • 2004年平成16年)3月1日 - 市町村合併に伴い、「対馬市立厳原小学校」(現校名)に改称。

著名な出身者[編集]

アクセス[編集]

最寄りの港
最寄りのバス停
最寄りの国道・県道

周辺[編集]

学校・文化施設
官公署
金融機関・郵便局
病院
  • 吉田内科医院
寺社
  • 大歳神社
  • 長寿院
  • 宝泉寺
  • 天澤寺
  • 醴泉寺

脚注[編集]

  1. ^ 対馬市立小・中学校の通学区域の設定に関する規則 - 対馬市ウェブサイト
  2. ^ 黌(読みは「こう」)は「学校」という意味。
[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 「厳原町教育史」(1972年(昭和47年)3月25日 厳原町教育委員会)
  • 「厳原町史」(1997年(平成9年)3月31日発行 厳原町)

関連項目[編集]