安居喜造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安居 喜造(やすい きぞう、1899年12月2日 - 1983年9月30日)は、日本の実業家東レ会長、経団連副会長、日本化学繊維協会会長等を務めた。また日本国有鉄道監査委員会委員長を務め、国鉄再建のため尽力した。1979年勲一等瑞宝章受章。[1]

人物[編集]

滋賀県彦根市出身。姉・絹は、赤坂町 (岐阜県)の旧家・矢橋家(矢橋敬吉[2]の実子・次郎[3])に嫁ぐ[4][5][6]。旧制滋賀第一中学(のちの滋賀県立彦根東高等学校)を経て、1926年旧制東京商科大学(のちの一橋大学)を卒業し、三井銀行入行。大学では大塚金之助ゼミナールに所属[7][8]

三井銀行で常務、専務を経て、1959年副社長就任[9]

1961年三井石油化学工業(のちの三井化学)社長就任、1962年三井ポリケミカル(のちの三井・デュポン ポリケミカル)社長兼任。

1963年東洋レーヨン(のちの東レ)副社長就任、1971年東レ会長[10] [11]、1977年同談役。

この間経済団体連合会副会長、日本経営者団体連盟常任理事、経済同友会幹事、日本化学繊維協会会長、東京12チャンネル(現・テレビ東京)取締役、日本国際貿易促進協会顧問[12]通商産業省産業構造審議会委員、繊維工業審議会委員、文部省国語審議会委員なども務めた。

1974年国鉄監査委員会委員長就任、1980年再任。日本国有鉄道の再建のために尽力した[13]

1979年勲一等瑞宝章受章。

1983年肺炎のため死去、享年83[14]

大蔵省事務次官・元国鉄総裁高木文雄が安居の葬儀委員長[15]

脚注[編集]

  1. ^ “Kizo Yasui” (英語). Wikipedia. (2018年8月13日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Kizo_Yasui&oldid=854786152. 
  2. ^ 神戸大学 電子図書館システム --一次情報表示-- (時事新報社第三回調査全国資産家(岐阜県参照))”. www.lib.kobe-u.ac.jp. 2017年4月26日閲覧。
  3. ^ (株)十六銀行『十六銀行百年史』(1978.03) | 渋沢社史データベース 年表37頁(/79頁)(1943年7月20日監査役就任の件)” (日本語). shashi.shibusawa.or.jp. 2017年10月17日閲覧。
  4. ^ [1]『安居喜造回想録』333, 334, 399-411頁
  5. ^ [2]
  6. ^ [3]
  7. ^ 1991/11/10, 日本経済新聞
  8. ^ 「大塚先生とお別れする会」のご案内
  9. ^ 安居喜造 (コトバンク)”. kotobank.jp. 2018年9月19日閲覧。
  10. ^ Kizo Yasui : The New York Times (1974)”. nytimes.com. 2018年9月28日閲覧。
  11. ^ [4]
  12. ^ 1976/03/25, 日本経済新聞
  13. ^ 1980/10/01, 日本経済新聞
  14. ^ 1983/10/03, 日経産業新聞
  15. ^ 安居喜造回想録. pp. 333, 334, 399-411. https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/detail/R300000001-I023390522-00.