妙顕寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
妙顕寺
Myoken-ji Temple140516NI5.JPG
本堂
所在地 京都府京都市上京区寺之内通新町西入妙顕寺前町514
位置 北緯35度2分4.3秒 東経135度45分16.8秒 / 北緯35.034528度 東経135.754667度 / 35.034528; 135.754667座標: 北緯35度2分4.3秒 東経135度45分16.8秒 / 北緯35.034528度 東経135.754667度 / 35.034528; 135.754667
山号 具足山
院号 龍華院
宗派 日蓮宗
寺格 大本山
本尊 三宝尊
創建年 元亨3年(1321年)
開山 日像
開基 後醍醐天皇
正式名 具足山龍華院妙顕寺
札所等 洛中法華21ヶ寺
文化財 妙顕寺文書(重要文化財)ほか
地図
妙顕寺の位置(京都市内)
妙顕寺
法人番号 9130005002144
テンプレートを表示
妙顕寺城の跡。豊臣秀吉が建てた。京都市中京区押小路通小川西入る

妙顕寺(みょうけんじ)は、京都府京都市上京区にある、日蓮宗大本山。山号は具足山。塔頭が九院ある(久本院、十乘院、泉妙院、法音院、恩命院、善行院、本妙院、實成院、敎法院)。

概要[編集]

日蓮の遺命を受け、京都布教中の日像後醍醐天皇より寺領を賜り、妙顕寺を建立した。京都における法華宗の根本をなす寺院となった。その後、備前法華の祖と仰がれる大覚を輩出し、法華宗の発展に大きく寄与することとなった。

「四海唱導」「四条門流」と呼ばれる。妙顕寺、妙覚寺立本寺の三寺で「龍華の三具足(りゅうげのみつぐそく)」と呼ばれている。

現住は67世三田村日正貫首(本山本土寺より晋山、奠師法縁)。

歴史[編集]

日像は、元亨元年(1321年)、今小路(現京都市上京区大宮通上長者町)に妙顕寺を建立した。なお、師の日朗から日像あての書状には「綾小路大宮の御坊」とあり、元亨以前に綾小路大宮(現下京区)に布教の拠点があったとみられる。建武元年(1334年)には後醍醐天皇より綸旨を賜り、勅願寺となった。暦応4年(1341年)、光厳院院宣により、四条櫛笥(現京都市下京区・中京区の境)に移転した。

嘉慶元年(1387年)、比叡山衆徒により伽藍が破却され、寺は若狭小浜に避難する。明徳4年(1393年)、足利義満斡旋により、三条坊門堀川(現中京区堀川御池)に伽藍を再建し、寺号を妙本寺と改めた。応永18年(1411年)には足利義持祈願寺となっている。応永20年(1413年)、寺は比叡山衆徒により再び破却され、永正18年(1521年)、足利義稙の命により、二条西洞院(現中京区)に再建されている。その前後、永正・大永頃(1504年 - 1528年)に寺号を妙顕寺に戻している。

天文5年(1536年)、天文法華の乱で伽藍を焼失し、寺はに避難するが、天文11年(1542年)、後奈良天皇は法華宗帰洛の綸旨を下し、堺に避難していた法華宗寺院は相次いで京に戻った。妙顕寺は天文17年(1548年)、二条西洞院に再建されるが、天正12年(1584年)、豊臣秀吉の命により、現在地に移転した。そして秀吉は妙顕寺跡地に二条第妙顕寺城を築く。天明8年(1788年)、天明の大火により焼失し、その後再建されている[1]

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 妙顕寺文書(1656通)60巻、74幅、1294通 附:蒔絵文書箱2合
  • 金字法華経 巻第五(巻首伏見天皇宸翰)
  • 後小松天皇宸翰消息 2幅
  • 神国王書 日蓮筆 2巻
  • 強仁状御返事 日蓮筆

その他[編集]

  • 紺紙金字法華経(京都府指定有形文化財)
  • 白紙金字法華経(京都府指定有形文化財)
  • 梵鐘(京都府指定有形文化財)
  • 紙本金地墨画楼閣山水図六曲屏風(京都市指定有形文化財、狩野山楽筆)
  • 玄旨伝法本尊(日蓮筆、建治元年(1275年)製作)

塔頭寺院[編集]

  • 久本院
  • 十乗院
  • 泉妙院
  • 法音院
  • 恵命院
  • 善行院
  • 本妙院
  • 實成院
  • 教法院

旧末寺[編集]

日蓮宗では昭和16年(1941年)に本末を解体したため、現在では、旧本山、旧末寺と呼びならわしている。

所在地[編集]

京都府京都市上京区寺之内通新町西入妙顕寺前町514

交通アクセス[編集]

京都市営地下鉄今出川駅から徒歩10分。

人物[編集]

  • 日蓮(開山)
  • 日朗(二世)
  • 日像(三世)
  • 妙実(四世)
  • 朗源(五世)
  • 通源(六世)
  • 月明(七世)
  • 日具(八世)
  • 日芳(九世)
  • 日広(十世)
  • 日教(十一世)
  • 日尭(十二世)
  • 日紹(十三世)

脚注[編集]

  1. ^ 「歴史」節は『日本歴史地名大系 京都市の地名』(平凡社、1997)、pp.575 - 576、による。

外部リンク[編集]