法華宗本門流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

法華宗本門流(ほっけしゅうほんもんりゅう)は、日蓮を宗祖とし、日隆を派祖とする、日蓮門下の一派である。

宗祖[編集]

派祖[編集]

大本山[編集]

概要[編集]

日隆妙顕寺(京都府)日霽を師として修学したが、法華経について論争があり、「八品正意論」を提唱し、妙顕寺を出て本能寺(京都府)を建立し、日隆門流を興す。

本尊[編集]

本門八品上行所伝の南無妙法蓮華経

沿革[編集]

  • 1415年(応永22年)に日隆本能寺(京都府)を建立する。
  • 1872年(明治5年)に一宗一管長制により、日隆門流は日蓮門下の諸門流と連合する。
  • 1874年(明治7年)に日隆門流は日蓮宗勝劣派に属する。
  • 1876年(明治9年)に管長設置により、日隆門流は八品派と公称し、日蓮宗勝劣派は解体する。
  • 1898年(明治31年)に八品派は本門法華宗と改称する。
  • 1941年(昭和16年)に宗教団体法により、本門法華宗と本妙法華宗と法華宗が合同し、法華宗と公称する。昭和法難の弾圧が起きる。
  • 1951年(昭和26年)に旧本門法華宗皆成派の光長寺(静岡県)、鷲山寺(千葉県)、本能寺(京都府)、本興寺(兵庫県)が法華宗から独立し、法華宗本門流と公称する。なお旧本門法華宗久遠派の妙蓮寺(京都府)は本門法華宗として独立した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]