天日鷲神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天日鷲神(あめのひわしのかみ)は、日本神話に登場する。『日本書紀』や『古語拾遺』に登場する。阿波国を開拓し、穀麻を植えて紡績の業を創始した阿波(あわ)の忌部氏(いんべし)の祖神。

麻植神(おえのかみ)、忌部神(いんべのかみ)とも[1]。また高魂命または神魂命の裔神の天日鷲翔矢命(あめのひわしかけるやのみこと)や天加奈止美命とも。

概要[編集]

神話で知られているのは天照大神天岩戸に入られたとき、岩戸の前で神々の踊りが始まり、天日鷲神が弦楽器を奏でると、弦の先にが止まった。多くの神々が、これは世の中を明るくする吉祥(きっしょう)を表す鳥といって喜ばれ、この神の名として鷲の字を加えて、天日鷲命とされた。という内容である[1]。後に平田篤胤は、神武天皇の戦の勝利に貢献した鳥と同一だと言及している[1]

日本書紀』では天の岩戸の一書に「粟(あわ)の国の忌部の遠祖天日鷲命の作る木綿 (ゆう)を用い」とある。

古語拾遺』によると、天日鷲神は太玉命に従う四柱の神のうちの1柱である。やはり、天照大神が天岩戸に隠れた際に、穀(カジノキ:楮の一種)・木綿などを植えて白和幣(にきて)を作ったとされる。そのため、天日鷲神は「麻植(おえ)の神」とも呼ばれ、紡績業製紙業の神となる。また、天富命は天日鷲神の孫を率いて阿波の国へと行き、穀・麻を植えた。

先代旧事本紀』の「国造本紀」には、神武天皇の御世に天日鷲命伊勢国造に定めたと伝わる。一方、『伊勢国風土記』逸文には、神武天皇天日別命伊勢国に遣わし、伊勢津彦を平定したとされ、現存する度会氏[2]忌部氏[3]尾張氏[4] などいずれの系図においても、天日別命を伊勢国造の祖としている。これは、天日別命(天日和伎命)と天日鷲命が同一人化されたことの影響と見られ[5]、天日別命と天日鷲命は父子や兄弟、氏族系統が全く異なっている。

また、天日鷲神は一般にお酉様として知られ、豊漁商工業繁栄、開運開拓、殖産の守護神として信仰されている。

忌部神社鷲神社などに祀られている。忌部神社天皇即位の大嘗祭に際して、阿波忌部の末裔とされる三木家が育てた麻を元に、麁服(あらたえ)を調進する神社である[1]

系譜[編集]

神産巣日神4世孫の天背男命の子で、妻は布留多摩命の娘の黒島磯根御気姫命下立松原神社祭神)。子に大麻比古命天白羽鳥命天羽雷雄命が、兄弟には玉作氏阿岐国造の祖である櫛明玉命がいる。

新撰姓氏録』には角凝魂命の三世孫が天湯河桁命で後裔が鳥取連、美努連とされ[6]、『先代旧事本紀』には少彦根命が鳥取連の祖神とされる一方、『斎部宿祢本系帳』には角凝魂命の四世孫・天日鷲神の子である天羽槌雄神が鳥取部連、美努宿祢の祖とされている。これらのことから少彦名神と天日鷲命と同一神であると考えられ[7]、「角凝魂命ー伊狭布魂命ー天底立命ー天背男命(天湯川田命)ー天日鷲神(少彦名神)ー天羽槌雄神(建日穂命)ー波留伎別命」となる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『週刊日本の神社 No67 忌部神社 大麻比古神社』デアゴスティーニ・ジャパン、2015年5月28日、14-19頁。
  2. ^ 早川純三郎「度会氏系図」『系図綜覧』巻二、国書刊行会、1915年、396頁。
  3. ^ 村雲清光所蔵『麻殖氏系譜并家領記』、東京大学史料編纂所データベース。
  4. ^ 中田憲信「尾張連」『諸系譜』第一冊。
  5. ^ 宝賀寿男「第1章 天神系氏族 第1節 中臣氏族 1中臣連、藤原朝臣」『古代氏族系譜集成』中巻、古代氏族研究会、1986年、715頁。
  6. ^ 「右京神別 天神 鳥取連」『新撰姓氏録』、弘仁六年。
  7. ^ 少名彦命と天日鷲命との関係」『古樹紀之房間』、2003年。

関連項目[編集]