天日鷲神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天日鷲神(あめのひわしのかみ)は、日本神話に登場する。『日本書紀』や『古語拾遺』に登場する。阿波国を開拓し、穀麻を植えて紡績の業を創始した阿波(あわ)の忌部氏(いんべし)の祖神。

麻植神(おえのかみ)、忌部神(いんべのかみ)とも[1]。また高魂命または神魂命の裔神の天日鷲翔矢命(あめのひわしかけるやのみこと)や天加奈止美命とも。

概要[編集]

神話で知られているのは天照大神天岩戸に入られたとき、岩戸の前で神々の踊りが始まり、天日鷲神が弦楽器を奏でると、弦の先にが止まった。多くの神々が、これは世の中を明るくする吉祥(きっしょう)を表す鳥といって喜ばれ、この神の名として鷲の字を加えて、天日鷲命とされた。という内容である。[1]。後に平田篤胤は、神武天皇の戦の勝利に貢献した鳥と同一だと言及している[1]

『日本書紀』では天の岩戸の一書に「粟(あわ)の国の忌部の遠祖天日鷲命の作る木綿 (ゆう)を用い」とある。

『古語拾遺』によると、天日鷲神は太玉命に従う四柱の神のうちの1柱である。やはり、天照大神が天岩戸に隠れた際に、穀(カジノキ:楮の一種)・木綿などを植えて白和幣(にきて)を作ったとされる。そのため、天日鷲神は「麻植(おえ)の神」とも呼ばれ、紡績業製紙業の神となる。また、天富命は天日鷲神の孫を率いて阿波の国へと行き、穀・麻を植えた。

また天日鷲神は一般にお酉様として知られ、豊漁商工業繁栄、開運開拓、殖産の守護神として信仰されている。

忌部神社鷲神社などに祀られている。忌部神社は天皇即位の大嘗祭に際して、阿波忌部の末裔とされる三木家が育てた麻を元に、麁服(あらたえ)を調進する神社である[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『週刊日本の神社 No67 忌部神社 大麻比古神社』 デアゴスティーニ・ジャパン、2015年5月28日、14-19頁。

関連項目[編集]