大江恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおえ めぐみ
大江 恵
別名義 メグ
生年月日 (1969-01-17) 1969年1月17日(50歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県習志野市
身長 164
血液型 B型
職業 日本のジャズ歌手ナレーターモデル
ジャンル JAZZ
活動期間 2010年 -
事務所 メグスタ株式会社
公式サイト 公式ウェブサイト
備考
  [ ]

大江 恵(おおえ めぐみ、1969年1月17日 - )は、日本のジャズ歌手


経歴[編集]

1969年1月17日(金)、千葉県習志野市にて、会社員の父・大江鐵夫と、元看護師でモルモン教を信仰する母・文枝の二女(兄姉)として生まれ、山形・出羽三山神社の宿坊「大江坊」を主宰する神職 (祝=はふり) の祖父・大江浩により「大江恵」 と名付けられる。

3〜12歳まで名古屋市瑞穂区、12〜20歳まで大阪府豊中市などで育つ。

オペラ好きの母の影響で、胎教からクラシックを聴き育ち、1歳の時に作詞・作曲。4歳からクラシックピアノ、10歳から英会話を学ぶ。1979年、小5の歌のテスト後に、クラスメイトから拍手喝采を浴び、歌手になる事を決意する。

1981年、中1(12歳)の春、最愛の母・文枝(享年43歳)を亡くし、その後、歌手を目指し、数々のオーディションを受験し、(初めての応募は、 1981年「第6回 ホリプロタレントスカウトキャラバン )1983年12月(14歳) 「文化放送・全日本ヤング選抜スターは君だ」大阪代表に選ばれる。1984年(15歳) 「第9回 ホリプロ・タレント・スカウトキャラバン」大阪最終予選出場。また「文化放送・全日本ヤング選抜スターは君だ」大阪代表として東京本選出場するものの、進学のため、17歳の時に、歌手の夢を一度あきらめる。

1987年、金蘭短期大学(現・千里金蘭大学短期大学部) 英文科に入学。在学中は、モデルとして活躍。「第1回ミスお好み焼コンテスト」(TVO)にて優勝。「今夜なに色」(YTV) 等に出演。

1989年、金蘭短大卒業後、外資系メーカー・ニッポンリーバ(現・ユニリーバ・ジャパン)の経理で、ティモテ、ラックスシャンプーなどの原価計算を2年、日本生命保険・外資系法人リーブ営業部で、営業に1年半 従事した後、全日本空輸ANAのCA客室乗務員として、6年半 (通算フライトタイム4,957時間03分) 国内線に乗務する。CA時代は、チーフパーサー、インストラクター、アナウンス指導、イントラネットプロジェクト、業務改善提案など、フライト以外でも活躍する。

1999年、ANA退職後、ニューヨークに在住。老舗ジャズクラブ Birdland で見たボーカルに感銘を受け、再び、歌手への夢を抱く。

2004年6月、横浜開港145周年「第23回 横浜開港祭」イベント会場の司会を務める。

33歳の時に、がんばり過ぎで「うつ病」になり、心療内科で出逢った「アロマセラピー」の素晴らしさを知り、自分自身で、アロマセラピー、オーラソーマ(カラーセラピー)、マクロビオティック(玄米菜食)、タイ古式マッサージ(バンコクにて取得)などを学び、「うつ病」を克服。その後、セラピストとして活動を始めるものの、39歳の時にクライアントさんに「本当の自分を生きていますか?」と言っているのに、自分が生きていないことに気づき、 子供の頃の夢だった「歌手」になる事を決意。 (現在も “スピリチュアルセラピスト” として、個人カウンセリングを行なっている。)

2000~2001年、シティバンク 個人金融本部にて、投資信託のコールセンター、マーケティング、セールスのアシスタントとして勤務。その際、「特別証券外務員二種資格」を取得。その後、シーメンスジャパン、NTTラーニングシステムズ、サン・マイクロシステムズ、アクセンチュアなどの外資系企業で派遣社員として勤務しながら、東京アナウンスアカデミー、オスカーアナウンス学院(一期生)などで、アナウンスやナレーションを、BARBARBAR音楽院などで、ジャズボーカル、ジャズ理論を学ぶ。

2009年12月(40歳)、横浜のジャズクラブ FAROUT のボーカルオーディションで優勝し、2010年1月17日、 41歳の誕生日に、初ライブを行い、ジャズシンガー「藤倉メグミ」として活動を始める。 以降、全国のライブハウス、ジャズ祭、イベントなどに出演する。

2010年8月、「2010神宮外苑花火大会」メイン会場である神宮球場にて、場内アナウンスを務める。

2012年8月、コンピレーションアルバム “Jazz Vocal Showcasevol.2 “ (藤倉メグミ)に参加。CDデビューを果たす。各地で、発売記念ライブを開催。

2012年8月〜13年1月、FM世田谷「Realsongs」 (藤倉メグミ)のメインパーソナリティを務める。

2度目の離婚を機に、2013年1月1日 から、本名の『大江 恵』として再出発をする。

2014年1月17日、45歳の誕生日に、ファーストアルバム “GIFT OF LOVE” を発売。(ファイルレコードから発売 / 70〜90年代のJ-POPをジャズアレンジした作品。) 各地で、発売記念ライブを開催。プロデューサーは、シャネルズ(ラッツ&スター)、バブルガムブラザーズ、DREAMS COME TRUE、篠原涼子、東京スカパラダイスオーケストラ、JUDY AND MARYなどを発掘した、ソニーミュージックレコーズ元社長の目黒育郎氏。

2014年8月、エスエス製薬・ハイチオール & 光文社「素肌力コンテスト」の本選に出場、2015年1月23日、写真家・山岸伸プロデュース・イメージDVD「メグミノツバサ」を発売。2014年12月 FLASH (写真週刊誌)のグラビア8ページ(袋綴じ)に掲載され話題となる。

2016年1月17日、J-POPジャズカバーシリーズ第2弾 “Heartfelt” を発売。同アルバムは、クラウドファンディングで制作。各地で、発売記念ライブを開催。

2016年11月17日、 “GIFT OF LOVE”から、フォーク歌謡の名曲「池上線」をシングルカット。東急池上線沿線にて、発売記念ライブを開催。

2017年1月17日、 渋谷 JZ Brat Soud of Tokyoにて、バースデーライブを開催。

2018年2~5月、彫刻家・松田光司氏のブロンズ像 “Megumi’18″の裸婦モデルを務める。

脚注[編集]

外部リンク[編集]