大森ベルポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大森ベルポート
Omori Bell Port
Isuzu motors head office oomori bell port.JPG
一角にあるいすゞ自動車本社
情報
用途 事務所店舗[1]
設計者 UG都市設計(企画監修)山下設計(設計管理)[2]
施工 いすゞ自動車新本社ビル建築共同企業体(清水建設ほか)
第一生命保険オフィスビル建築共同企業体(鹿島建設ほか)
A3工区建築共同企業体(五洋建設ほか)
アトリウム工区共同企業体(清水建設ほか)
B工区共同企業体(清水建設ほか)[1][2]
建築主 いすゞ自動車・第一生命保険・大森ビル[1]
事業主体 第一生命保険(A・B・C・E館所有)
みずほ信託銀行(D館所有)[3]
管理運営 第一ビルディング
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
敷地面積 27,125 m² [1]
建築面積 14,415 m² [1]
延床面積 195,487 m² [1]
駐車台数 511台[1]
着工 1988年6月[1]
竣工 1991年3月(第Ⅰ期竣工)
1996年9月(第Ⅱ期竣工)[1]
所在地 東京都品川区南大井6-26-1
テンプレートを表示
大森ベルポートA館・B館・C館
Omori bellport bcd.jpg
手前からB館、C館
情報
用途 事務所店舗
設計者 山下設計
施工 清水建設鹿島建設間組大成建設飛島建設
事業主体 第一生命保険
管理運営 第一ビルディング
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
敷地面積 15,111 m²
建築面積 9,211 m²
延床面積 118,289 m²
階数 地上18階地下3階 塔屋1階
高さ 75.78m
着工 1988年6月
竣工 1991年3月
テンプレートを表示
大森ベルポートD・E館
Omori bellport e.jpg
E館
情報
用途 事務所店舗
設計者 山下設計
施工 清水建設五洋建設千代田化工建設
事業主体 第一生命保険・みずほ信託銀行
管理運営 第一ビルディング
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
敷地面積 12,014 m²
建築面積 5,204 m²
延床面積 77,198 m²
階数 地上18階地下3階 塔屋1階
高さ 75.78m
着工 1993年12月
竣工 1996年9月
テンプレートを表示

大森ベルポート(おおもりベルポート)は、東京都品川区南大井六丁目にある複合施設

概要[編集]

いすゞ自動車の創立50周年事業の一環として、本社と倉庫などのあった敷地第一生命との共同事業で整備された施設群である[2]。工事は2期に分けて行われ、1996年9月に全体が竣工した。ほかに1期工事と同じくして、ここからほど近い場所にいすゞ病院が新築されている。名称はいすゞ(五十鈴)のベルから取られた。

羽田空港が近い敷地のため、建物高さの制限によって1棟型の超高層ビルを建設することができなかった。このため、4棟のビルによる街区型の都市環境の形成を図った[4]

元来、業務地区として認識されていなかった大森地区にオフィスコンプレックスを成立されるには、新鮮な理念とそれに基づく魅力的な計画が必要とされたため[5]、3棟のオフィスビルに囲まれた面積4200㎡、高さ40mにおよぶ日本最大級(当時)のアトリウムを計画した。アトリウム中心部はイベントスペースとして活用され[4]、様々な催事が行われている。

建物は、A・B・C・E館を第一生命、D館をみずほ信託銀行が所有し、管理運営は第一生命グループの第一ビルディングが行っている[3]

なお、いすゞ自動車は、2022年鹿島建設などが横浜市みなとみらい地区に建設する「横浜ゲートタワー」に本社機能や関連会社の一部を移すと発表している[6][7]

主な施設[編集]

A館およびB館・C館・D館は、輪になって並んでおり、中心部にはアトリウムと呼ばれるイベントスペースがある。このうちB館・C館・D館の地上1階と2階は、互いに接続している。一方で、E館はこれらとは道路を挟んで建っている。

  • A館
    • 地上18階・地下3階。
    • オフィススペースであり、いすゞ自動車本社や関連会社が入居している。
  • B館
    • 地上18階・地下3階。第一生命のテナントビルとして建てられる[2]
    • 地上1階と2階は、主にレストランやショップ。
    • その他は、オフィススペースであり、日立製作所ボシュロム・ジャパン本社などが入居している。
  • C館
    • 地上3階。
    • 地上1階と2階は、主にレストランやショップ。
    • 地上3階には「ベルギャラリー」があり、絵画展や写真展などが催される。
    • その他は、オフィススペース。
  • D館
    • 地上18階・地下3階。
    • 地上1階と2階は、主にレストランやショップ。
    • その他は、オフィススペースであり、日立造船東京本社、シンシア本社、メトロ本社、内海造船東京支社などが入居している。
  • アトリウム
    • A館・B館・C館・D館で囲まれた1階のオープンイベントスペース。
    • 不定期にコンサートなどのイベントが催されており、過去にいすゞの新型車発表会が行われたことがある。
  • 南口広場
    • 野外スペースとなっており、定期的に「大森アメリカ村&フリーマーケット」が開催される。
  • E館

住所と交通[編集]

住所[編集]

郵便番号は、いずれも 〒140-0013

  • A館 : 東京都品川区南大井6-26-1
  • B館・C館 : 東京都品川区南大井6-26-2
  • D館 : 東京都品川区南大井6-26-3
  • E館 : 東京都品川区南大井6-22-7

交通[編集]

鉄道
バス

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『近代建築』1996年11月号 p.64
  2. ^ a b c d 『ビル紳士録』p.194
  3. ^ a b 主要管理ビル 大森ベルポートA館~E館”. 第一ビルディング. 2020年2月8日閲覧。
  4. ^ a b 『近代建築』1996年11月号 p.56
  5. ^ a b 『近代建築』1996年11月号 p.57
  6. ^ “いすゞ自動車、横浜市に本社移転 MM21地区に22年”. 日本経済新聞. (2019年12月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53742470U9A221C1L82000/ 2020年2月8日閲覧。 
  7. ^ “鹿島らのプラネタリウムを併設した高層オフィスビル「横濱ゲートタワー」、横浜MM21で始動”. BUILT. (2019年4月4日). https://built.itmedia.co.jp/bt/articles/1904/04/news037.html 2020年2月8日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]