大口病院連続点滴中毒死事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大口病院連続点滴中毒死事件
場所

日本の旗 日本神奈川県横浜市神奈川区大口通130

大口病院(事件当時。現・横浜はじめ病院
座標
標的 入院患者
日付 2016年平成28年)9月発覚
概要 入院中の高齢男性2人が相次いで点滴中に界面活性剤を含む消毒液ヂアミトールを投与され中毒死した。
死亡者 入院中の高齢男性2人
容疑 元看護師 久保木愛弓(逮捕当時31歳)
対処 神奈川県警察逮捕
管轄 神奈川県神奈川警察署
テンプレートを表示

大口病院連続点滴中毒死事件(おおぐちびょういん れんぞくてんてきちゅうどくしじけん)とは、神奈川県横浜市神奈川区の大口病院(当時。現・横浜はじめ病院)で2016年平成28年)9月に発覚し、2018年(平成30年)7月に同病院の元看護師の久保木愛弓が逮捕された連続殺人事件。事件の名称について、神奈川県警察は「大口病院"入院患者殺人事件"」[1]神奈川新聞は「大口病院"点滴連続殺人事件"」[2]としている。

被害者として立件された死亡者2人のほか、同時期に死亡していた別の2人の入院患者の遺体からもヂアミトールが検出された。事件前の7〜9月の82日間で48人の患者が死亡し、その後の約70日間の間は死亡者がゼロということから、4人以上の被害人数が疑われたが、発覚以前の死亡者は医師の診断により“自然死”扱いで火葬されていたため、既に証拠は失われていた[3]

事件の発覚[編集]

事件は2016年9月、最初に判明した被害者の容体が急変した際、看護師が投与中の点滴袋をベッドに落とし、袋内の輸液が急激に泡立ったことから偶然にヂアミトールの点滴混入が発覚した。さらに調べると2日前に同じ部屋で死亡した別の患者の遺体からも同成分が検出された。ナースステーションに残されていた未使用の点滴袋約50個を調べると、10個ほどの点滴袋でゴム栓部分に封をする保護フィルムに細い針で刺した穴が見つかった。そして、同じフロアで亡くなった患者の数が、事件発覚までのおよそ3か月の間に48人に上ることが明らかになった。点滴に混入させる手口から病院内部の者による殺人事件の犯行が疑われたが、捜査は難航した[4]

捜査[編集]

犯行に使われたヂアミトールは、業務上使われるものだった為、院内各所に置かれており、犯人を特定することは困難を極めた。警察は院内にあるものの鑑定を実施[5]。当時担当していた看護師全員の看護服を調べたところ、容疑者の服からのみ、ポケット付近からヂアミトールの成分が検出された[6]。他にも、容疑者が事件発覚直後の夜勤中、投与する予定のない製剤を手に院内を歩き回る姿が県警の設置した防犯カメラに映っていた[7]ことや、被害者の病室に1人で入っていくのを同僚が目撃していて、そのおよそ5分後に容体が急変し死亡していた[8]、といった状況証拠から絞り込んでいった。

被疑者の逮捕[編集]

2018年6月末、警察は状況証拠を踏まえ久保木愛弓に任意の事情聴取を開始。久保木は消毒液(ヂアミトール)を注入したことを認めたうえで、「入院患者20人ぐらいにやった」との趣旨の話をした。7月7日、神奈川県警は女を殺人容疑で逮捕した[9]。また同月28日には、2016年9月に死亡した入院患者の点滴に消毒液を混入し殺害したとして、殺人容疑で再逮捕した[10]

被疑者は、事件後、様々なテレビ局や新聞社によるインタビューや取材に応じ、逮捕前にもテレビ局に「何故、こんなひどいことをしたのか、自分の家族が同じことをされたらどう思うのか。絶対許せません」と、直筆の手紙を送る[11][12]などして自らの関与を否定する発言をしていた。

自供内容と動機[編集]

「点滴にヂアミトールを入れた」事に関し「間違いありません」と容疑を認めた上で、「入院患者20人ぐらいにやった」と供述。犯行の動機については「自分の勤務時に患者に死なれると、家族への説明が面倒だった」という趣旨を供述した[13]。さらに「患者が亡くなったときに同僚から自分の落ち度を指摘されたことがあり、それ以来、勤務時間外に死亡させることを考えるようになった」[14]、「勤務を交代する看護師との引き継ぎの時間帯に混入させていた」[15]、「混入を繰り返すうちに感覚がマヒしていった」[16]とも話している。

供述では「(事件の)2か月くらい前から点滴に消毒液を入れた」[17]と話しており、その時期同病院に勤務していた看護師は「(亡くなったのは)最初は1日1人。それが3人になり、5人になり、9月になったらもっとひどくなって(1日に)8人とか。4階はおかしいな、という話があった」[11]と証言している。

事件前、現場病棟では「看護師の筆箱に、10本以上の注射針が刺され、針山のような状態になっていた」ことや「白衣が切り裂かれる」「カルテが紛失する」「ペットボトル飲料を飲んだ看護師スタッフの唇がただれる」などの看護師同士の壮絶ないじめトラブルが報告されており[18]、以前より「『女帝』と呼ばれる60代看護師のパワハラ」や「人事査定でえこひいきがあったり、自分だけ忙しい仕事を回されたりしているといった不平不満があり、看護師同士で言い争いになったこともあった」という。そういった虐めが原因で、複数の看護師が辞職しており、「そうした看護師同士の世代間の対立が原因で、大口病院では患者のケアまでもが疎かになっていた」といい、「見舞いに行った家族の前で看護師が患者さんを怒鳴りつけ、その家族が『本当にひどい。ビデオに撮って告発すればよかった』と激怒していた」こともあったという[19]。事件の被害者遺族も「女性看護師が別の看護師を怒鳴りつけたり、点滴袋が公共スペースに散見されたりするなど『今考えればおかしいところもあったかもしれない』」[20]と指摘している。

精神科医の片田珠美は「担当患者が以前死亡した際に同僚らから自分のミスの可能性を指摘されたとも説明しているので、もともと同僚や上司などに対して怒りを覚えていた可能性がある」と指摘し、(「白衣切り裂き」や「カルテが紛失す」「ペットボトル異物混入」も同一犯によるものだとすると)他の看護師に対する怒りをこのような形で表現したのではと推測する。その怒りの矛先を患者に向け変えて(精神分析では「置き換え」)、患者の点滴に無差別に消毒液を入れる事によって「別の看護師の勤務時間中に患者が死亡するように仕向けたわけで、復讐願望を満たそうとしたともいえる」としている[21]

横浜市の対応[編集]

横浜市には事件前、「看護師のエプロンが切り裂かれた」、「看護師の飲み物に異物が混入された」など、この病院内のトラブルに関する情報が複数寄せられていたが、市は病院に詳細な内容を確認しなかった。市が設置した第三者検証委員会は「患者の安全に関わる内容もあったのに、後手に回った」と、市の対応を批判した[22]

病院の対応[編集]

病院側にも、複数の看護師のエプロンが切り裂かれているのが見つかったり、6月にはカルテの一部が抜き取れられ、8月には看護師のペットボトルに異物が混入されていたにも関わらず、院長は「院内の出来事で、まして看護師の中の出来事だったので院内で何とか処理すべきだと思った」[23]としながら、有効な手立てをとれず病院から警察に相談するという事もしなかった[24]ため、「病院が対処していれば事件はなかったかもしれない」などの批判の声が病院関係者からも寄せられた[25]

法的・制度上の課題[編集]

事件後に市が設置した第三者検証委員会による報告書「横浜市の医療安全業務に関する検証報告書(大口病院に関する対応について)」[26]の中で、医療法上、病院から市への報告義務も、市から病院への検査・指導権限も無いという問題が指摘された。医療法を根拠に市と病院の関係がある以上、医療法の範囲を超えた「制度の狭間」となるところに問題が発生したとき、市はどこまで対応できるのかという課題があり、今後、法的、制度上の課題に対しては、国に改善に向けた要望を行うことも考えられる、としている。

同様の事例[編集]

医療関係者による加害事件は過去にも相次いでおり、専門家は「治療を委ねた患者が身を守るのは困難で、『密室の通り魔』とも言える悪質な犯行だ」と指摘。東洋大の桐生正幸教授(犯罪心理学)は「医療関係者は『患者の命は自分がコントロールしている』と思い込む傾向が強い。犯行前には精神状態の変化が何らかのサインとして表れるはずで、注意深く見守るべきだ」としている[27]

「今回のような犯罪は『死の天使』型といって、世界的に多くの事例がある。もともと看護業界に多かった。医師と違い患者の命を直接左右できない看護師には、自分が患者を救ったという『自己効力感』を見いだせず、鬱憤を募らせる人が出てくる。わざと患者の症状を悪化させ、回復させることにやりがいを感じたりし、エスカレートして殺害に及ぶケースもある」[28]

以下に主な事件を記す。

日本[編集]

  • 筋弛緩剤点滴事件 2000年に宮城県仙台市泉区のクリニックで発生した筋弛緩剤点滴事件。仙台の北陵クリニック筋弛緩剤点滴事件とも呼ばれる。1件の殺人罪と4件の殺人未遂罪で2018年現在も最高裁で特別抗告中[29]
  • 京大病院(京都市左京区)で2010年3月21日、女性患者の血液から高濃度のインスリンが検出された事件で、殺人未遂の疑いで、同病院の看護師を逮捕した。「ほかにも数人に(投与)した」と供述。判決は「患者へのいら立ちを解消するためという動機は身勝手だ」と指摘。「看護師の立場に乗じ、医療を装って患者の身体を害した刑事責任は重い」とした[30][31]
  • 日産厚生会玉川病院(東京都世田谷区)で2014年12月1日、入院患者に本来必要がない糖尿病治療薬のインスリン製剤を故意に投与していた看護師が逮捕[32]。容疑者は女性の容体が急変するたび、医師の診断も仰がず、率先して回復措置に当たっていた。捜査関係者は「容疑者が“できるナース”であることをアピールし、院内の評価を上げようとした」とみている[33]。2015年12月15裁判では「無防備な患者に看護師の立場を悪用して危害を加えた卑劣な犯行だ」として、懲役2年6月(求刑同4年)の実刑判決を言い渡した[34]
  • 静岡県浜松市内の病院で2015年、入院している夫の点滴にカリウムを混入させ、病院の業務を妨害したとして、別の病院に勤務する看護師の女が逮捕[35]
  • 北九州市八幡西区の病院で2016年10月、点滴袋3個に穴が開けられているのが見つかる。11月にも同じ病院で穴が開いた点滴袋が見つかった[36]

日本国外[編集]

  • ジェーン・トッパン英語版(看護師 アメリカ合衆国) - 1901年に逮捕されるまでに31人の患者殺害をしたと自供。 彼女は患者が死にかけ、意識を回復させ、再び死ぬ事に対して性的スリルを感じ恍惚となったという[37]
  • ジェニーン・ジョーンズ(看護師 アメリカ合衆国) - 1980年代、60人前後の乳幼児を筋肉弛緩剤を投与するなどして毒殺。命を操る自分に酔いしれたという[38]
  • ラインツ病院・死の天使事件英語版(ワルトラウド・ワグナー他3名 オーストリア) - 1989年、看護助手たちによる49人の患者殺害。「患者を殺す事で、自分が神になったような、生と死の力を、自ら得たような気持ちを楽しんだ」とされる。患者殺害を自慢している所をたまたま近くにいた医師が聞いた事から発覚した。
  • エドソン・ギマラエス英語版(看護師 ブラジル) - 1999年、4人の患者毒殺で逮捕。実際は、131人の患者を毒殺したとされている。
  • ビヴァリー・アリット英語版(看護師 イギリス) - 1991年、幼児連続殺人犯。病院で新生児4人の幼児を殺害し、未遂が3人、傷害が6人。13の終身刑が科された[39]代理ミュンヒハウゼン症候群が指摘されている。
  • クリステン・ギルバート英語版(看護師 アメリカ合衆国) - 1995年、患者の点滴にエピネフリンを大量投与し、蘇生させるを繰り返し、4人を殺害。実証された以外に40人以上を殺害したともいわれる[40]
  • チャールズ・カレン英語版(看護師 アメリカ合衆国) - 1990年代から2000年前半までに、29人を毒殺。裏付けを取れなかったが計40人の殺害を自供[41]
  • コリン・ノリス英語版(看護師 イギリス) - 2002年、患者にインスリンを過剰投薬して、4人を殺害し、もう1人を殺害しようとした。判事は同被告について「あなたは全くの悪人で危険な人物であることに疑いはない」とし、さらに「高慢で高齢者への憎しみを巧みに隠していた」と述べた[42]
  • ベンジャミン・ギーン英語版(看護師 イギリス) - 2003年から2004年にかけて、筋弛緩剤などの投与により2人を毒殺し、15人に重篤な危害を加えた。全体として25人の患者に被害を与えたという。理由は、呼吸不全などをおこさせて回復させる際の「スリル」。
  • ステファン・レッテル英語版(看護師 ドイツ) - 2003年から2004年にかけて、患者29人を殺害したことで知られている。
  • ダニエラ・ポジャーリ()(看護師 イタリア) - 2014年、カリウム注射で患者38人殺害。「患者家族が気に入らない」という理由。遺体と共に自撮りをして親指を立てていた画像も出てきて、世間を戦慄させた[43]
  • エリザベス・ウェットローファー英語版(看護師 カナダ) - 2007〜2014年に老人介護施設2か所でインスリンを投与し、75〜96歳の入所者の男女8人を殺害したことを認めた。別の施設での犯罪を含む、殺人未遂罪4件、暴行を働いた罪2件も認めた[44]
  • ニールス・フーゲル英語版(看護師 ドイツ) - 2017年、患者らに対する殺人罪2件および殺人未遂罪あるいは傷害罪4件で2015年に有罪判決を受けていた看護師が、さらなる患者遺体の掘り起こしと分析調査で、2000年前後から患者106人を殺害していたことが明らかになった。心不全や循環虚脱を引き起こす薬剤を患者らに注射した後、同僚らの前で「救い手」として目立つべく蘇生を試みたことを認めている。同受刑者は、患者が息を吹き返せば幸福感が得られ、失敗すると挫折感を覚えたと供述した[45]
  • (看護師 イギリス) - 2018年7月、8人の新生児の殺害と6名の殺害未遂の疑いで身柄を拘束[46]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 点滴中毒死、元看護師逮捕 消毒液「20人に入れた」 KyodoNews(共同通信)/YouTube 2018年7月7日公開
  2. ^ 「県警の歴史で最も難しい事件の一つ」大口病院・点滴連続殺人事件1年 神奈川新聞〈カナロコ〉 2017年9月23日配信
  3. ^ 大口病院の点滴殺人 2カ月で48人死亡も44人は自然死扱いに デイリースポーツ/ライブドアニュース 2018年7月10日配信
  4. ^ 病院で何が? 点滴異物混入事件の深層 NHK クローズアップ現代+ 2016年10月5日放送
  5. ^ 横浜「大口病院」、事件発覚以降に死亡患者が激減 捜査は難航 デイリー新潮/週刊新潮 2016年12月8日号掲載
  6. ^ 決め手は看護服のポケット、消毒液成分付着 連続中毒死 朝日新聞デジタル 2018年7月7日配信
  7. ^ 防犯カメラに「インスリン手に院内巡回」 毎日新聞 2018年7月11日配信
  8. ^ 病室に逮捕の女 5分後急変 横浜・連続点滴中毒死 FNNプライムオンライン 2018年7月8日配信
  9. ^ 患者中毒死 31歳久保木愛弓を逮捕 殺人容疑で神奈川県警 毎日新聞 2018年7月7日配信
  10. ^ 点滴中毒死、元看護師を再逮捕 共同通信/ロイター 2018年7月28日配信
  11. ^ a b 「犯人を絶対許せません」 元看護師 逮捕前 直筆400文字の手紙 FNNプライムオンライン 2018年7月9日配信
  12. ^ 大口病院事件「私は関わりありません」 本紙などに元看護師 東京新聞〈TOKYO Web〉 2018年7月8日配信
  13. ^ 「20人前後に消毒液」=患者中毒死で元看護師-勤務時死亡は「面倒」 時事ドットコム 2018年7月9日配信
  14. ^ “落ち度”指摘され消毒液混入か NHKニュース 2018年7月10日配信
  15. ^ 逮捕の元看護師「20人以上殺害した」横浜 日テレNEWS24 2018年7月8日配信
  16. ^ 「次第に感覚マヒ」 1日5人死亡日も、犯行エスカレートか 産経ニュース 2018年7月13日配信
  17. ^ 患者中毒死、元看護師「2か月前から点滴に消毒液を入れた」と供述 TBS NEWS 2018年7月11日配信
  18. ^ 「点滴殺人の大口病院 現場病棟で看護師同士のいじめトラブル」 NEWSポストセブン/女性セブン 2016年10月20日号掲載
  19. ^ 「点滴殺人」の病院 患者を怒鳴りつける看護師の対応に家族が激怒 NEWSポストセブン/女性セブン 2016年10月27日号掲載(ライブドアニュース 2016年10月13日配信)
  20. ^ 「大口病院選ばなければ」 中毒死から1年 遺族、心境語る 産経ニュース 2017年9月19日配信
  21. ^ 大口病院・20人殺害か…○○容疑者、他の看護師への復讐願望を患者に「置き換え」か (2/2) Business Journal 2018年7月11日配信。記事名に実名が使われているため、この箇所を省略した。
  22. ^ 点滴中毒死逮捕 医療への信頼が大きく揺らぐ 読売新聞 2018年7月10日配信
  23. ^ 点滴混入殺人「大口病院」看護師たちにトラブル?風評恐れて警察届けず J-CASTテレビウォッチ 2016年9月26日公開
  24. ^ 解決至らぬ“点滴殺人” 元看護師からの手紙 テレ朝news 2017年4月8日配信
  25. ^ 大口病院中毒死 消毒液、原液投与か 元看護師の殺意、裏付け 毎日新聞 2018年7月10日配信
  26. ^ 横浜市の医療安全業務に関する検証報告書(大口病院に関する対応について) (PDF) - 横浜市医療安全業務検証委員会 2017年3月
  27. ^ インスリン大量投与 「密室の通り魔」 相次ぐ医療関係者の犯罪 産経ニュース 2014年8月20日配信
  28. ^ 川崎老人ホーム転落事件 “死の天使”が生まれる介護環境 (2/2) AERA dot./週刊朝日 2016年3月4日号掲載
  29. ^ 大口病院事件、筋弛緩剤点滴事件との類似性から今後の展開を探る 週刊ダイヤモンド/ダイヤモンド・オンライン 2018年7月11日配信
  30. ^ 京大病院インスリン投与事件 解雇処分相当に 京都大学新聞 2011年6月16日配信
  31. ^ インスリン投与「ほかにも数人に」 看護師を再逮捕 日本経済新聞 2010年3月21日配信
  32. ^ 不必要なインスリン大量投与 傷害容疑で看護師の25歳女逮捕 東京・世田谷の玉川病院 産経ニュース 2014年12月1日配信
  33. ^ 看護師逮捕 周囲に必ずいる「演技性人格障害」の特徴 日刊ゲンダイDIGITAL 2014年12月4日配信
  34. ^ 患者に不要なインスリン投与、看護師に懲役2年6月判決 無罪主張退ける 産経ニュース 2015年12月15日配信
  35. ^ 看護師の女逮捕、夫の点滴に“カリウム混入” TBS News i 2015年6月26日配信
  36. ^ 点滴に穴 大阪府立成人病センターで投与中発見 人為的か 毎日新聞 2016年11月22日配信
  37. ^ ジェーン・トッパン 殺人博物館
  38. ^ 子ども47人を殺した「死の天使」ジェニーン・ジョーンズ! 鬼畜すぎる看護師の“デス注射”、命を操る自分に酔いしれ… TOCANA 2018年5月12日公開
  39. ^ ビヴァリー・アリット 殺人博物館
  40. ^ 見た目はいたって普通の女性。だが凶悪犯罪を犯し現在刑務所に収監されている世界15人の危険な女性たち カラパイア/エキサイトニュース 2017年6月6日公開
  41. ^ 2州に渡り殺害して回った殺人看護師 世界の猟奇殺人者 2015年4月19日公開
  42. ^ 英病院の患者連続殺人で、看護師に終身刑 AFPBB News 2008年3月5日配信
  43. ^ 患者を処分する殺人看護師 世界の猟奇殺人者 2014年11月9日公開
  44. ^ 身勝手な怒りで暴走する死の天使 世界の猟奇殺人者 2018年1月16日公開
  45. ^ 元看護師による患者連続殺人、犠牲者106人に ドイツ警察 AFPBB News 2017年11月10日配信
  46. ^ Friends, co-workers shocked by ‘kindhearted’ nurse suspected of murdering babies July 4, 2018, New York Post(英語記事)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]