大亜湾原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大亜湾原子力発電所
大亜湾原子力発電所
大亜湾原子力発電所
大亜湾原子力発電所の位置(中華人民共和国内)
大亜湾原子力発電所
中華人民共和国における大亜湾原子力発電所の位置
中華人民共和国
所在地 広東省 深圳市 竜崗区
座標 北緯22度36分 東経114度33分 / 北緯22.600度 東経114.550度 / 22.600; 114.550 (大亜湾原子力発電所)座標: 北緯22度36分 東経114度33分 / 北緯22.600度 東経114.550度 / 22.600; 114.550 (大亜湾原子力発電所)
現況 運転中
運転開始 1号機: 1993年8月31日
2号機: 1994年2月2日
運営者 広東核電合営有限公司[1]
原子炉
運転中 2 x 944 MWe (net)
2 x 984 MWe (gross)
種類 PWR
原子炉製造元 中国広東核電集団
テンプレートを表示
大亜湾原子力発電所の位置

大亜湾原子力発電所(中国語: 大亚湾核电站)は中華人民共和国広東省深圳市竜崗区大亜湾にある原子力発電所。香港の北東に位置している。大亜湾原発はフランスアレバ社の900MWe級3冷却環設計を基にした、発電量944MWeの加圧水型原子炉2基からなり[2]、商業運転は1号機が1993年、2号機が1994年に始まった[3]。IAEA PRISデータベースでは原子炉がそれぞれGuangdong-1、Guangdong-2とされている[3]。 なお、嶺澳原子力発電所が隣接している。

歴史[編集]

広東省に位置しているが、大亜湾原子力発電所の建設は1985年に隣接する香港の特別行政区立法会の議員である李柱銘司徒華などの政治家に議論を起こした。香港の住人の半数近い100万人が原発反対の請願に著名した。100を超える住民団体が環境問題と香港住民の権利を反対の焦点にして建設問題を論じた[4]

1号機は1993年8月31日に稼動をはじめ、2号機は1994年2月2日から稼動を始めた。原子炉はフラマトムが中国の参加企業と共に設計建設を行った。大亜湾の株式の25%は香港で上場されている中電集団英語版が所有しており、中電集団は大亜湾原発の出力の70%を香港向けに購入している[5]

1987年9月、建設中の1号機において鉄筋317本の欠落が発見されたが公表に至らず、香港返還以前の同年10月に香港で報道されたことから、コンクリート2層目へ追加補強が行われた。

2010年6月16日、ラジオ・フリー・アジアは燃料管からの放射性物質の漏れ出しがあったと報じた[6]。当局は「大亜湾の2基の原子炉は安全かつ安定して機能している。放射性物質の漏れ出しは存在しない。」と述べこの報道を否定した。ラジオ・フリー・アジアは正体不明の専門家の意見として、放射性ヨウ素が漏洩したとし、さらに事故は当初政府に報告されず、しばらくの間内密にされていたと報じた。ニューヨークタイムズは発電所の債権者の中電集団によると香港と本土の両方の政府原子力安全監視者に通知し、説明したとラジオ・フリー・アジアとは異なる報道を行った。 中電集団は漏れ出しが少なく、安全性の問題として報告を必要とする国際基準を下回っていたと声明を出した。香港の放射線測定施設は空間放射線量の上昇を検出しなかった[7]。本土の報道も正常な運用条件下にあり報告を必要とする国際基準を下回っていたとする当局の状況説明を引用した。なお、ウォールストリートジャーナルは5月23日にこの事故が発生し、中電集団が「大亜湾原子力発電所2号機の放射性レベルの上昇は軽微であり、過去2週間、レベルは安定し、市民にはいかなる影響もない」[8][9]との表明を報道している。

安全性[編集]

2011年4月、大亜湾原子力発電所はEDFエナジーによって毎年行われる原子力発電所安全コンペで中国で初となるだけでなく、他の原子力企業でも前例のない6つの賞のうち4を受賞する偉業を達成した。 「多くの人々が大亜湾の状況、特に修理と維持の状況に驚いている」と大亜湾核電のゼネラル・マネージャのLiu Changshenは述べ、「我々は前年原子炉を19.7日のみ稼動停止した。フランスは多くの原子炉を所有するが、その記録は23日よりも多い。第二に我々の原子炉は6ヶ月間同時に利用する非停止運転で、全体で3000日になる。」とした。大亜湾原子力発電所はまた63の原子炉に比べスタッフがさらされる放射線の量の少なさでも際立っており、0.8ミリシーベルトであった[10]

原子炉[編集]

原子炉[11] 原子炉形式 正味発電量 総発電量 建設開始 送電網同期 商業運転 運転終了
1号機 (Daya Bay-1) 加圧水型原子炉 944 MW 984 MW 1987年8月7日 1993年8月31日 1994年2月1日
2号機 (Daya Bay-2) 加圧水型原子炉 944 MW 984 MW 1988年4月7日 1994年2月7日 1994年5月6日

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ Nuclear Power Reactor Details - GUANGDONG 1”. Power Reactor Information System (PRIS). International Atomic Energy Agency. 2010年7月18日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ “Fuel loading starts at new Chinese reactor”. World Nuclear News. (2010年4月22日). http://www.world-nuclear-news.org/NN-Fuel_loading_starts_at_new_Chinese_reactor-2204104.html 2010年7月18日閲覧。 
  3. ^ a b China, People's Republic of: Nuclear Power Reactors”. PRIS database. International Atomic Energy Agency. 2010年6月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月18日閲覧。
  4. ^ Asiasociety.org
  5. ^ CLP Group - Guangdong Daya Bay Nuclear Power Station
  6. ^ China nuclear firm denies leak, admits tube cracks
  7. ^ Bradsher, Keith (2010年6月15日). “Chinese Nuclear Plant Experienced a Small Leak Last Month, a Stakeholder Says”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/06/16/world/asia/16china.html 2010年7月18日閲覧。 
  8. ^ “中国の原発放射能漏れ事故、香港で懸念広がる”. THE WALL STREET JOURNAL. (2010年6月16日). http://jp.wsj.com/layout/set/article/content/view/full/72455 2014年9月6日閲覧。 
  9. ^ “大亜湾原子力発電所の事故で香港に不安広がる”. Asiam. (2010年6月18日). http://www.asiam.co.jp/news_box.php?topic=013306 2014年9月6日閲覧。 
  10. ^ http://www.bjreview.com.cn/special/2011-04/08/content_349965.htm
  11. ^ Power Reactor Information System der IAEA: „China, People's Republic of: Nuclear Power Reactors“ (englisch)

外部リンク[編集]