秦山原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
秦山の位置
秦山
秦山原子力発電所の位置(北緯30.43度、東経120.95度)

秦山原子力発電所(しんざんげんしりょくはつでんしょ、中文表記秦山核电站英文表記Qinshan Nuclear Power Plant)は、中華人民共和国浙江省嘉興市海塩県秦山鎮に建設された原子力発電所である。運営管理は、秦山核電公司(中国核工業集団公司の子会社)。

歴史[編集]

1985年に着工。1991年12月15日に試運転を開始、1994年に正式に稼動した。

核物質について[編集]

中国はそれまで濃縮ウランによる核弾頭しか製造することができなかったが、1993年8月香港に近い広州大亜湾に建設された原子力発電所がともに稼動を始めたため、プルトニウムを原料とする核弾頭の製造が可能になったといわれている。

設備[編集]

運転開始 原子炉形式 設備容量
(MW)
秦山1 1991年 加圧軽水炉(PWR) 300
秦山2-1 2002年 加圧軽水炉(PWR) 650
秦山2-2 2004年 加圧軽水炉(PWR) 650
秦山2-3 2010年 加圧軽水炉(PWR) 650
秦山3-1 2002年 CANDU炉 728
秦山3-2 2003年 CANDU炉 728

参考文献[編集]