福清原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福清原子力発電所
福清原子力発電所の位置(中華人民共和国内)
福清原子力発電所
中華人民共和国における福清原子力発電所の位置
正式名称 福清核电站
中華人民共和国
所在地 福建省福州市福清市 三山鎮
座標 北緯25度26分45秒 東経119度26分50秒 / 北緯25.44583度 東経119.44722度 / 25.44583; 119.44722 (福清原子力発電所)座標: 北緯25度26分45秒 東経119度26分50秒 / 北緯25.44583度 東経119.44722度 / 25.44583; 119.44722 (福清原子力発電所)
現況 0
着工 2008年
事業主体 福建福清核電有限公司
運営者 中国核工業集団
建設者 中国核電工程有限公司 (CNPE)
原子炉
建設中 4 × 1,000 MW
計画中 2 × 1,000 MW
種類 加圧水型原子炉
2013年1月現在
テンプレートを表示

福清原子力発電所 (中国語: 福清核电站)は中華人民共和国福建省福州市福清市三山鎮に建設中の原子力発電所[1]。 6基の1000MW級原子炉の建設が計画されている[2]

経緯[編集]

発電所は中国核工業集団 (51%)、中国華電集団(39%)、福清投資開発(Fujian Investment & Development、10%)によって共同で建設、運用される。建設費用は1000億人民元(147億US$)と見込まれている[3]

1号機の建設は2008年11月21日に始まり、5年での建設が見込まれている[2]。当時の副総理英語版李克強が工事開始の式典に参加した[3]。2号機のコンクリート流し込みは3ヶ月前倒しとなる2009年6月17日に始まった[4]。3号機のコンクリート流し込みは2010年12月31日に始まった。4号機のコンクリート流し込みは2011年に始まる予定であったが、日本の福島第一原子力発電所事故を受けた中国の安全審査で遅れ、2012年に始まった。

その他[編集]

福清原子力発電所は台湾澎湖金門馬祖などに近く事故があった場合は影響があるとして懸念されている[5][6][7][8][9]

原子炉[編集]

原子炉 原子炉形式 建設開始 送電網接続 商業運転開始 出典
第1期
1号機 PWR / CNP-1000 2008年11月21日 2014年8月20日 2014年11月22日 [3][10]
2号機 PWR / CNP-1000 2009年6月17日 2015年8月6日 2015年10月16日 [4][11]
第2期
3号機 PWR / CNP-1000 2010年12月31日 2016年9月7日 2016年10月24日 [12][13][14]
4号機 PWR / CNP-1000 2012年11月17日 2017年7月29日 2017年9月17日 [2][15]
5号機 PWR / 華龍一号 2015年5月7日 2020年11月27日 2021年1月30日 [16][17][18]
6号機 PWR / 華龍一号 2015年12月22日 (2021年) [19] [20]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ “Construction of Fuqing Nuclear Power Plant commences”. People's Daily Online. (24 November 2008). http://english.peopledaily.com.cn/90001/90776/90881/6539547.html 2009年11月13日閲覧。 
  2. ^ a b c Nuclear Power in China”. Country Briefings. World Nuclear Association (WNA) (29 December 2012). 20 January 2013閲覧。
  3. ^ a b c “Construction gets under way at Chinese sites”. World Nuclear News (WNA). (24 November 2008). http://www.world-nuclear-news.org/newsarticle.aspx?id=23706 2009年11月13日閲覧。 
  4. ^ a b “Nuclear construction launch in China”. World Nuclear News (WNA). (2009年6月23日). http://www.world-nuclear-news.org/newsarticle.aspx?id=25474 2009年11月13日閲覧。 
  5. ^ 中國若發生核事故 輻射塵六小時抵台自由時報,2012-03-12
  6. ^ 中國核電廠 對台威脅勝導彈,玉山周報,2011-03-23
  7. ^ 盧秀燕, 全面檢討台灣的「馬其諾防線」蘋果日報 (台灣),2011年03月18日
  8. ^ 美日對核災沒轍 台灣「核」去「核」從?,《非凡新聞週刊》258期,2011-03-27。
  9. ^ 可怕的中國核電廠,海洋臺灣,2011/3/19
  10. ^ Fuqing 1”. Power Reactor Information System (PRIS). International Atomic Energy Agency (IAEA) (2013年1月19日). 2013年1月20日閲覧。
  11. ^ Fuqing 2”. PRIS. IAEA (2016年10月24日). 2016年10月25日閲覧。
  12. ^ “Nuclear construction builds up”. World Nuclear News. (2011年1月4日). http://www.world-nuclear-news.org/newsarticle.aspx?id=29031 2011年1月11日閲覧。 
  13. ^ Fuqing 3”. PRIS. IAEA (2016年10月24日). 2016年10月25日閲覧。
  14. ^ “China's 37th reactor enters commercial operation”. (2017年9月18日). http://www.world-nuclear-news.org/NN-Chinas-37th-reactor-enters-commercial-operation-1809174.html 2017年9月25日閲覧。 
  15. ^ Fuqing 4”. PRIS. IAEA (2017年9月26日). 2017年9月27日閲覧。
  16. ^ “China starts building first Hualong One unit”. World Nuclear News. (2015年5月7日). http://www.world-nuclear-news.org/NN-China-starts-building-first-Hualong-One-unit-0705154.html 2015年5月7日閲覧。 
  17. ^ Fuqing 5”. PRIS. IAEA (2017年9月26日). 2017年9月27日閲覧。
  18. ^ “中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始”. AFPBB News. (2021年2月1日). https://www.afpbb.com/articles/-/3329258 2021年12月17日閲覧。 
  19. ^ “Hualong One deployment at Fuqing 5”. World Nuclear News. (2014年11月4日). http://www.world-nuclear-news.org/NN-Hualong-One-deployment-at-Fuqing-5-0411141.html 2015年3月9日閲覧。 
  20. ^ Fuqing 6”. PRIS. IAEA (2017年9月26日). 2017年9月27日閲覧。