EDFエナジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
EDFエナジー
企業形態 子会社
業種 エネルギー産業
設立 2002年
本社 イギリスロンドン
主要人物 Vincent de Rivaz (CEO)
製品 ガス
発電
売上高 増加£4,030 million GBP
従業員数 13,158
親会社 フランス電力
ウェブサイト www.edfenergy.com
テンプレートを表示


EDFエナジー(英語: EDF Energy)はイギリスの総合エネルギー企業。業種は家庭や工場などを対象にした発電、ガス小売で英国全土で行っている。雇用している人員は20000人を超え、570万以上の顧客取引を扱っている[1][2]

社史[編集]

EDFエナジーカスタマースはフランス国有企業のフランス電力の傘下にあり[3]SEEBOARD英語版(旧南東電気局)、ロンドン電気(旧ロンドン電気局英語版)、SWEBエナジー英語版(旧南西電気局)と2か所の石炭発電所、1か所のコンバインドサイクル発電所の買収と合併によって2002年に設立された。

2009年にはEDFエナジーは英国の原子力発電事業者、ブリティッシュ・エナジーの株式を政府から購入し、経営権を得た。 これによってEDFエナジーは英国最大の発電業者となり[2]最大の送電網運営企業になった。

EDFエナジーの開発部門はそれぞれ独立していたLEグループ、SEEBOARD、SWEBなどのインフラ業者を集めることで2004年4月に設置された。部門の焦点は主要な新インフラ計画への参加を通した開発活動で、活動の大部分は官民連携英語版(PPP)と民間資本主導公共事業(PFI)型の計画を通した公共部門でのインフラ計画への参加であった。この開発部門は2006年10月に解散させられた。

電力送電網部門は一般的にEDFエナジーネットワークとして知られ、2010年11月に李嘉誠が所有する香港長江実業に売却された。後に、EDFエナジーネットワークはUKパワー・ネットワーク英語版と改名された。

No Dash For Gas 活動[編集]

2013年2月、EDFエナジーはガスに反対する環境活動「No Dash for Gas」の活動としてEDF所有のウェスト・バートンCCGT発電所を2012年10月から占領している活動家に損害賠償として推定500万ポンドを求めた[4][5]。英国では企業が抗議活動家に損害賠償を要求するのは珍しい[6]。George Monbiotはガーディアン紙の記事の中でEDFは「民主主義を抑圧する企業による世界戦略の一部として」威圧訴訟を行っており、「検閲の試みの意図しない悲惨な結果」としてストライサンド効果になり、それがマックライバルケース英語版に匹敵するかもしれないと指摘した[7]。活動はChange.orgで署名を始めた初日に6000人の支援要請の署名を得て、公的になってからより支援を受けており[8]、2013年3月14日までに64000人の署名を得ている[9]。2013年3月13日、EDFの所有地に対する侵入の恒久的な差し止め命令に合意して和解に達した後、EDFはデモ参加者に対する訴訟を取り下げた[10]

発電[編集]

化石燃料[編集]

コッタム発電所

EDFはコッタム英語版ウェスト・バートン英語版の2か所の2,000MW石炭火力発電所を所有しており、両方がノッティンガムシャーレトフォード英語版近郊に所在している[11]。この発電所はEDFを英国で最大級の石炭火力発電能力所有企業にしている[12]。また、790MW級のサットン・ブリッジ英語版CCGT発電所[13]があり、新しい1311MWのCCGT発電所をウェスト・バートンに建設しており2011年の開所を目指している[14]

風力[編集]

EDFはノーサンバーランドのKirkheatonやダラムTow LawのHigh Hedley Hopeの2か所の風力発電所を保有しており、現在RedcarのTeessideにTeesside Offshore発電所を建設している[15]

原子力[編集]

2009年にブリティッシュ・エナジーを買収した後、EDFエナジーは8か所の原子力発電所を所有している。7か所のAGR(ダンジネスBヒンクリー・ポイントBハンターストンBハートルプールヘイシャムトーネス)、1か所のPWR(サイズウェル)を所有し、合計9000MW の設備容積を持つ。

2007年、EDFは4基のEPR型の新原子炉建設の意向を公表し[16]、2基をヒンクリー・ポイントCに2018年までに[17]、2基をサイズウェルCに建設する計画を発表した。EDFは子会社のNNBジェネレーション・カンパニー(NNB GenCo)を通して新原子炉の計画・運用を行うことを計画している。

新エネルギー[編集]

エコロジスト英語版[18]は2004年、EDFエナジーが新再生可能エネルギーの建設のために何も費やしていないと報告している。EDFは現在マリンカレントタービンに200万ポンド投入していると公表している[19]、これは波力発電を利用しているものの、タービンはいまだに研究中であり、試作型の段階で、EDFは成功裏に進んだとして5年後までの運用開始を期待している[19]。また、EDFは現在風力発電所を建設中である[20]

2007年、EDFは1.8MWの再生可能エネルギーによる発電能力を導入した。これは4,865MWの総発電能力の0.08%にあたる[21]

2008年、EDFエナジーはEDFエナジー・ヌーヴェルス英語版との50:50の合弁企業としてEDFエナジー・リニューアブルの設立を公表し、英国の再生可能エネルギー市場で主要企業となる意図を述べた[22]

2009年7月、エコトリシティ英語版がEDFエナジーのチーム・グリーン・ブリテン・キャンペーンの促進に使われるGreen Union Flagロゴの誤用の疑惑に対して法的手続きを開始した[23]

炭素強度[編集]

発電量 (TWh) 放出量 (Gt CO2) kg CO2/MWh
2002年 20 15.8 772
2003年 23 17.5 776
2004年 25 20.5 812
2005年 23 18.5 807
2006年 25 20.8 818
2007年 26 21.1 826
2008年 27 21.9 805
2009年 72 23.8 330

スポンサーシップ[編集]

EDFエネルギー・ロンドン・アイ

EDFエナジーはSoapstar SuperstarCity Lightsなど幾つかのテレビ番組のスポンサーとなっている。またバドワイザーと共に2006年ドイツFIFAワールドカップの後援スポンサーであった。

2005年から、EDFエナジーはラグビーユニオンアングロ・ウェルシュカップのスポンサーであり、2006年までにかけてはEDFエナジー杯となっていた。2007年7月、EDFエナジーは2012年ロンドン五輪に排他的なブランド権を持つレベル1スポンサーに認証され、2008、2010、2012年のオリンピックチームのスポンサーとなっており、公式のエネルギー供給者でもあった。

2008年8月、EDFエナジーは停電時に弱者のための支援を行うために英国赤十字社とパートナーシップを結んだ[24]

2007年、EDFエナジーはアダム・スミスのスポンサーを行っている[要出典]。2009年6月EDFエナジーはジャスティン・ビーバーのスポンサーを行った[要出典]。2011年11月3日にはEDFエナジーはLaura Wauraのスポンサーを行った[要出典]

2011年1月、EDFエナジーはブリティッシュ・エアウェイズからロンドン・アイのスポンサーを引き継ぎ、3年契約でロンドン・アイはEDFエナジー・ロンドン・アイとなっている[25]

マーケティング[編集]

2008年1月4日、EDFエナジーはITVチャンネル4Channel Five、その他の衛星放送などを通した広告を始めた。EDFエナジーは新しい環境にやさしいイメージを目標として、「環境にやさしくすることは容易くはない」('It's not easy being green')をスローガンとしている[26]。2009年、Euro RSCG LondonでEDFエナジーがはチーム・グリーン・ブリテン・キャンペーンを設立し、この中でオリンピック選手が英国人がより環境に配慮することを推奨した[27]

2012年4月2日EDFエナジーは踊る炎のようなかっこをした新しいマスコットのZingyを載せた広告を発表した。

[編集]

  1. ^ “EDF Group 2007 Annual Report, PDF page 72”. EDF Group. http://www.edf.com/html/RA2007/uk/rapport/data/rapport_annuel_edf.pdf 
  2. ^ a b About British Energy”. British Energy. 2013年3月22日閲覧。
  3. ^ Shareholder Information”. EDF Energy. 2013年3月22日閲覧。
  4. ^ Garvin, Daniel (2013年2月21日). “How to occupy a power station: exclusive footage of No Dash For Gas as they prepare to shut down the West Burton plant – video”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/environment/video/2013/feb/21/occupy-power-station-no-dash-for-gas-video 2013年3月1日閲覧. "Environmental activists No Dash For Gas occupied two 300ft chimneys at the EDF-owned gas-fired power station in West Burton, Nottinghamshire, in November 2012. Exclusive footage shows the group's meticulous preparation for the action. They closed the facility for eight days – the longest occupation of a power plant in the UK. Protesters reject government plans to invest heavily in new gas power stations and instead call for massive investment in renewables" 
  5. ^ Press release: EDF suing climate activists for £5 million - protesters face losing homes”. No Dash for Gas (2013年2月20日). 2013年2月27日閲覧。 “Following the week-long shut-down and occupation of EDF’s West Burton gas-fired power station last October by campaign group 'No Dash for Gas', EDF has launched a civil claim for damages against the group and associated activists for costs the company claims to have incurred – a figure it puts at £5 million”
  6. ^ Ball, James (2013年2月20日). “Activists claim police siding with power company EDF in lawsuit”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/business/2013/feb/20/activists-police-edf-law-suit 2013年2月27日閲覧. "The action includes an injunction barring those named from the site, but – in an unusual move in the UK – also has a provision to recover damages, interest, and court costs from the activists. ... John Sauven, the executive director of Greenpeace ... "EDF's lawsuit represents the opening of a new front against peaceful protest"" 
  7. ^ Monbiot, George (2013年2月25日). “Will EDF become the Barbra Streisand of climate protest?”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2013/feb/25/edf-west-burton-streisand-effect?CMP=twt_fd 2013年3月1日閲覧. "The energy giant is part of a global strategy by corporations to stifle democracy. ... The Streisand effect, in other words, is blowback: disastrous unintended consequences of an attempt at censorship. ... The best-known example is Britain's famous McLibel case, in which McDonald's tried to sue two penniless activists. ... EDF might find itself in similar trouble." 
  8. ^ Tell @edfenergy to drop legal action against No Dash for Gas activists”. Change.org. 2013年2月27日閲覧。
  9. ^ Read, Simon (2013年3月14日). “Energy giant EDF drops lawsuit against climate change protesters after backlash”. The Independent. http://www.independent.co.uk/news/business/news/energy-giant-edf-drops-lawsuit-against-climate-change-protesters-after-backlash-8533163.html 2013年3月14日閲覧. "Campaigners claimed the climb down as a major victory after a backlash in which hundreds of customers deserted the company and 64,000 people signed an online petition." 
  10. ^ Ball, James (2013年3月13日). “EDF drops lawsuit against environmental activists after backlash”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/environment/2013/mar/13/edf-lawsuit-environmental-activists-backlash 2013年3月14日閲覧。 
  11. ^ EDF Web Site - Coal
  12. ^ - Department of Energy and Climate Change ‘Digest of UK energy statistics’ (DUKES)
  13. ^ EDF Web Site - Gas
  14. ^ West Burton Combined Cycle Gas Turbine Station, EDF Web Site
  15. ^ EDF Web Site - Wind Turbines
  16. ^ EDF Group 2007 Annual Report, PDF page 74”. EDF Group. 2013年3月22日閲覧。
  17. ^ [1]
  18. ^ “Green Electricity… Are you being conned”. The Ecologist. (2005年6月1日). http://www.theecologist.org/archive_detail.asp?content_id=428 
  19. ^ a b name=edfenergy.media.news.item.til&cmsPage=/opencms/export/www.edfenergy.com/media/news/20060103.html “EDF Energy powers Marine Current Turbine's First Commercial Prototype”. EDF Website. (2006年1月3日). http://www.edfenergy.com/html/showPage.do name=edfenergy.media.news.item.til&cmsPage=/opencms/export/www.edfenergy.com/media/news/20060103.html 
  20. ^ name=edfenergy.media.news.item.til&cmsPage=/opencms/export/www.edfenergy.com/media/news/20060103.html “EDF Renewables Generation & Development”. Performance Report 2005. http://www.edfenergy.com/html/showPage.do name=edfenergy.media.news.item.til&cmsPage=/opencms/export/www.edfenergy.com/media/news/20060103.html 
  21. ^ “EDF Group 2007 Annual Report, PDF page 75”. EDF Group. http://www.edf.com/html/RA2007/uk/rapport/data/rapport_annuel_edf.pdf 
  22. ^ EDF Energies Nouvelles and EDF Energy to form joint venture in the United Kingdom
  23. ^ Ecotricity threatens legal action against EDF in green Union flag row
  24. ^ New EDF Energy partnership to deliver help on your doorstep
  25. ^ EDF Energy website, accessed 7 August 2012
  26. ^ Save today, Save tomorrow, EDF Energy”. 2013年2月27日閲覧。
  27. ^ Team Green Britain

関連項目[編集]

外部リンク[編集]