台山原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台山原子力発電所
台山原子力発電所の位置
台山原子力発電所の位置
中華人民共和国
所在地 広東省台山市赤渓鎮
座標 北緯21度55分4秒 東経112度58分55秒 / 北緯21.91778度 東経112.98194度 / 21.91778; 112.98194 (台山原子力発電所)座標: 北緯21度55分4秒 東経112度58分55秒 / 北緯21.91778度 東経112.98194度 / 21.91778; 112.98194 (台山原子力発電所)
現況 C
着工 2009年
運転開始 2013年 (計画)
建設費 502億人民元 (75億US$)
事業主体 中国広核集団 (70%), フランス電力 (30%)
原子炉
建設中 2 × 1700 MW
計画中 2 × 1700 MW
種類 加圧水型原子炉
原子炉製造元 アレバ
2010年12月2日現在
テンプレートを表示

台山原子力発電所(中国語: 台山核电站)は中華人民共和国広東省台山市赤渓鎮に建設中の原子力発電所[1]

計画[編集]

2013年に送電網と同期し発電開始することが計画されており、アレバ社の1700MWe級欧州加圧水型炉(EPR)を利用する発電所としてはフィンランドオルキルオトフランスフラマンヴィルに続き3番目の原発になる予定とされていた。運営は中国広核集団が70%、フランス電力が30%を支出する合弁会社の広東台山核電合営有限公司が行う。

2008年8月26日、掘削作業が開始された[2]。1号機向けのコンクリートの流し込みは2009年10月に始められた[3]。 建設は計画では46ヶ月で完了する予定であり、初めてのEPRとして建設されていたフィンランド・フランスのものに比べて大幅に安く、早くなっている[4]

原子炉[編集]

原子炉 原子炉形式 正味発電量 総発電量 建設開始 送電網同期 商業運転 運転終了 注釈
1号機 (Taishan 1) EPR-1750 1660 MWe 1750 MWe 2009年11月18日 2013年12月 (予定) [3][5]
2号機 (Taishan 2) EPR-1750 1660 MWe 1750 MWe 2010年4月15日 2014年11月 (予定) [6][7]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ “Taishan nuclear power plant to be one of world's largest”. People's Daily. (2009年12月22日). http://english.peopledaily.com.cn/90001/90776/90883/6849430.html 2010年12月2日閲覧。 
  2. ^ NPP under construction”. China Guangdong Nuclear Power Group. 2010年12月2日閲覧。
  3. ^ a b Nuclear Power in China”. Information Papers. World Nuclear Association (WNA) (2010年11月29日). 2010年12月2日閲覧。
  4. ^ Patel, Tara; Francois de Beaupuy (2010年11月24日). “China Builds Nuclear Reactor for 40% Less Than Cost in France, Areva Says”. Bloomberg. http://www.bloomberg.com/news/2010-11-24/china-builds-french-designed-nuclear-reactor-for-40-less-areva-ceo-says.html 2010年12月2日閲覧。 
  5. ^ Nuclear Power Reactor Details - Taishan 1”. Power Reactor Information System (PRIS). International Atomic Energy Agency (IAEA) (2012年7月16日). 2012年7月17日閲覧。
  6. ^ Nuclear Power Reactor Details - Taishan 2”. PRIS. IAEA (2012年7月16日). 2012年7月17日閲覧。
  7. ^ First concrete for second Taishan reactor”. World Nuclear News. WNA (2010年4月16日). 2010年12月2日閲覧。