司徒華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
香港の旗 香港の政治家
司徒華
Szeto Wah
Szeto Wah at 21st anniversary candlelight vigil.jpg
2010年6月4日、天安門事件21周年デモにて
生年月日 1931年2月28日
出生地 香港の旗 英国香港
没年月日 2011年1月2日(満79歳没)
死没地 香港の旗 香港
出身校 皇仁書院中国語版
前職 小学校校長
所属政党 香港民主同盟中国語版→)
民主党
称号 Homo Homini Award

当選回数 2回
在任期間 1998年7月1日 - 2004年9月30日

当選回数 2回
在任期間 1985年10月30日 - 1997年6月30日
テンプレートを表示
司徒華
各種表記
繁体字 司徒華
簡体字 司徒华
拼音 Sītú Huà
通用拼音 Szeto Wah
和名表記: しと か
発音転記: スートゥ・ファ
テンプレートを表示

司徒 華(しと か、スートゥ・ファ、1931年2月28日 - 2011年1月2日[1])は、香港政治家、教育家、作家香港市民愛国民主運動支援連合会中国語版主席。香港民主派の重鎮で、「華叔(華おじさん)」の愛称で慕われていた[2]

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1931年香港で、広東省開平市出身の貧困家庭に7人兄弟の第3子として生まれる。司徒家の家系図によると、本名は司徒衛華となっている[3]。幼少期の司徒は内向的で、周囲の人々と関わることを避けていたという[4]。7〜8歳の時に父親が失業し、司徒と妹は学校に在学することが難しくなったが、叔父の協力で退学を免れた。

1941年太平洋戦争勃発による日本軍の香港進攻から逃れるため、広東省開平市に避難した[5]。戦後は香港に戻り学校に通い直し、1947年に油麻地の公立学校を卒業する。その後は皇仁書院中国語版に入学して教育学を専攻し、1950年に卒業する[6]。司徒は家族を養うため教師になることをきめ、1952年に師範学院を卒業して教師になり、1961年には小学校の校長に就任した[7]1974年キリスト教に入信した[5]

教師[編集]

1973年香港政庁が教師の給与を15%削減することを発表した際に、これに反対するストライキ運動を主導した。この運動を機に司徒は同年、教職員組合・香港教育専業人員協会中国語版を設立し、1990年まで主席を務めた。教協は司徒の指導の下で1970年代〜1980年代にかけて勢力を拡大し、香港最大規模の労働組合となった[8]

1978年、中学教育で香港初の「中国語教育」の導入運動を展開した[5]。また、同年に発生した学生運動金禧事件中国語版の解決に際し、主導的役割を果たした。

1980年代に入ると司徒は香港教育界の指導者として強い影響力を持ち、1982年の教科書誤報事件に始まる歴史教科書問題に際ては、教協組合員を動員して日本に対する抗議運動を主導した[5][7]。同時期に教育界を代表して香港政庁幹部と会談し、将来的な中国編入を見越した愛国教育の導入を提言した[9]

政治家[編集]

司徒華(2010年)

1985年香港立法局中国語版議員に当選し、李柱銘と共に香港基本法起草委員会の委員に選ばれた。議員時代には「異常行動を奨励することになる」として、同性愛の解禁に反対していた[10]

1989年5月21日、六四天安門事件発生を契機に中国共産党の一党独裁に反対する民主派団体・香港市民愛国民主運動支援連合会(支連会)を設立し主席に就任。これにより李と共に香港基本法起草委員会を追放され、中国本土への入境も禁止された[5]。また、1983年以来務めていた中国人民政治協商会議代議員も除名された[11]。事件発生以来、司徒は毎年6月4日に天安門事件の記念集会を開催し、事件の全容解明を訴えていた。1990年、香港初の政党・香港民主同盟中国語版(後の民主党)の設立に加わる。

2004年7月17日、同年9月の任期満了を以て立法会議員を引退することを表明した[12]。政界引退後は支連会の活動に専念するが、民主党にも一定の影響力を保持していた。任期満了前には、「極秘裏に中国に入境し、中国要人と会談した」と立法会で指摘されたが、司徒はこの疑惑を否定している[13]

中国への愛国姿勢が強く、教師時代に行っていた「中国語教育」導入運動や歴史教科書問題の日本への抗議運動の他、尖閣諸島の中国領有権を主張しており、その姿勢が香港基本法起草委員に選ばれた一因だとされている[2]。また、台湾との平和的統一を主張しており、「両岸人民の人的交流が統一の促進に繋がる」として台湾の民間団体と積極的な交流を重ねていた[14]。また、司徒は「台湾との統一を中国の背信行為が阻害している」として中国政府を批判していた[15]

人権運動家[編集]

2010年6月4日、天安門事件21周年デモに参加する司徒華(マスクをした人物)

天安門事件発生後、司徒は学生リーダーや民主化運動家の中国脱出を支援する黄雀作戦中国語版に加わった。黄雀作戦は中国のマフィア・実業家たちから支連会副主席・朱耀明に持ち込まれた計画を基とし、支連会・マフィア・実業家・警察・立法会議員・政府が連携した脱出作戦となった[16]。作戦は柴玲や封従徳など著名な学生リーダーの脱出を優先的に行い、広東省珠海市に潜伏していたウーアルカイシを救出するため60万ドルを闇ルートに支払った[17]。作戦は1997年香港返還まで行われ、約400人の脱出を支援し、救出費用は1人当たり5万〜60万ドルかかり、全額を支連会が負担した[17][16]。同年、チェコの人権団体・People In Need英語版からHomo Homini Awardを受賞した[18]

2006年、中国政府による法輪功虐殺を解明・追及するNPO団体・法輪功迫害真相調査連盟(CIPFG)の設立に加わり、アジア調査団副団長に就任。6月28日、虐殺の責任者として告訴されている賈慶林が香港を訪れた際に法輪功や他の民主派団体200人と共に抗議デモを実施し、賈に対し法律の遵守と人権弾圧を止めるよう求めた[19]2007年北京オリンピック聖火リレーに併せ、中国の人権改善を呼びかける「グローバル人権聖火リレー」を主催し、2008年7月20日[20]に到着した聖火を引き継ぎリレーを走った[21]

2008年に四川大地震が発生した際には、香港赤十字と連携して78万1,000ドルの義援金を集めた[5]

死去[編集]

2011年1月8日、立法会ビル前に設置された司徒華の献花台

2010年、肺癌であることを公表し、治療を受けながら活動を続けると表明[22]。5月30日に行われた天安門事件21周年デモには車椅子に乗り参加した。21周年デモに際し支連会のメンバーが拘束され追悼用の彫像が押収されたことについて「21年間で最も酷い弾圧」と表現し、香港政府を「中国の傀儡政府」と非難した[23]

2011年1月2日、肺癌のため香港のプリンス・オブ・ウェールズ病院中国語版で死去[1]。司徒家・支連会・民主党・教育専業人員協会合同でキリスト教式の葬儀が執り行われ、遺体は司徒の遺志により、火葬された遺灰の半分は海に、半分は火葬場の庭に散布された[24]。死去に際し、台湾行政院大陸委員会から弔意が表明された[25]。また、最後の香港総督クリストファー・パッテンは、「司徒華は非常にタフで、英国の言いなりになることを拒んだ。中国の愛国者であり、植民地主義への抵抗者だった」と司徒を評価した[26]

1月28日、ヴィクトリアパークで追悼式典が開催され、8,000人が参列した[2]。追悼式典には天安門事件の学生リーダーの1人だった王丹と「黄雀作戦」によって救出されたウーアルカイシが参列を表明していたが、香港政府によって入境を拒否された[27]

共産党との関係[編集]

司徒華(1950年頃)

司徒は油麻地の公立学校に在籍していた頃に共産党の機関紙を読み、新民主主義論に触れて共産党の思想に感銘を受けたという[28]。この頃の司徒は共産党こそが中国の繁栄を実現する希望と認識していた。1996年に執筆した回顧録によると、1949年の中華人民共和国建国の際には「人民が立ち上がった」と涙を流したという。

1949年9月、共産党の青年組織・新民主主義青年団に加入し、青年の育成を行う学友社中国語版の運営に加わったが、運営方針を巡り党幹部と対立したため離脱した[29]1966年には共産党への入党を求めたが拒否されており、1985年の立法局議員選挙の際には新華社香港支社の支持を取り付けるなど、共産党とは一定の関係を維持していた[29]。一方、香港基本法起草委員時代に入党を勧められた際には、入党を断っている。また、イギリス統治時代には「教協に共産党員が入り込み組織の乗っ取りを図っていた」と証言しているが、香港政庁からは「司徒が主席でいる限り、共産党の勢力が浸透することはない」と判断されるなど、共産主義者とは見られていなかった[2]

共産党との関係が決定的に悪化したのは天安門事件以降であり、晩年には「共産党は全世界で最も強大な独裁政権」と批判していた[30]。回顧録の中で司徒は「私は中国を愛しています。しかし、これは共産党を愛するという意味ではありません」「私の望みは共産党の一党独裁体制を終わらせ、民主的な中国を築くことです」と述べていた[31]

脚注[編集]

  1. ^ a b “司徒華氏死去 香港の民主活動家”. 47NEWS. http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011010201000358.html 2015年1月24日閲覧。 
  2. ^ a b c d “香港政治キーワード解説--第37回「華叔」(華おじさん)”. 香港ポスト. (2011年4月8日). http://www.hkpost.com.hk/index2.php?id=1216 2015年1月24日閲覧。 
  3. ^ 家鄉建校 牆上留名【世界新聞網】 2010年10月04日
  4. ^ 活著奮鬥-司徒華星期二檔案 2010年03月09日
  5. ^ a b c d e f South China Morning Post. "[1]." Szeto Wah: staunch democrat and patriot. 2015年1月24日閲覧。
  6. ^ “母校皇仁書院悼念司徒華”. 明報. (2011年1月3日). http://hk.news.yahoo.com/article/110103/4/m15n.html 2011年6月6日閲覧。 
  7. ^ a b Cheung, Gary (3 January 2011) "Szeto Wah: staunch democrat and patriot", South China Morning Post
  8. ^ Ma Mary (11 February 2010), The fight never ends for Szeto, The Standard
  9. ^ 蘋論:與華叔一起走好民主每一步,蘋果日報,2010年2月8日
  10. ^ Zhou, Huashan (72). Tongzhi: Politics of Same-sex Eroticism in Chinese Societies. Psychology Press. 
  11. ^ Cheung, Gary (3 January 2011) "Friends recall the passionate man who remained true to his ideals", South China Morning Post 2015年1月24日閲覧。
  12. ^ 司徒華評論政界名人【大纪元】2004年07月17日
  13. ^ 北京秘邀司徒華談香港政改遭婉拒【大纪元】2004年8月2日
  14. ^ “台湾・香港テレビ会議、民主発展の新たな挑戦を討論”. 大紀元. (2007年1月4日). http://www.epochtimes.jp/jp/2007/01/html/d29159.html 2015年1月25日閲覧。 
  15. ^ “香港:リレーで「天安門事件」を記念”. 大紀元. (2005年5月5日). http://www.epochtimes.jp/jp/2005/05/html/d67812.html 2015年1月25日閲覧。 
  16. ^ a b “香港マフィア、天安門活動家の亡命支援 聖職者らとタッグ”. SankeiBiz (産経新聞). (2014年6月5日). http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/140605/cpd1406050500011-n1.htm 2015年1月25日閲覧。 
  17. ^ a b “死去した香港民主運動の重鎮、天安門事件リーダーの国外救出に初の裏証”. 大紀元. (2011年1月13日). http://www.epochtimes.jp/jp/2011/01/html/d93321.html 2015年1月25日閲覧。 
  18. ^ Previous Recipients of the Homo Homini Award”. People in Need. 2015年1月24日閲覧。
  19. ^ “中共汚職高官の香港訪問、市民が抗議活動”. 大紀元. (2006年6月30日). http://www.epochtimes.jp/jp/2006/06/html/d28095.html 2015年1月24日閲覧。 
  20. ^ 7月20日は法輪功虐殺が開始された日。
  21. ^ “グローバル人権聖火リレー、香港で円満終了”. 大紀元. (2007年7月23日). http://www.epochtimes.jp/jp/2008/07/print/prt_d33930.html 2015年1月24日閲覧。 
  22. ^ “天安門事件の再評価求めて20年、支連会主席がん公表=香港ポスト”. 大紀元. (2010年3月2日). http://searchina.ne.jp/bz/cs/disp.cgi?y=2010&d=0302&f=politics_0302_004.shtml 2015年1月24日閲覧。 
  23. ^ “香港六四記念デモ 弾圧に抗議”. 新唐人電視台. (2010年5月31日). http://jp.ntdtv.com/news/324/energymedicine.html 2015年1月24日閲覧。 
  24. ^ ""Keep up the June 4 struggle – last words of Uncle wah.", South China Morning Post, 2015年1月24日閲覧。
  25. ^ “大陸委員会が香港民主化に貢献した司徒華氏の死去に哀悼の意を表明”. 台北駐日経済文化代表処. (2011年1月6日). http://www.roc-taiwan.org/JP/ct.asp?xItem=175984&ctNode=1453&mp=202 2015年1月25日閲覧。 
  26. ^ 功成必有你在——華叔紀念集. 香港: 快樂書房有限公司. (2011). pp. 228頁. 
  27. ^ “北京に屈服した香港政府”. 新唐人電視台. (2011年1月28日). http://jp.ntdtv.com/news/1201/index.html 2015年1月24日閲覧。 
  28. ^ 司徒華曾求入共黨遭拒,東方日報,2011年7月11日
  29. ^ a b “故・司徒華氏、かつて共産党加入を希望”. 香港ポスト. (2011年7月12日). http://www.hkpost.com.hk/index2.php?id=1850 2015年1月25日閲覧。 
  30. ^ “天安門武力弾圧22周年 15万人追悼式典=香港”. 大紀元. (2011年6月7日). http://www.epochtimes.jp/jp/2011/06/html/d48771.html 2015年1月25日閲覧。 
  31. ^ 撰回憶錄序 司徒華﹕共産夢幻滅,明報news.sina.com,2011年7月11日

外部リンク[編集]