行政院大陸委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大陸委員会
Mainland Affairs Council from VOA.jpg
各種表記
繁体字 大陸委員會
簡体字 大陆委员会
拼音 Dàlù Wĕiyuánhuì
注音符号 ㄉㄚˋ ㄌㄨˋ ㄨㄟˇ ㄩㄢˊ ㄏㄨㄟˋ
英文 Mainland Affairs Council
テンプレートを表示

大陸委員会(たいりくいいんかい)は、中華民国行政院に属する中国大陸香港及び澳門を含む)に関する業務全般を担当する機関。具体的には、大陸政策の研究・立案、大陸情報の収集・分析、台湾海峡両岸の往来に関する法律の案件の処理や事務関連組織への指導、香港・澳門関連業務の処理、海外の大陸住民や大陸研究機構との連繋といった職責がある。閣僚である行政院各部門トップと学識者によって構成され、行政院各部門の次官クラスによる連絡会議・諮問会議がある。香港では中華旅行社遠東貿易服務中心光華新聞文化中心、澳門では台北経済文化中心名義の事務所を置いていたが、他の在外機構と同様、2011年7月より「台北経済文化弁事処」に改称した。

沿革[編集]

台湾と中国大陸の交流が緊密になり、双方の通信及び中継貿易が拡大する情勢下、政治的に特殊である中国大陸と台湾では事務手続き上大きな問題を抱えることとなった。1988年8月、政府は閣僚連絡会議である「大陸工作会報」を設立し、各機関の中国大陸に関する事務手続きの連絡を図るようになった。しかし事務処理量は年を追うごとに急速に増加し、工作会報方式では処理能力を超えたことから、1990年4月、大陸政策の効率化と、事務処理能力の向上を目的に学識者など民間の代表を加えた諮問会議を設立、ここで「行政院大陸委員会条例草案」を策定、立法院の審議を経て1991年1月18日に法案成立、同月28日に施行され、「大陸委員会」が行政院直属の機関として正式に設立し、現在に至っている。

歴代陸委会主任委員[編集]

  姓名 着任日 退任日
1 施啓揚 1991年2月7日 1991年5月31日
2 黄昆輝 1991年6月1日 1994年12月14日
3 蕭万長 1994年12月15日 1995年12月3日
4 張京育 1996年2月28日 1999年1月31日
5 蘇起 1999年2月1日 2000年5月19日
6 蔡英文 2000年5月20日 2004年5月19日
7 呉釗燮 2004年5月20日 2007年4月1日
8 陳明通 2007年4月9日 2008年5月19日
9 頼幸媛 2008年5月20日 2012年9月28日
10 王郁琦 2012年9月28日 2015年2月16日
11 夏立言 2015年2月17日[1] 2016年5月19日
12 張小月 2016年5月20日[2] 2018年2月26日
林正義 2018年2月26日[3] 現任(代理)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 前国防副部長の夏立言氏、大陸委トップに就任/台湾”. 中央社フォーカス台湾 (2015年2月17日). 2018年3月2日閲覧。
  2. ^ 新政権人事 対中国大陸政策担当にエリート女性外交官/台湾”. 中央社フォーカス台湾 (2016年4月15日). 2018年3月2日閲覧。
  3. ^ 行政院、内閣改造で閣僚5人を交代”. Taiwan Today (2018年2月26日). 2018年3月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]