ゲーム部プロジェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲーム部プロジェクト
人物
職業 バーチャルYouTuber
公式サイト ゲーム部プロジェクト
YouTube
チャンネル
活動期間 2018年3月6日
ジャンル ゲーム実況コメディ
登録者数 ゲーム部プロジェクト 34.1万人
放課後ゲーム部 11.3万人
総再生回数 ゲーム部プロジェクト 1億4886万3545回
放課後ゲーム部 318万4525回
事務所(MCN 株式会社Unlimited
関連人物 道明寺ここあ(道明寺晴翔の
チャンネル登録者数、総再生回数は2019年7月17日時点。
テンプレートを表示

ゲーム部プロジェクト(げーむぶぷろじぇくと)は日本のバーチャルYouTuberグループ。略称はゲーム部。プロデュースや運営は株式会社Unlimited(旧社名:バーチャルユーチューバー)によって行われている[1]

概略[編集]

全員、ゲームを活動内容とする部活動に所属する東京都内の高校生であり、主としてゲーム実況を行っている[2]。後述するように、各々が得意とするゲームを実況している。ゲームの実力も高く、例えば夢咲楓はポケットモンスターのレート対戦にて、世界8位に入っている[3]。また、ゲーム実況に関するコラボ動画も積極的に行っており、例を挙げるともこう[4]あゆみん[5]笹木咲[6]ヤミクモケリン[7]と対戦している。

ゲーム実況以外にも、部活動内のメンバーとのやりとりを記録した日常パートと評される動画や、コメディ要素の強い茶番と評される動画を投稿している[7]

メンバー[編集]

夢咲楓(ゆめさき かえで)
ポケットモンスターを得意としており[8]Shadowverseも実況している[9]。部長を務めている[4]
風見涼(かざみ りょう)
大乱闘スマッシュブラザーズを得意としており[8]ぷよぷよも実況している[7]
桜樹みりあ(さくらぎ みりあ)
ポケットモンスターを得意としており[8]ホラーゲームも実況している[7]
道明寺晴翔(どうみょうじ はると)
編集担当。スプラトゥーンを得意としており[8]マリオカートも実況している[10]。副部長を務めている[4]

来歴[編集]

2018年
  • 1月25日、チャンネルを開設した[11]
  • 3月6日、チャンネル初の動画を投稿した[9]
  • 6月2日、チャンネル初の生放送を、Virtual Castにて配信した。[12]
  • 6月12日、チャンネル登録者数が10万人を達成した[13]
  • 11月28日、スピンオフサブチャンネル「放課後ゲーム部」を開設した[14][15]
2019年
  • 7月8日、月刊漫画雑誌「月刊 UNLIMITED」の創刊を発表した[16]
  • 8月5日、「月刊 UNLIMITED」のVol.1が発売された。ゲーム部プロジェクトの他、道明寺ここああおぎり高校ゲーム部のコミカライズが掲載される。

運営をめぐるトラブル[編集]

解散騒動[編集]

2019年4月8日、担当声優4名がトラブルから降板を申し出たとの噂について、運営元のUnlimitedはこれを認め、声優スタッフと協議中であると発表した[17][18][19]。4月11日にUnlimitedは声優へのパワハラや過度な業務負担があったことを認め、ファンに対して一連の騒動を謝罪し、声優スタッフの待遇改善とゲーム部の活動継続を発表[17][20]。4月19日に活動を再開した[21]

声優陣の交代[編集]

2019年6月27日に桜樹みりあ、7月7日に道明寺晴翔の声優が変更されたのではないかとの指摘が視聴者から寄せられていたが[22][23][24]が、公式からの発表はしばらく行われなかった[23][24]。 その後、7月17日にUnlimitedは先述の声優交代を正式に発表し、夢咲楓と風見涼に関しても声優の交代を予定していると明かした[25]。続く8月27日に夢咲楓と風見涼の声優が9月1日より交代すると発表、ゲーム部の声優は全員が交代することになった[26]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

2019年

イベント[編集]

2018年
  • バーチャルYouTuber人狼(5月5日、桜樹みりあ、ニコニコ生放送)[28]
  • バーチャルタレントの"INSIDE"に再び迫る ~THE MENTAL JUDGE2~(9月29日、桜樹みりあ、ニコニコ生放送)[29]
  • 東京ゲームショウ2018
    • VTuber交流コーナー(9月20日・22日・23日)[30]
  • バーチャル大晦日2018〜みんなで年越しブイッとね!〜(12月31日、ニコニコ生放送)[31]
2019年
  • 平成最後のバーチャル新年会(1月20日、ニコニコ生放送)[32]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Wright Flyer Live Entertainment、VTuberの「ゲーム部プロジェクト」「道明寺ここあ」をプロデュース・運営する株式会社バーチャルユーチューバーとの資本業務提携契約...”. PR TIMES (2018年10月30日). 2019年3月14日閲覧。
  2. ^ 真ゲマ (2018年3月8日). “ゲーム実況バーチャルYouTuber「夢咲楓」のガチぶりがスゴい―解説動画でフォロワー数が急増中”. インサイド. 2019年3月14日閲覧。
  3. ^ 馬場翔大 (2018年7月23日). “ポケモン実況YouTuberが面白い! ポケモンの新たな楽しみ方を提示してくれる実況者3選”. Real Sound. 2019年3月14日閲覧。
  4. ^ a b c 新見直 (2018年12月20日). “ゲーム実況の王「もこう」とVTuber集団 ゲーム部と激突! ばちこり4番勝負”. KAI-YOU.net. 2019年3月14日閲覧。
  5. ^ 津久井箇人 a.k.a. そそそ (2018年3月12日). “バーチャルvsリアル! YouTuberポケモン決戦 夢咲楓vsあゆみん実施決定”. PANORA. 2019年3月14日閲覧。
  6. ^ Mogura VR編集部 (2018年11月9日). “好敵手2人の"ラストマッチ"ここに ゲーマーズ「笹木咲」VS ゲーム部「道明寺晴翔」マリカ決戦”. MoguraVR. 2019年3月14日閲覧。
  7. ^ a b c d たまごまご (2018年12月9日). “ゲーム実況?演劇?マルチに活躍する注目のVTuberチャンネル「ゲーム部プロジェクト」とは”. MoguraVR. 2019年3月14日閲覧。
  8. ^ a b c d 部員紹介”. 2019年3月14日閲覧。
  9. ^ a b 高橋佑司 (2018年3月7日). “女子高生VTuber夢咲 楓が活動開始! 初投稿はガチすぎるポケモン対戦解説”. PANORA. 2019年3月14日閲覧。
  10. ^ Mogura VR編集部 (2018年11月9日). “好敵手2人の"ラストマッチ"ここに ゲーマーズ「笹木咲」VS ゲーム部「道明寺晴翔」マリカ決戦”. MoguraVR. 2019年3月14日閲覧。
  11. ^ ゲーム部プロジェクトのチャンネル概要”. yutura. 2019年3月14日閲覧。
  12. ^ ゼロ (2018年5月27日). “【特報】ゲーム部プロジェクト初の生放送が6月2日(土)20時より配信決定!”. V-Tuber ZERO. 2019年3月14日閲覧。
  13. ^ ゲーム部プロジェクトのチャンネル登録者数が10万人を突破!”. V-Tuber ZERO. 2019年3月14日閲覧。
  14. ^ 編集部 (2019年1月31日). “2019年ブレイクするYouTuberは? 世界一記録持つ小学生ゲーマーや輝夜月の後輩VTuberなど20人の“予測”データ公開”. Real Sound. 2019年3月14日閲覧。
  15. ^ 放課後ゲーム部のチャンネル概要”. yutura. 2019年3月14日閲覧。
  16. ^ VTuber×漫画雑誌「月刊UNLIMITED」創刊、ゲーム部やあおぎり高校の魅力がぎっしり”. MoguraVR (2019年7月8日). 2019年7月13日閲覧。
  17. ^ a b ゲーム部プロジェクトに関するご報告 Unlimited 2019年04月8日及び4月11日(2019年4月26日閲覧)
  18. ^ Vtuberグループ「ゲーム部」運営元、解散騒動にコメント 「声優と待遇など検討協議」 ねとらぼ 2019年04月08日
  19. ^ 人気VTuber「ゲーム部」に何が? 異例の「待遇改善」声明、直前に拡散したツイートの中身”. J-CASTニュース (2019年4月8日). 2019年7月13日閲覧。
  20. ^ VTuberグループ「ゲーム部」活動継続へ 運営は同様の問題を起こさないことに合意 ねとらぼ 2019年04月11日
  21. ^ ゲーム部の解散騒動、和解から1週間で活動再開へ KAI-YOU 2019年4月16日
  22. ^ 「ゲーム部プロジェクト」声優変更か 彼らがVTuberとして破壊/開拓したもの” (日本語). KAI-YOU.net | POP is Here .. 2019年7月13日閲覧。
  23. ^ a b VTuber「道明寺晴翔」声優変更か ゲーム部プロジェクトに噴出する疑念” (日本語). KAI-YOU.net | POP is Here .. 2019年7月13日閲覧。
  24. ^ a b 人気VTuberの「声変わり疑惑」が示した「魂」の大切さ”. J-CASTニュース (2019年7月12日). 2019年7月13日閲覧。
  25. ^ 「私たちがゲーム部プロジェクトを立ち上げた経緯と、ゲーム部プロジェクトが目指す未来について」 Unlimited (2019年7月17日)2019年7月17日閲覧
  26. ^ ゲーム部プロジェクトをご視聴いただいている皆様へ”. ゲーム部プロジェクト (2019年8月27日). 2019年8月28日閲覧。
  27. ^ Vtuber30人以上が登場するアニメ「バーチャルさんはみている」 2019年1月開始”. ねとらぼ (2018年12月18日). 2019年3月14日閲覧。
  28. ^ 津久井箇人 a.k.a. そそそ (2018年4月24日). “「VTuber人狼」5/5生放送 ミライアカリ、シロ、猫宮ひなたら8人が集合”. PANORA. 2019年3月14日閲覧。
  29. ^ 編集部 (2018年9月28日). “生き残るのは誰だ…!?大型VTuber企画『THE MENTAL JUDGE』第二弾が9月29日に開催決定”. Game*Spark. 2019年3月14日閲覧。
  30. ^ 【TGS2018】グリー、VTuberの魅力を体感できる人気VTuberによるライブ配信ステージやVR空間でのVTuber交流コーナーを展示”. Social Game Info (2018年9月14日). 2019年3月14日閲覧。
  31. ^ 五十嵐アキト (2019年1月12日). “VTuberがひとつの文化となった2018年を締めくくる、「バーチャル大晦日2018」レポート。見どころを徹底紹介!”. MoguraVR. 2019年3月14日閲覧。
  32. ^ MoguLive編集部 (2019年1月17日). “「平成最後のバーチャル新年会」が1月20日開催、にじさんじや.LIVE、ゲーム部プロジェクト、ENTUMからVTuberが多数参加”. MoguraVR. 2019年3月14日閲覧。

外部サイト[編集]