坂野鉄次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂野鉄次郎

坂野 鉄次郎(さかの てつじろう、1873年明治6年)11月14日[1] - 1952年昭和27年)6月5日[2])は、逓信官僚貴族院多額納税者議員。実業家。

経歴[編集]

岡山県津高郡野谷村(現在の岡山市北区栢谷)出身[3]1898年(明治31年)、東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、高等文官試験に合格した[3]。逓信事務官、大阪郵便局監理課長を務め、北清事変の際には野戦郵便事務視察官を務めた[3]。その後、長野郵便局長、逓信書記官となり、日露戦争の際には大本営野戦高等郵便局長を務めた[3]。その後逓信書記官・関東都督府参事官、東京郵便局長、大阪逓信管理局長、西部逓信局長を歴任した[1]

1915年大正4年)に退官した後は、大阪電灯株式会社常務取締役を務めた[3]。その後、藤田組理事を経て、中国合同電気株式会社社長を務めた[3]

1932年(昭和7年)9月29日、貴族院議員に選出され[4]1947年(昭和22年)5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]

その他、山口電灯株式会社取締役、大阪亜鉛鉱業株式会社取締役、鳥取電灯株式会社社長、片上鉄道株式会社社長、大神中央土地株式会社監査役、姫路電球株式会社相談役、京都競馬倶楽部監事などを務めた[1][3]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 人事興信録 1918.
  2. ^ a b 議会制度七十年史 1960.
  3. ^ a b c d e f g 財界二千五百人集 p.503 1934.
  4. ^ 『官報』第1727号、昭和7年9月30日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第5版』 人事興信所、1918年
  • 『財界二千五百人集』 財界二千五百人集編纂部、1934年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 貴族院・参議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1960年

外部リンク[編集]