牛尾健治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牛尾 健治(うしお けんじ、1898年明治31年)11月 - 1958年昭和33年)8月20日[1])は、日本実業家。牛尾合資会社代表社員[2][注 1]中国合同電気、山陽商事各社長[4][注 2]神戸銀行副頭取[4]姫路商工会議所会頭。神戸経済同友会元代表幹事[6]。兵庫県輸出工業協会長[6]。牛尾合資会社代表社員・姫路商工会議所会頭牛尾梅吉の長男。ウシオ工業社長牛尾吉朗ウシオ電機会長牛尾治朗の父。

人物[編集]

兵庫県姫路市出身。飾磨郡豊沢村・梅吉の長男[4][6]1920年大阪高等商業学校卒業[7]1923年東京商科大学(現一橋大学)卒業[8]。東京で大学講師をしていたが、1934年に父・梅吉が他界し、帰郷して事業を引き継ぐことになった[1]1934年家督を相続した[4]。中国合同電気に入社[9]文人肌ながら[10]、進取的な気象に富み、経営的手腕もあった[11]

大日本産業報国会理事、神戸銀行副頭取、日本電球、但馬瓦斯、山陽瓦斯、山陽製紐、北海電気興業、日本商品、日本編物、ナニワ電球工業、牛尾興業、山陽商事各社長などを務め[2][4]、神戸経済同友会の立上げも行った[10]

1948年公職追放になった[1]。敗戦による財閥解体のため、事業を縮小し、目立たなくしたが、その財力は、些かも変わらなかったという[12]。追放解除のあと、電力、ガスでは社外役員になったくらいで、神戸・舞子の自宅で句会をしたり、新国劇島田正吾らと交友した[1]

宗教は真宗[4]。趣味は読書、俳句[4][11]。思想は自由主義的だった[1]1958年昭和33年)8月20日、59歳で死去[1]。健治が残したのは、繊維、不動産、電機部門などをもつ牛尾工業で、どの部門も赤字という中小企業だった[1]

家族・親族[編集]

牛尾家

兵庫県姫路市西紺屋町・同市北条口、同県神戸市須磨区垂水町舞子[4][9][13]

  • 祖父・政五郎[14]
  • 祖母・みな(兵庫・三木太平の長女、絶家三木氏を再興)[14]
1830年文政13年)生 - 没
  • 父・梅吉(兵庫県平民、牛尾合資会社代表社員、仲介業、資産家・兵庫県多額納税者)[13][14]
1864年元治元年)生 - 1934年昭和9年)没
  • 母・きぬゑ(兵庫・望月有寧の三女)[14]
1875年明治8年)生 - 没
  • 養姉・ハナ大阪・乾利一に嫁す)[4]
1895年(明治28年)生 - 没
  • 弟・(兵庫・三木みなの養子)[14][15]
1907年(明治40年)生 - 没
牛尾梅吉二男で、三木みなの養子となった[15]野村銀行員である[15]
  • 妻・みつ(或いは美津子、兵庫・中村彌之祐の養妹)[4][14]
1902年(明治35年)生 - 没
1929年(昭和4年)生 -
1931年(昭和6年)生 -
親戚
  • 乾亀松(政治家、衆議院議員) - 養姉・ハナの夫の父。
  • 乾利一(中国合同電気取締役)[11] - 養姉・ハナの夫。
  • 中村彌之祐(実業家、中村組社長)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 牛尾合資会社(1923年設立)の主な業務は、農事殖林経営業[3]
  2. ^ 山陽商事株式会社(1913年設立)の主な業務は、金融業[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『わたしの足跡 関西経済人列伝』154-162頁。
  2. ^ a b 『日本紳士録 第41版』兵庫ウ26頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月14日閲覧。
  3. ^ 『兵庫県会社一覧 昭和13年12月末日現在』109頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 『人事興信録 第14版 上』ウ41頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月13日閲覧。
  5. ^ 『兵庫県会社一覧 昭和13年12月末日現在』114頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月22日閲覧。
  6. ^ a b c 『人事興信録 第15版 上』ウ13頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月11日閲覧。
  7. ^ 『大阪商科大学一覧 昭和4年5月』323頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月14日閲覧。
  8. ^ 『東京商科大学一覧 自大正13年至14年』194頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月14日閲覧。
  9. ^ a b 『人事興信録 第11版 上』ウ62頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月14日閲覧。
  10. ^ a b 「先見性と人脈で飛躍 ウシオ電機・牛尾治朗氏に聞く」神戸新聞
  11. ^ a b c 『人的事業大系2(電力篇)』218-219頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月14日閲覧。
  12. ^ 逆説の日本史23明治揺籃編p18~p21。
  13. ^ a b 『人事興信録 第4版』ウ42頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月13日閲覧。
  14. ^ a b c d e f 『人事興信録 第9版』ウ47-48頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月11日閲覧。
  15. ^ a b c 『人事興信録 第10版 下』ミ14頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年8月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 東京商科大学編『東京商科大学一覧 自大正13年至14年』東京商科大学、1925年。
  • 大阪商科大学編『大阪商科大学一覧 昭和4年5月』大阪商科大学、1929-1930年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 兵庫県総務部調査課編『兵庫県会社一覧 昭和13年12月末日現在』兵庫県総務部調査課、1936-1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 上』人事興信所、1937年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第41版』交詢社、1937年。
  • 中外産業調査会編 『人的事業大系2(電力篇)』中外産業調査会、1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 上』人事興信所、1948年。
  • 産経新聞大阪経済部『わたしの足跡 関西経済人列伝』産経新聞出版、2007年。

関連項目[編集]